ニキビのしこりが目立つ!痛い!早く治せる5つの方法

ニキビのしこりが目立つ!痛い!早く治せる5つの方法
ニキビが痛いのは、その奥で炎症が起こっている証拠です。こんなニキビは、太い芯がその奥にあるせいで、隠そうとしてもかなり目立ちますよね。軽度のニキビは毛穴に皮脂が詰まっているだけの状態のため、滅多なことでは痛みが出ることはありません。でも、炎症が悪化して赤く腫れ、膿が浮き出てくるまで悪化すると、ニキビを触るだけで「ズキン!」と痛むことが珍しくないのです。

また、大きくなったニキビは、一度治っても再発しやすいですし、皮膚の奥の組織まで損傷した状態のため、適切なケアをしなければ跡が残りやすいという問題点があります。こんな面倒なしこりニキビは、早めに治してしまいたいものですね。

そこで今回は、しこりニキビが痛い時に、治りを早める方法についてお伝えします。



 

ニキビのしこりが目立つ!痛い!
早く治せる5つの方法

 

化粧で無理に隠そうとするのはやめよう


ニキビが目立つほど腫れると、カバー力の高いファンデやコンシーラーで隠したくなるもの。でも、これらはお肌への負担が大きく、ニキビを悪化させることに繋がります

ニキビの炎症がひどい間はノーメイクが理想的ですが、社会人の場合はそうもいきませんよね。そんな時は、敏感肌用や石鹸で落とせるような負担の少ない化粧品を使うようにしましょう

そして、帰宅したらなるべく早めにメイクを落としてすっぴんになるようにするとお肌の負担が小さくて済みます。

 

髪や衣服が患部に当たらないようにしよう


しこりが残るようなニキビが痛いのは、炎症が進んでいるせいです。この炎症の原因の一つに、お肌の外側から加わる刺激があります。

例えば前髪やサイドの髪が触れる位置のニキビだったり、衣服の襟が当たりやすい顎ニキビは赤く腫れたニキビになりやすく、痛いと感じることが多くなります。

ニキビを目立たせないために髪で顔を覆うようにしたくなるのは当然ですが、治りを早めたいならなるべく髪を上げ、ニキビに触れないようにしましょう。また、衣服もハイネックや襟が大きいものを控え、顎に布地が当たりにくいデザインのものを着用した方が良いです。

 

お肌の再生力を高める栄養を摂ろう


お肌に限らず、炎症を早く治すためにはやはり栄養は欠かせません。ニキビが痛い状態、つまり腫れている状態なら、抗酸化作用の高いビタミンCやE、そしてお肌の再生に関わるビタミンAを十分に摂るようにしましょう。ビタミンAは緑黄色野菜、Eはアボカドやナッツに、Cは野菜や果物から摂ることができます。

また、美肌を作るコラーゲンや亜鉛も意識して摂った方が良いでしょう。コラーゲンは鶏皮や魚の皮、軟骨や牛すじ肉からが摂りやすいですね。亜鉛は、牡蠣や牛肉から摂るほか、サプリメントを利用するのが手っ取り早いです。

 

ストレスを溜めず、休養を取ろう


ニキビが痛いといつも気になり、ストレスになりますよね。でも、このストレスこそがニキビを悪化させている原因の一つなのです。

ストレスは交感神経を活発にさせ、全身の血行を悪くするほか、免疫力を低下させてアクネ菌の増殖に負けるお肌を作り出してしまいます。ニキビへのストレスも、それ以外のストレスも、適度に解消する習慣を付けましょう。

また、睡眠を取ることやリラックスタイムを確保することも、身体の回復を早める大切なことです。身体をちゃんと休めると交感神経を鎮めることができますし、お肌へ必要な栄養が行き渡り、回復力を高めることができるからです。

 

生理周期を意識したスキンケアをしよう


女性に多いのが、生理周期によって起こるホルモンバランスの変化でニキビが悪化してしまうということ。このホルモンバランスを意識してスキンケアや健康管理をすると、ニキビが痛い症状が治りやすくなり、美肌が作られやすくなります

一般的な28日周期の場合、生理開始日から14日後の排卵まではお肌の回復力が高く、それ以降はお肌が敏感肌に傾き、ニキビが悪化しやすくなる傾向があります。つまり、新しいスキンケアやお手入れ法を試すなら、生理開始から排卵までの間に行った方が効果が出やすく、悪化しにくいと考えられますよね。

逆に、生理前は普段平気な化粧品からも刺激を受けやすいので、刺激が最低限になるようにするのが治りを早めるコツです。

 

いかがでしたでしょうか。ニキビが痛い、しこりが大きいなどの状態の時にするべきケア方法についてご説明しました。

まだニキビが小さいうちは洗顔やスキンケアをしっかり行うことで対処できますが、炎症が進んだ赤ニキビになると、それは逆効果に繋がることもあり得ます。炎症=身体が弱っている状態ということですから、こうなってしまうと、あまりいじり過ぎないようにして、身体の内側から回復に努めた方が良いのです。

また、ここでは悪化したニキビが痛い状態だと想定してお話ししていますが、もしかしたら、ニキビではない吹き出物の可能性もあります。その場合は、いくらニキビ改善のお手入れをしても効果が出にくいので、皮膚科で対処してもらうようにして下さい。

ニキビが痛いと思ったら、それまでのようなお手入れではどんどん悪化していくばかりです。ニキビの治りを早めることを最優先にして、身体の内側と外側からアプローチしましょう。

まとめ

ニキビが腫れて痛い時に早く治すためには

・化粧で無理に隠そうとするのはやめよう
・髪や衣服が患部に当たらないようにしよう
・お肌の再生力を高める栄養を摂ろう
・ストレスを溜めず、休養を取ろう
・生理周期を意識したスキンケアをしよう