しつこいニキビを治すには?出来る位置から分かるその原因

しつこいニキビを治すには?出来る位置から分かるその原因
ニキビが目立つ位置にできてしまうと、鏡をみるたび憂うつな気分になりますよね。そんなニキビは、発生した位置によって原因とケアの仕方が違います

ニキビは、毛穴の中にある皮脂の中で、アクネ菌が大量発生すること起こる肌のトラブルのことですが、体の位置によって、皮脂の分泌量や毛穴の大きさ、毛穴の量などが違います。そして、ニキビの位置によって特徴的な発生原因があるのです。ニキビは、思春期はもちろん、大人になってからも誰にでも起きる肌のトラブルです。顔にニキビができると恥ずかしいし、重症化すると痛みも伴います。

そんなニキビですが、原因を知れば、その発生を防いだり、できたニキビを適切に治療することも可能です。そこで今回は、ニキビの位置によって解る原因とケアの仕方についてお伝えします。



 

しつこいニキビを治すには?
出来る位置から分かるその原因

 

おでこにできるニキビの原因


でこや髪の生え際は、顔の中でも皮脂の分泌が多い場所です。そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビがこの位置に発生しやすいのです。特に、思春期やホルモンバランスが崩れた時などは皮脂が大量に分泌されます。また、脂っぽい食事を続けるなどの偏った食事でも皮脂が多くなります。さらに、髪の毛先が触れて刺激を受けやすく、シャンプーの洗い残しが原因となることで、ニキビがこの位置に発生します。

では、おでこのニキビを治すにはどうすればよいでしょうか。まずは余分な皮脂を洗い流す、毎日の洗顔が大事です。また、洗顔料やシャンプーが残ってしまうのもよくありませんから、念入りにすすいできれいに洗い流しましょう。そうはいってもやり過ぎはよくありません。肌が乾燥しすぎてもニキビは発生しやすくなります。毎日お風呂で洗って清潔に保つよう心がけましょう。

 

鼻の周りにできるニキビの原因


鼻の周りもニキビができやす場所の1つです。特に、黒い点のようなニキビができやすく、顔の中心にあることから目立ってしまいます。

鼻の周りは顔の中でも皮脂の分泌が多い場所です。そして、鏡で見てもらうと解るのですが、誰でも鼻には無数の小さな毛穴があります。そのため、鼻にある小さな毛穴は皮脂が詰まりやすいのです。

皮脂は、本来肌の潤いを保つために分泌されます。また、ニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂を分解して保湿効果の高いグリセリンに変える体に欠かせない菌です。それがストレスや偏った食事などで、皮脂の分泌が多くなり、毛穴の中でアクネ菌が異常発生するとニキビになってしまいます。特にこの位置のニキビは、治りにくい黒いニキビになることが多く、肌トラブルの原因にもなっています

鼻の周りにできるニキビを防ぐには、脂っぽい偏った食事を避けてバランスの取れた食事を心がけるとともに、適切な肌の手入れが基本になります。また、ここには小さい毛穴がたくさんありますから、この毛穴を汚れで詰まらせないことが重要です。ゴシゴシこするのではなく、洗顔フォームなどで丁寧に汚れを取るように心がけましょう

 

顎周りにできるニキビの原因


顎回りは、顔の中でもニキビがよくできる場所の1つです。ここは、男性ならちょうど髭が生える場所よね。ニキビができる原因の1つに、ホルモンバランスの変化が挙げられますが、髭が生えるのは男性ホルモンの影響ですから、ここは顔の中でもその影響を受けやすい場所と言えます。

また、思春期に顎回りにできるニキビは、体の発育に伴う男性ホルモンの増加が原因と言われています。さらに、大人になってからストレスや睡眠不足でホルモンバランスが崩れれば、ここにニキビが発生しやすくなるのです。

男性は、顎回りを毎日髭剃りで刺激していますが、髭剃りで肌が荒れているのに気が付かないこともあります。そんな毎日の髭剃りが肌のバリア機能を低下させ、雑菌が侵入しやすい環境を作ってしまうのです。これが、顎はニキビが発生しやすい位置と言われる理由です。また、女性でも顎回りはホルモンバランスの崩れで皮脂が増えやすく、ニキビができやすい位置なので注意してください。

顎回りは本来汗をかかない乾燥しやすい場所で、毛穴はそれほど多くはありません。しかし、ここにニキビができると重症化しやすく、新陳代謝が遅いので跡が残りやすい場所と言えます。ニキビを防ぐには、毎日の洗顔で清潔に保つことが大事ですし、また、男性なら、シェービングフォームなどで肌への負担や刺激を減らすようにしましょう。また、ストレスはホルモンバランスを崩す原因となります。うまくストレス解消できるような生活を心がけましょう

 

背中にできるニキビの原因


ニキビができるのは顔ばかりではありません。毛穴は体中にあり、顔ほどではありませんが、肌の保護のため皮脂を分泌しています。そして、その皮脂でアクネ菌が大量に繁殖するとニキビができてしまいます。特に、背中やお尻は皮膚が厚いことから重症になるまで気が付かず、また、ケアしにくい位置なので治るまで時間がかかってしまいます

また、背中やお尻は体でも意外と汗をかく位置と言えます。汗をそのままにしておくと、皮膚の表面にある古い角質などの汚れを毛穴の入り口に集めて、毛穴を塞いでしまいます。さらに、汗のいやな臭いは、汗によって大量に発生した雑菌が発っする臭いですが、その雑菌の刺激から肌を守るために皮脂が分泌されます。毛穴が塞がったままで皮脂が大量に分泌されればアクネ菌が大量に発生してしまい、ニキビがこの位置にできてしまうのです。

背中やお尻のニキビを防ぐには、汗をかいたらそのままにせず、シャワーやお風呂で洗い流し、乾いた下着に交換して清潔に保つことが重要です。また、通気性の悪い下着や締め付ける下着を長時間身に着けるのもよくありません。さらに、長時間座ったままでいると下着が蒸れて、汗をかきやすくなります。適度に動いて蒸れないように気を配りましょう

 

いかがでしたか。ニキビのできる位置からその原因とケアの仕方についてお伝えしました。

ニキビは、思春期の時期は特に、また、大人になってからも誰でにも発生する肌のトラブルです。しかし、日常生活からしっかりケアをすれば、ニキビの発生を防ぐことが可能です。また、ニキビの位置から原因が解れば適切にケアすることができます。

この時注意してほしいのは、やり過ぎないこと。ニキビの原因になる皮脂とアクネ菌は、肌の潤いを保ったり、肌への刺激を緩和する重要なものです。体の位置によっては、皮脂の分泌が多い場所がありますが、そこは刺激に弱い場所でもあります。ニキビの原因は、普段の日常生活に潜んでいます。原因とケアの仕方を知ってニキビで悩むことの無い肌を手に入れましょう。

まとめ

ニキビの出来る位置から分かるその原因とケアは

・おでこにできるニキビは、皮脂の洗い残しが原因。毎日の洗顔が大事。
・鼻の周りにできるニキビは小さい毛穴が原因。丁寧な洗顔が大事。
・顎回りにできるニキビにホルモンバランスの崩れが原因。ストレス解消が大事。
・背中やお尻にできるニキビは汗が原因。清潔に保つのが大事。