それではニキビは治らない!間違っている5つのお手入れ

それではニキビは治らない!間違っている5つのお手入れ
ニキビが出来てケアをしようと、色んなことをやってるのに、なぜかニキビが治らないという人もいますよね。なかなかニキビが治らないと、それだけお肌に対しての悩みを多く抱えてしまうことになります。

実は、ニキビが治らないのは日頃行っているケアが間違っている可能性があります。もし間違ったケアをしていると、ニキビの治りが遅くなるだけでなく、却って悪化してしまう恐れもあります。特に大人ニキビは一度出来てしまうと治りにくい上に、治っても再発しやすいのです。

なので、大人になってからのニキビほど、間違ったケアはしたくないもの。しかし、どのようなケアが間違っているのかは、なかなか自分では気づけないものですよね。

そこで今回は、ニキビが治らない理由となる間違ったお手入れ法についてお伝えします。



 

それではニキビは治らない!
間違っている5つのお手入れ

 

洗顔をやり過ぎる


ニキビを予防する、あるいは出来てしまったニキビを悪化させない為には、顔を清潔にしなくてはいけませんよね。しかし、清潔にしなくてはという思いにかられ、必要以上に何度も洗顔をするのは逆効果、ニキビが治らない原因となってしまいます

なぜ、過度な洗顔がいけないのかというと、必要な皮脂までも取り除いてしまうからです。ニキビを作る要因が皮脂にあるのは確かですが、お肌を外からの刺激から守るバリアーのような役目も皮脂にはあります。それを必要以上に取り除いてしまうと、外からの刺激に弱くなり、新たなニキビを作り出してしまう危険性が増大するのです。

ニキビが出来ると、綺麗にしなくてはという気持ちは分かりますが、くれぐれも洗顔のやり過ぎには注意しましょう。

 

スクラブを使う


肌のケアとして、普段からスクラブ入りの洗顔料を使用している人もいることでしょう。ちなみに、スクラブとは、毛穴の汚れを落としやすくするための細かい粒子のことで、ニキビケア用の洗顔料には入っているものもあります。もちろん、肌のケアとしては、効果的で有効なものなのですが、ニキビがある時に使ってしまうと、ニキビが治らない危険性もあります

洗顔料に入っている細かい粒子が、ニキビに触れることにより、刺激を与えてしまうのです。ニキビは刺激を与えると悪化する習性がありますので、ニキビが出来てしまった時には、なるだけスクラブ入りのものは使わないことをおすすめします。

それでも、肌のケアの為、どうしても使いたいという人は、力を入れるのではなく、指を肌に軽く乗せるくらいの感覚で行うようにしましょう。

 

保湿を十分にしない


ニキビが治らない理由の一つに、保湿を十分にしていないというのがあります。特に、皮脂が多めのオイリー肌の人は「皮脂がすぐに出る」「ベタつく」といった理由から、保湿を十分に行っていないことが多いのです。

しかし、保湿を十分にしないと、ニキビの治りが遅くなったり新しいニキビを作り出してしまうこともあります。ニキビがあるところに余計なものを付けると、ニキビが治らないのでは?と考える人もいるかもしれませんが、保湿は絶対に必要です。ですから、化粧水や美容液でしっかりと保湿を行って下さい。

オイリー肌の人は、化粧水や美容液を付けることで、肌がベタついてしまいますが、肌を保護するために必要なことなので、保湿はするようにしましょう。

 

刺激の強いケア商品を使う


ニキビは一刻も早く治したいものなので、どうしてもニキビケアの商品に頼ってしまいがちです。しかし、ニキビケアの商品を成分の表示や説明をあまり読まずに買ってしまったり、安いからと何も考えずに買ってしまうと、ニキビが治らない可能性があります。

なぜなら、ニキビケアの商品の中には、刺激が強い商品も存在しています。そのような商品を使ってしまうと、肌への刺激が強くなり過ぎて、ニキビをさらに悪化させてしまうのです。

刺激への耐性は人それぞれですが、自分の肌に合わないと感じたら、その商品を使用するのはやめましょう。大切なのは、自分に合ったニキビケアの商品を使うことです。

 

エステを利用する


ニキビを治そうとしている人の中には、エステを利用している人もいますし、実際に、日本にはニキビケアを行っているエステが沢山あります。しかし、エステで働いている人は皮膚科のお医者さんではないので、肌やニキビについての専門的な知識を持っているわけではありません

なので、エステに通っているからといって、必ず正しい方法でニキビケアを行っているとは言い切れないのです。「エステに通っているのにニキビが治らない」と感じている人は、エステに通うこと自体をやめることをおすすめします。

また、これからエステを利用しようと考えている人は、ニキビが治らないかもしれないリスクも少なからずあるということを、頭に入れておいて下さい

 

いかがでしたか。今回は間違っているニキビのお手入れをお伝えしましたが、良かれと思ってやっていたことが、実はニキビが治らない原因となっていたのです。もし、「これやってしまっているな」というのがあれば、今すぐにでもやめるようにしましょう。

ニキビが治るか治らないかは、お手入れの方法が正しいかどうかだけです。ちなみに、ニキビを治すためには、「刺激の少ない洗顔石鹸で顔を洗う」「保湿を十分に行う」「最低6時間の睡眠」「タンパク質とビタミンを摂る」ことです。

まずはニキビのお手入れを見直して、正しい方法に結び付けていきましょう。そして、ニキビが治らないというジレンマから解放され、綺麗な肌をぜひ手に入れて下さい。

まとめ

ニキビが治らない原因となる間違っているお手入れは

・洗顔のやり過ぎで必要な皮脂まで取り除く
・ニキビに刺激を与えるスクラブを使っている
・保湿を十分に行わない
・刺激の強いニキビケア商品を使う
・エステで正しいニキビのお手入れがされるとは限らない