ニキビのできやすい場所はどこ?その原因と予防法

ニキビのできやすい場所はどこ?その原因と予防法
ニキビはいろんな場所にできるし、一度できるとなかなか治らないから大変です。気づいたらニキビがこんな場所に・・・と、がっかりすることありますよね。でも、実はニキビには“できやすい場所”があるんです。

一度できるとなかなか治らないニキビなんですが、ニキビができやすい場所を事前に把握しておいて、その原因を知り、対処をすれば、予防や悪化を防ぐことができます。

ニキビができる原因は、『毛穴のつまり』です。 皮脂の過剰な分泌や、ストレスや、ホルモンバランスの影響による肌のターンオーバーの乱れ、皮膚の汚れ等が原因で毛穴が詰まります。そして詰まった毛穴の中で炎症がおき、ニキビができるのです。今回は、そんなニキビができやすい場所と、その原因と対処法についてお伝えします。



 

ニキビのできやすい場所はどこ?
その原因と予防法

 

フェイスラインのニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因


ニキビができやすい場所と言えば、フェイスラインや顎や口元です。ここのニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンが活発化しすぎてホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になります。

そのうえ、フェイスラインや顎や口元は、普段は汗をかかない場所。そのため、ホルモンバランスが崩れてオイリー肌になってしまうと、すぐに毛穴が反応してつまりやすくなってしまうのです。また、顎のニキビは内臓にも関係している場合があります。大人になって顎や口元にニキビができやすい場合は、胃腸や婦人科系に影響が出ている場合があります。

フェイスラインや顎や口元のニキビの対処法は、ホルモンバランスを整えること。男性ホルモンの活発化を抑えるために、女性ホルモンを活発化させると効果的です。規則正しい生活で睡眠や食事をきちんと取る以外にも、大豆製品を取ったり、薔薇やカモミールといったハーブを活用するのもおすすめです。

 

生え際のニキビは、洗い残しが原因


髪の生え際やおでこも、ニキビができやすい場所です。気づいたらニキビができていた、ということありますよね。その主な原因は、髪を洗う時や洗顔の際の洗い残しです。

生え際やおでこは、髪を洗う時や洗顔の際に、シャンプーやトリートメントや洗顔料が残りがち。そのため、残ったシャンプーやトリートメントや洗顔料が皮膚に残り、毛穴をふさいでしまうのです。

対処法としては、髪を洗う時や洗顔の時は、時間をかけてよくすすぐこと。生え際やおでこも忘れずにすすいでください。お風呂で髪や全身を洗う時もよくすすいで、その時は洗顔は一番最後にすることがポイント。できるだけ、シャンプーやコンディショナーや洗顔料を肌に残さずに洗い流してください。

また、前髪や生え際についたスタイリング剤が原因で、毛穴をふさいでしまう場合もあります。地肌にスタイリング剤がつくことで、頭にニキビができることもあります。スタイリング剤は、直接地肌や皮膚につかないように気をつけましょう。

 

胸元のニキビは、汗が原因


胸元は、空気の通りが悪く、とても汗のかきやすくニキビのできやすい場所です。汗をかくと皮脂が出やすく、その皮脂が毛穴をつまらせてニキビができてしまいます。また、汗をかくほどの暑さによって炎症も起きやすく、尚更ニキビができやすい場合になります。

対処法としては、汗をかいたらこまめに拭き取ってあげること。携帯用の汗拭きシートや、濡らしたコットンなどで優しく拭いてあげてください。携帯用の汗拭きシートだと、発汗予防もできて良いですね。

 

背中のニキビは、洗い残しと毛穴の多さが原因


背中も意外とニキビができやすい場所なんです。特に背中は自分ではよく見えないから、ニキビができると大変ですよね。背中にニキビができる原因は、背中が皮脂の出やすい場所のため毛穴が詰まりやすいということと、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが残りやすいということです。

特に背中は顔に比べて毛穴が多いため、ニキビができやすい場所なのです。そのため、背中にはちゃんとケアが必要です。対処法としては、まず肌着を通気性と吸水性のよいものにすること。背中は汗をかいても拭きにくい場所ですが、汗はそのまま放置すると毛穴をふさいでニキビになってしまう可能性があります。そのため、下着は通気性がよく吸水性が良いものにしてください。

それからお風呂に入る時は、シャンプーやコンディショナーやボディソープが背中に残らないようにすること。髪を洗って全身を洗ったら、もう一度湯船に浸かり、さらにシャワーをして、背中にすすぎ残しがないようにしてください。ニキビができやすい場所は、シャンプーやコンディショナーや洗顔料が残りやすい場所や、汗をかきやすい場所です。

 

いかがでしたか。ニキビの原因は、毛穴のつまり。そのため、ニキビを防ぐ主な対処法は、ニキビのできやすい場所の皮膚にシャンプーやコンディショナーや洗顔料や整髪剤を残さないことになります。また、皮脂が過剰に分泌されないように、ストレスを減らして、規則正しい生活や食事を取ることも大切です。そして下着を肌に負担のかからないものにすると良いでしょう。

ニキビができる原因には、ホルモンバランスの乱れを始めとした体調不良もあります。体調が原因でニキビが顎や口元などの場所にできやす場合もあります。ニキビができることで、体調不良のサインになるため、ニキビが出やすい人は、生活リズムやストレスについても見直すと、より快適に日々を過ごせるようになるかもしれません。ニキビ対策と一緒に、日々のストレス対策や肌のケアも行っていくと良いですよね。

 

まとめ

ニキビを防ぐには

・フェイスラインのニキビは、ホルモンバランスの乱れを整えること
・生え際のニキビは、シャンプーや整髪剤を肌に残さないこと
・胸元のニキビは汗のしまつをすること
・背中のニキビは肌着を通気性と吸水性の良いものに変えること