ニキビがなかなか治らない人に試して欲しい3つの対処法

ニキビがなかなか治らない人に試して欲しい3つの対処法
気になるニキビ…早く治したいと思ってもなかなか治らないものですよね

ニキビ用クリームを使用したり、洗顔フォームや化粧水をニキビケア用に変えてみても治らない…皮膚科受診を考えている方や、すでに皮膚科を受診したものの、思ったようなアドバイスがもらえずにガッカリしている方もいるのではないでしょうか。

様々な対策をしているのにニキビがなかなか治らないのには、正しいケアの方法を知らないという事が原因と考えられます。一般的に「ニキビに良い」とされている方法には、間違って伝わっているものやまったくの迷信なども数多く含まれています。

そして、風邪や怪我のように対処法が明確にされていない為、知らず知らずのうちに治らないどころか悪化させたり長引かせたりしているケースが多くあります。

そこで今回は、ニキビがなかなか治らないことでお悩みの方に、ぜひとも試して頂きたい3つの対処法についてお伝えします。



 

ニキビがなかなか治らない人に
試して欲しい3つの対処法

 

洗顔方法を変える


まずは毎日の洗顔を変えてみましょう。ニキビが治らない事でお悩みの方でしたら、すでに様々な洗顔フォームを試している事でしょうが、ここでの『洗顔を変える』という意味はその“洗顔フォーム”自体をやめてみるという意味です。

ニキビがなかなか治らない事の原因にもなる、洗顔フォームによる「洗い過ぎ」を防ぎ、肌を回復させることを最優先に、まずは水洗顔を始めてみましょう

とは言っても、突然朝も夜も水洗顔に変えると、逆に肌が荒れる事が考えられますので、まずは朝のみ35℃~36℃のぬるま湯を使用した水洗顔からスタートします。

脂性でテカリが気になるような方は少し高めの温度で、乾燥気味、超敏感肌の方は温度を低めに設定しましょう。40℃以上の熱いお湯は皮脂を取り過ぎてしまうので、『ぬるま湯で』という点を徹底しましょう

水をすくって顔に当てるというのを30回ほど繰り返します。ゴシゴシこすらずにパシャパシャと。タオルオフもゴシゴシせずに、顔にタオルを当てて水気を取るだけで十分です。

夜は今まで通りのケアを続けるのですが、洗顔フォームを低刺激の石鹸等に変える事はもちろんの事、ニキビを治す事に専念するのであれば、メイクも極力控えるか、石鹸で落ちる程度の軽いメイクにするなどの工夫をした方が効果は出やすくなります

夜の洗顔をお風呂で行う際にも注意が必要です。ニキビが治らない事でお悩みの方でしたら、お風呂で熱いシャワーを頭からザーッとかぶる事はおすすめできません。ここでも皮脂の取り過ぎを防ぐために、洗顔の水温は35℃~36℃を守って下さい。

肌のターンオーバー期間である約一か月の間は、この方法を様子を見ながら続けて下さい。これまで洗顔フォームで取り過ぎていた皮脂の分泌が落ち着き、肌の状態が安定してきたら、少しずつ夜も水洗顔にする回数を増やしても良いでしょう。

一時的にニキビが増えたり、肌が荒れる事が考えられますが、これはニキビが治らないのではなく、肌が健康に戻ろうとする働きによるものですので、改善のサインとして受け止め、諦めずに続けてみて下さい

 

保湿の方法


水洗顔を続けていく上では、保湿をそこまで重要視する必要はありません。肌が乾燥しない程度に低刺激のものを使うか、乾燥を感じなければ特に何もする必要はありませんし、肌に合っていて状態が良くなるのであれば、使ってもらっても構いません。

朝の水洗顔を1か月近く続けても、洗顔後の乾燥がひどいという場合は、夜も水洗顔にして洗顔料の使用頻度自体を減らしてみて下さい。それでも乾燥がひどいのであれば、ベビーワセリンなどが低刺激でおすすめです。

 

食生活、生活習慣の改善


以上の方法を数か月続けていても、効果を感じられないのであれば、やはり生活習慣に原因があると考えられます。まずは食生活から見直してみましょう

肌に必要な良質の脂質やタンパク質、ビタミン類などが足りない事がニキビが治らない事の原因になっている場合があります。また、ダイエットでの食事制限は、栄養不足により肌の再生を妨げる場合があるので、きちんと食べるようにしましょう。

お菓子やファストフードなどは顔のテカリやニキビの悪化につながります。ニキビが治らない事でお悩みでしたら極力控えるようにしましょう。

食事と共に、ニキビが治らない事の原因となりやすい睡眠不足とストレスについても注意が必要です。睡眠はお肌のゴールデンタイムと言われる22時(遅くとも23時)には就寝する事で、肌の修復が活発に行われます。

そしてニキビ自体に感じてしまうストレスは大きな敵です。難しいかもしれませんが、上手に発散して前向きにニキビと向き合う事で、完治の速度は格段に変わってきます。焦りは禁物。結果を急がずに「確実に良くなってきている!」と信じて続けていきましょう!

 

いかがでしたか。ニキビがなかなか治らないな…と思った時に、多くの方は即効性を求めてニキビ用クリームを使用したり、皮膚科でもらった薬を使用する方もいらっしゃるでしょう。または化粧水や乳液が合っていないのかも…と考える方もいますよね。

それらの対処法に共通して言える事は「外からのアプローチ」でニキビを治そうとしている事です。そして、それを実践している方で『慢性的なニキビ肌が完治した!』という経験をお持ちの方は少ないのではないでしょうか。

ニキビが治らない事、そしてニキビができてしまう事の根本には、やはり生活習慣があります。その根本にある原因を正さずに、ただ上から塗るものばかりに頼っていても、結局はその場しのぎになってしまいます。

たとえ効果が得られたとしても、皮膚科の薬やニキビ用クリームを『一生』使い続けてニキビを隠し続ける事を望んでいる訳ではありませんよね。

悩んでいるニキビ肌が治るのに半年という長い時間がかかるとしても、『今』少し生活を変える事で、『半年後』ニキビになんて悩んでいない自分がいるとしたら、「少しがんばってみてもいいかな」と思うこともできるのではないでしょうか。

 

まとめ

ニキビがなかなか治らない…と感じているのであれば

・まずは朝の洗顔を『水洗顔』に変えてみましょう
・慣れてくれば夜の『水洗顔』の頻度を増やしてもOK
・保湿は必要最低限で十分
・やはり生活習慣、とくに栄養面から見直しましょう
・ニキビには睡眠とストレスも注意が必要
・焦らずに長い目で見て、正しい生活とシンプルケアを続けましょう