ニキビがなかなか治らない!ニキビループを脱出する方法

ニキビがなかなか治らない!ニキビループを脱出する方法
ニキビが治らない、治ってもすぐに再発する……という悩みを持つ方、少なくありませんよね。ニキビが慢性化すると跡になりやすいとも言われますし、一刻も早くこのニキビとお別れしたいという人は多いはず。

ニキビが治らないとか治っても新しいものができやすいという悪循環に陥っている人は、体質や生活習慣に問題がある可能性が考えられます。その場合、薬を塗ったりニキビ用の化粧品に切り替えたりしても効果が薄い、もしくは全く見られないことも珍しくありません。

そんな頑固なニキビを撃退するためには、原因の根っこにあるものを取り除いてあげることが大切です。そこで今回は、なかなかニキビが治らないとお悩みの方に試して頂きたい対処法についてお伝えします。

 

ニキビがなかなか治らない!
ニキビループを脱出する方法

 

過剰なケアをやめよう

ニキビが治らないことに悩むあまり、よく効くと評判の美容液や化粧水を一度に何種類も使ったり、民間療法のようなニキビ治療法をあれこれと試してしまう人は少なくありませんよね。でも、これはお肌への負担が大きく、バリア機能を低下させてニキビができやすい肌を作ってしまうことになりかねません

たくさんお手入れしているのにニキビが治らないという人は、一旦全てのケアをストップして、洗顔と一種類の化粧水、そして乳液で保湿する程度のケアに留めてみて下さい。最低限のケアで済ませることでお肌のバリア機能が戻り、ニキビができにくいお肌へと生まれ変わっていきます。

 

ベースメイクを変えよう

スキンケアと同じく、ニキビに悩むと凝ってしまうのがベースメイク。ニキビを隠すためにカバー力が高いファンデやコンシーラー、紫外線がダメージになるからとUVカット効果の高い化粧下地を使用したくなりますが、あまりにメイクを厚塗りすると皮膚が弱り、ニキビが治らない原因になります

まずは、勇気を出してお肌に優しいベースメイクを心がけましょう。お肌に優しいものは総じてカバー力が低めですが、それだけお肌への負担が小さいのだと納得して下さい。

また、化粧下地や顔用の日焼け止めも選ぶことをおすすめします。使用している薬剤が紫外線吸収剤のものはお肌へのダメージが大きいと言われているので、紫外線散乱剤を使用しているものが良いでしょう。

 

規則正しい生活を送ろう

慢性的にニキビができるという人は、不規則な生活を送っているのではないでしょうか睡眠時間、食事時間が毎日異なり、睡眠不足や栄養の偏りが習慣化するとお肌の調子が悪くなります。身体の内側から不具合が出ているのですから、外側からいくらケアしてもニキビが治らないのは当然ですよね。

まずは、あなたのライフスタイルの許す限り睡眠時間を確保すること。そして食事は毎日同じ時間に3食きちんと食べるようにして下さい。もちろん栄養バランスも考えた方が良いですね。

規則正しい生活を送るとお肌以外にも全身の調子が良くなり、ストレスもたまりにくくなります。よって、ニキビができるリスクを激減させることに繋がっていくのです。

 

ストレス源となるものから離れよう

これまでにお話しした対策を全て実践してもニキビが治らないという人は、ストレスを溜め込んではいませんか?ストレスはニキビの原因として最も厄介なものです。

ストレスは交感神経を活発にさせ、身体が休まる暇を与えません。そればかりか、本来のストレス源以外の物事にも敏感になり、普段は気にならないものにまでイライラしてしまうという悪循環を生じさせます。ストレスが多い人はニキビを気にしすぎ、いじったり潰したりしやすいという悪影響もありますね。

ストレスを溜めている自覚があるなら、そのストレス源から距離を置くことを心がけましょう。距離を置くことが難しいようならストレス解消を優先的に行うなどして下さい。

 

生理後~排卵までの間にお肌の回復力を高めよう

女性の場合、ホルモンバランスの変化のせいで排卵後から生理までの間にニキビが悪化しやすく、生理後から排卵までの間はお肌が回復に向かいやすいです。この周期のせいで、一時は良くなったように見えたのにまた悪化したと感じるのです。

生理周期に同調したニキビの悪循環を断ち切るには、生理後のお肌が回復に向かう時期を狙って、一気に改善を目指してみて下さい。これまでお話しした対策に加え、スペシャルなスキンケアをこの時期だけプラスするのも良いでしょう。

排卵までの間に少しでもお肌を健康に近づけることで、排卵後の肌荒れも起こりにくくなります。すぐにニキビ無しの肌は取り戻せませんが、徐々に調子が良くなっていると感じられるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。なかなかニキビが治らない人におすすめしたい改善方法でした。

ニキビの原因はアクネ菌だと言われていますが、これは健康なお肌には害をなさない細菌です。それに冒されてしまう原因は、身体そのものの疲れや過剰なお手入れによって起こる肌疲れです。つまり、ニキビを治すためには様々な角度からアプローチして健康なお肌を作ることが大切と言えるでしょう。

ニキビができると治らないと言われるのは、気にしすぎてストレスを溜めたり、すぐに治そうと無理なケアをしてしまいがちになるからです。ニキビを効率よく、再発させずに治すコツは、急いでニキビを治そうとせず、数カ月単位で考えることです。

焦ってはストレスの原因となりますから、気長にケアしていきましょう。

まとめ

ニキビが治らないときに実践するべき改善策は

・過剰なスキンケアをやめよう
・ベースメイクをお肌に優しいものに変えよう
・規則正しい生活を送ろう
・ストレス源となるものから離れよう
・生理後~排卵までの間にお肌の回復力を高めよう


連記事