ニキビの種類別!洗顔フォームの正しい選び方講座

ニキビの種類別!洗顔フォームの正しい選び方講座
気になるニキビを治すには洗顔が欠かせませんよね。しかし一生懸命に洗顔をしても「正しい洗顔方法」でなければ悪化することがあると言われます。肌を常に清潔に保つことを心がけているのに、ニキビが治らないどころか増えてきたら本当に悲しいことです。

そしてニキビにも様々な種類があります。炎症を起こしてしまったら治ってもニキビ跡が肌に残る可能性がありますので、あまりにひどいようなら皮膚科を受診するのが最も確実に治りますが、そこまでの段階でなければ、なるべく自分でできるケアをしたいものです。

そこで今回は、ニキビを正しい洗顔でケアする方法をお伝えいたします。様々なニキビの種類に合う洗顔フォームの選び方も一緒にお伝えしますので、ぜひ参考になさってくださいね。

様々な種類のニキビに「正しい洗顔」を!

様々なニキビに合う洗顔フォームをお伝えする前に、まずはニキビ肌をケアする洗顔方法についてお伝えいたします。どんなニキビでも刺激は肌を痛めてしまいますので、この方法で肌を健全かつ清潔に保ちましょう。

《正しい洗顔方法》

①手を石鹸でしっかり洗い、汚れや雑菌を落としておく。

②30℃くらい(触れると冷たさも感じるほどの温度)のぬるま湯で、顔を素洗いする。この作業で肌の表面の汚れや汗が落ちる。

③洗顔フォームを泡立てネットなどで泡立てる。目安は片手にいっぱいになるほど。

④洗顔フォームの泡を「Tゾーン→頬→こめかみ→目の周り→口周りと顎」の順に手早く乗せる。

⑤指が直接肌に触れないようにしながら、泡の弾力でくるくるマッサージをするように洗う。

⑥ぬるま湯で洗顔フォームをしっかり流す。生え際や顎付近は残りやすいので特に念入りに。

⑦清潔なタオルで、顔を優しく押さえるようにして水分を拭き取る。

この時NGとなるのは、

・1日に2回以上の洗顔フォームでの洗顔

・顔を指でこするように洗う

・シャワーを使って洗顔フォームを流す

・タオルでごしごし水分を拭う

以上の洗い方です。これらはすべて肌を乾燥させて余計な皮脂を分泌させたり、刺激で肌を痛めてしまいます。

 

乾燥肌由来の白ニキビは「保湿効果のある洗顔フォーム」を

白ニキビ(閉鎖面皰)とはニキビの初期の状態で、毛穴の中に古い角質や皮脂が詰まって塞がり、皮膚が白っぽく1~3㎜ほど盛り上がっている状態を指します。この白ニキビは「乾燥肌由来」「脂性肌由来」のものがあり、肌質によって選ぶ洗顔フォームの種類が違います

まず乾燥肌由来の白ニキビですが、水分量の足りない肌が乾燥を防ごうとして皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまるために発生します。

この白ニキビの洗顔フォームは「皮脂を落としすぎないもの」が最も大切な条件となりますので、強力に皮脂を洗い流してしまう「合成界面活性剤」が配合されているものを避けます。その条件を満たした上で「保湿効果」のある洗顔フォームなら、安心して使えます。

なお「白ニキビにはマイルドピーリングも効果的」と言われますが、確かに一時的には古い角質が取り除かれてスッキリするものの、根本的なニキビの解消には至りません。特に乾燥肌では肌にダメージを与えることになりかねませんので、避けたほうが無難でしょう。

 

脂性肌由来の白ニキビは「オイルフリーの洗顔フォーム」を

脂性肌由来の白ニキビは、大人の場合ホルモンバランスの崩れで起こりやすくなります。

そのホルモンとは男性ホルモン。生活習慣の乱れやストレスなどで多く分泌されるようになりますが、この時皮脂の分泌量も増加させてしまいます。この皮脂が毛穴から上手く排出されず、そのまま留まるとまず白ニキビとなって現れます。なお思春期の白ニキビもこの種類に入ります。

この場合の白ニキビの洗顔フォームはオイルフリーのものを選んで、皮脂汚れを落とすように心がけると効果的です。

 

黒ニキビには「汚れを落とすことに重きが置かれている洗顔フォームを

黒ニキビ(開放面皰)は、鼻やその周囲など皮脂の分泌が特に多いところにできやすいニキビです。

白ニキビの状態から皮脂の分泌がさらに進むと、皮脂が毛穴の中に溜まり毛穴を押し広げます。そして毛穴から表面に出た部分が酸化して、黒く見えます。

また、困ったことに生理の14日前~生理開始までの「黄体期」は男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンが優位になるため、白ニキビが黒ニキビへと進行しやすくなりますので要注意です。

この黒ニキビの洗顔フォームは、余計な油分や成分を含まず、シンプルに汚れを落とすものが最も適しています。黒ニキビの段階ではまだ炎症が起きていないので、いわゆるニキビ用の洗顔フォームも必要ないのです。

なお、黒いものが見えているとつい芯を出したくなるかもしれませんが、ニキビを悪化させる原因となりますので厳禁です。

 

赤ニキビには「ノンコメドジェニックの洗顔フォーム」を

赤ニキビ(赤色丘疹)は、黒ニキビがさらに進行して炎症を起こしたものです。

毛穴に貯まった皮脂に細菌や雑菌が繁殖するのが炎症の原因です。文字通りに赤く腫れて、かゆみや痛みを伴うこともありとても不快なものです。この状態のニキビではなるべく刺激を与えないことが大切となります。

赤ニキビの洗顔フォームは、「ノンコメドジェニックテスト済み(ニキビができにくい処方となっているかを証明するテストのこと)」のものを選ぶと安心です。また合成香料などの、刺激を与える余分な成分が入っていないものを選ぶことも大切です。

 

以上、ニキビと洗顔についてお伝えしました。ところで「ニキビはアクネ菌の繁殖が原因だから、殺菌作用のあるニキビ用の洗顔フォームを使えばいいのでは?」というお声もあるかもしれませんが、殺菌作用のあるものはアクネ菌だけでなく、他の皮膚常在菌も殺菌してしまいます。実はこの皮膚常在菌は外部の雑菌から肌を守る役割があるため、かえって肌に外部の雑菌を繁殖させやすくなり、ニキビが悪化する原因につながってしまうのです。

また、ニキビは洗顔だけではなく、保湿も大切です。また脂っこい食品の過剰摂取や不規則な生活やストレスでできやすくなるため、根本的に身体を健全に保つことも必要となります。逆に言えばニキビを治すことは身体を健康にすることでもあるので、洗顔等でケアをしつつ少しずつ「身体改革」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

ニキビの種類別に選ぶ洗顔フォームは

・様々な種類のニキビに「正しい洗顔」を!
・乾燥肌由来の白ニキビは「保湿効果のある洗顔フォーム」を
・脂性肌由来の白ニキビは「オイルフリーの洗顔フォーム」を
・黒ニキビには「汚れを落とすことに重きが置かれている洗顔フォームを
・赤ニキビには「ノンコメドジェニックの洗顔フォーム」を


連記事