ニキビの跡をキレイに消すための毎日の生活習慣

ニキビの跡をキレイに消すための毎日の生活習慣
洗顔に保湿…ニキビ跡を消す為に頑張ってケアしているのに、どうしても消えない事ってありますよね。ニキビは治ったはずなのに、ニキビ跡だけいつまでたっても消すことが出来ず残ってしまう。悩んでいる方にとっては深刻です。

ネット記事を読んではアレコレ手を変え品を変え、高級な化粧品や洗顔料も試したのに結果が出ずガッカリ。皮膚科に行ってもすでに知っているようなアドバイスしかもらえず、もうどうしたらいいのか…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肌には個人差があり「この洗顔料がいい」「この化粧水で治る」といった情報を試し続けていたのでは時間もお金もいくらかかるか見当もつきません。そこで今回は『ニキビ跡』について詳しくお話するとともに、そのニキビ跡を消す為の生活習慣についてお伝えします



 

ニキビの跡をキレイに消すための
毎日の生活習慣

 

ニキビ跡が消えない理由


そもそも『ニキビ跡』を消す為には『ニキビそのもの』よりも長い時間が必要だってご存知でしたか?新しい洗顔料や化粧水を試してみた時、翌日もしくは長くても一週間くらいで何かしらの結果が現れて欲しいと思ってしまいますよね。

しかし実際のところ、そんなに簡単に『ニキビ跡』を消す事は出来ません。具体的に言えば、正しいケアを行っていても約半年。どんなに短くても三か月はかかると思っていた方が良いでしょう。

それは『ニキビ跡』を消すというのは表面だけの問題ではなく、生活習慣自体を改善し体の中からケアしていく必要があるからです。

『ニキビ跡』はニキビのせいで肌が傷つき、触る、潰すなどによってダメージが深くなり、皮膚深部の組織にまで傷が及ぶことで『跡』になります。その跡を消したいあまりに頑張りすぎて、間違ったケアを続けていると、一生消えない跡になってしまう場合もあります。

そのためニキビ跡を消すためには時間をかけて生活習慣を見直し、ターンオーバーの力を最大限引き出す事によって皮膚内部から新しく生まれ変わらせる必要があるのです。

 

ニキビ跡には種類がある


『ニキビ跡』には自然に消えていくものと、ほぼ一生残るものとがあります。ほぼ一生残るとは言っても、正しいケアを長く続けていく事で、消すまではいかずとも薄くする事は可能です。

大きく3つに分ける事ができ、『赤みタイプ』『色素沈着タイプ』『凸凹・クレータータイプ』に分けられます。

『赤みタイプ』は比較的症状が軽く、一時的に内部で炎症が起きている場合があるものの、基本的なケアで自然に消える事がほとんどです。

『色素沈着タイプ』は『赤みタイプ』に見た目が似ていますが、色が濃く(黒・茶・紫)、炎症はおさまっています。ニキビ跡ではありますがシミと同じくメラニンに関係している為、『赤みタイプ』よりもキレイに消す為には時間が必要です。

特に症状が重いのが『凸凹・クレータータイプ』で、ターンオーバーの行われない皮膚の深部『真皮層』にまで傷が及んでおり、レーザーやコラーゲン・ヒアルロン酸の注射によって『真皮層』の細胞を回復させる必要があります。完治は難しく自然に消える事はありません。

では、実際にニキビ跡を消す為にやるべき事は何なのか、事項からご説明していきます。

 

『あたりまえ』の積み重ねが美肌を作る


先程も出ましたが、ニキビ跡をキレイに消すためには皮膚の生まれ変わりの機能である『ターンオーバー』の力を最大限引き出す必要があります

その為に必要になるのが、ずばり『十分な睡眠』『正しい食生活』『適度な運動』です。

拍子抜けしたかもしれませんが、まずここを正さない事にはいくら表面のスキンケアを頑張ったところで、ニキビ跡を消すどころか新しく作られた皮膚自体がトラブルを抱えている、という事になってしまいます。

まず睡眠時間をしっかり確保することで、眠っている間に分泌される成長ホルモンが肌の修復・再生を行います。ニキビ跡を消す為のターンオーバーが力を発揮するのです。そのため特に“お肌のゴールデンタイム”と言われている22時~深夜2時の間は眠っていたいところです。

栄養面では特に「タンパク質」と「ビタミン類」が重要です。タンパク質は皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器など体のあらゆる部分を構成しています。食品でいうと肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐などの大豆製品等です。

ビタミン類はビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEと忘れずにミネラルも摂取しましょう。食品でいうとニンジン、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などが良いでしょう。これらを意識した食生活を実践することで、ニキビ跡を消す為に必要な栄養が身体に取り込まれ、新しく作られる皮膚のもとになります。

適度な運動は血流を良くし、栄養や酸素を体の隅々まで届けてくれる為、正しい周期でターンオーバーが行われるようになります。また、運動はストレス発散の効果もあり、ストレスにより新たにニキビができるのを防ぐ事もできます。

そしてニキビ跡を消す為に何より大切なのは“長い時間をかけて継続する”という事です。結果を急げば急ぐほど、間違いなく失敗してしまいます。目標は『半年後の美しい肌』です。当たり前の事を根気よく積み重ねていたら結果は後からついてきた、くらいに気長に構えましょう。

 

 

いかがでしたか。「結局睡眠、食事、運動か」と思った方もいるかもしれませんが、ニキビ跡を消したいのであればこの3つというのは木でいうところの『根』にあたります。『幹』は体であり、皮膚もそこに含まれます。ニキビ跡を消すという意味でもちろん正しい洗顔方法や保湿は必要不可欠ではありますが、それは『枝』『葉』にあたると言えます。

どれが一つ欠けても『木』として存在しえませんが、『根』が腐っていたらその上の幹、枝、葉は間違いなく枯れてしまいます。ニキビ跡を消す為には、いきなり『枝』『葉』にアプローチするのではなくまずはこの『根』を急がず時間をかけて大切にして下さい。そうすれば体内で新しく健康な皮膚が作られ表面に押し上げられてきます。それでこそ正しい洗顔方法、十分な保湿が効果を発揮します

まずは原因となっている乱れた生活を1日ずつゆっくりと正しい生活に変えていく事。それがニキビ跡を消す為の最大の近道と言えるでしょう。

 

まとめ

ニキビ跡をキレイに消す為には

・長い時間が必要(最低でも3か月~半年)
・ニキビ跡にも種類がある事を知る
・あたりまえの『睡眠』『食事』『運動』が美肌の根幹である
・結果を急がず日々の積み重ねを大切に