しっかりやれば必ず効果がある・7つのニキビ治す方法

しっかりやれば必ず効果がある・7つのニキビ治す方法

ニキビに悩んでいる人は、体質的にニキビのできやすい体質を持っています。世の中には全然ニキビなどできなくて綺麗なお肌の人も居るというのに、どうして自分ばかりがニキビに悩まされ続けなければいけないのだろうと、悲しい気持ちになることがあるかもしれません。

ですが、本当にニキビに効果がある方法、自分にあったニキビ対策法が分かるようにさえなれば、ニキビに悩まされることは無くなります。ニキビに悩まされ続け、本当にニキビに効果のある方法を見つけた人たちの経験をもとにしたニキビ対策法を参考にし、今度こそ自分のニキビを治すための7つのニキビ治す方法を知って、ニキビの悩みとはスッキリとさよならしましょう。



 

しっかりやれば必ず効果がある・7つのニキビ治す方法

 

その1: ビタミンC配合のスキンケア用品を使う

ビタミンCはシミやソバカスの改善に効果がある美白成分として知られていますが、ビタミンCそのままでは酸化しやすく、吸収も悪い、水溶性で熱にも弱いといった問題があります。それらの問題を解決したのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、特にニキビ跡の美白に効果があると言われていますが、美白以上にニキビの予防に効果があります。このビタミンC誘導体を配合した美容液や化粧水などを、必ず毎日のスキンケアに使用するようにします。

ビタミンC誘導体の配合率の高いものほど効果はありますが、刺激が強いため、初めて使う人は低濃度のものから使用するようにしましょう。お肌に刺激を感じなければ、化粧水を使用する前のお肌にビタミンC誘導体配合の美容液を使用することで、より一層ニキビ肌の改善に効果が出ます。

 

その2: ピーリング効果のあるスキンケア用品を使う

サルチル酸やグリコール酸といった、お肌の不要な角質を緩めて剥がれやすくするピーリング効果のある成分を配合したスキンケア用品を使用しましょう。石鹸やふき取り化粧水などして商品化されています。

石鹸でしたら、しっかりともちもちの泡を作ってお肌にのせて、お肌に押し付けるようしては離す動作を繰り返したあと、数十秒そのまま放置してピーリングを行います。また、ふき取り化粧水を使用する場合は、洗顔後にコットンたっぷりとふきとり化粧水をとってふき取りをします。

どちらも古い角質をはがれやすくして、毛穴の詰まりを解消しますので、ニキビのできにくいお肌に導いてくれます。ただし、刺激が強いので、お肌の様子を見ながら使用するようにしましょう。

 

その3: オードムーゲがおすすめです

ニキビ対策スキンケア用品としてロングセラーのオードムーゲを使用すると、お肌の調子が落ち着いてきます。ニキビに効果のあるスキンケア用品をいくつか使用する場合、順番は、ふき取り化粧水→オードムーゲ→ビタミンC美容液の順番です。ただし、お肌の状態が落ち着いているようでしたら、ビタミンC美容液とオードムーゲの順番を逆にしても構いません。

 

その4: できてしまったらオロナイン

できてしまったニキビには、オロナインが一番効果があります。皮膚科で処方される塗り薬よりも、効果を感じるかもしれません。特に、夜眠るときに、絆創膏の両端の粘着部分を数ミリ残して切り落としたものを、オロナインを塗ったニキビに貼って寝ると、翌朝にはかなりニキビの症状が治まっています。

 

その5: グリーンスムージーを毎日飲む

毎朝グリーンスムージーを飲むと、お肌の調子が確実に変わってきます。これは、グリーンスムージーに含まれるビタミンCの効果や、酵素の働き、また食物繊維による整腸作用で便通が整い、身体の中の毒素が排出されやすくなることなどによる効果です。グリーンスムージーに使用する材料としておすすめなのは、小松菜や春菊、果物ではキウイがおすすめです。

 

その6: 冬は思い切って、洗顔を1日1回に

ニキビの原因は皮脂が毛穴に詰まることです。そのため、ニキビができると必死に顔を洗って、皮脂を取り除こうとしてしまいがちです。ですが、皮脂を取りすぎると、お肌は皮脂が不足していると認識して、更に皮脂を分泌させるようになってしまいます。

もう皮脂は充分に足りているとお肌に認識させるために、思い切って一日に一回だけの洗顔にしてみましょう。ただし、これは夏にはおすすめしません。

なぜなら、汗が皮膚に残ることもお肌にとって良くないからです。冬などの汗をかかない時期に、思い切って実行してみると、お肌の調子がとても良くなってビックリするほどの効果が得られることもあります。

 

その7: 一番効くのは、しっかりと眠ること

何よりも一番効果があるのは、ぐっすりと眠ることです。これに勝るものは、はっきり言って他にはないでしょう。ぐっすり眠って、質の良い睡眠をとると、成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンには、細胞のダメージを修復したり、新しいお肌の細胞を生み出して新陳代謝を活発にさせる働きあります。お肌の為に効果的な栄養成分も、成長ホルモンがしっかりと分泌されてこそ、効果を発揮します。

この成長ホルモンの分泌を活発にさせるには、夜の22時から2時までの間に、ぐっすりと眠ることが大切です。22時までに眠ることは難しいでしょうが、遅くとも日付の変わるまでには就寝する習慣をつけることで、必ずお肌の調子が改善されてきます。

 

いかがでしたか。

既に知っているニキビ対策法もあるかもしれませんが、お肌のターンオーバーを考えても、数日でニキビ肌が改善させるという事はないのですから、どの方法もしっかりと継続して行うということが一番大切になってきます。

信じてしっかりとやれば、必ず効果はあります。今度こそニキビのできない綺麗なお肌になるために、これらの方法を参考にして頑張ってみませんか。

 

まとめ

しっかりやれば必ず効果がある・7つのニキビ治す方法

その1: ビタミンC配合のスキンケア用品を使う
その2: ピーリング効果のあるスキンケア用品を使う
その3: オードムーゲがおすすめです
その4: できてしまったらオロナイン
その5: グリーンスムージーを毎日飲む
その6: 冬は思い切って、洗顔を1日1回に
その7: 一番効くのは、しっかりと眠ること