ニキビの芯がキレイになくなるお手軽洗顔術

ニキビの芯がキレイになくなるお手軽洗顔術
ケアしているつもりでもなぜかできてしまうニキビ。白くて目立たない小さなニキビならまだマシですが、赤くはれ上がった芯の太いニキビができると、もう最悪ですよね。触ったら痛いし、とても憂鬱になります。そんなニキビの上には、化粧をしたらいけないような気がしますが、かといって、真っ赤な大っきいニキビを、何も隠さずにそのまま置いておくのも、醜くて引け目を感じてしまいます。

ニキビの芯はブツブツとつぶしてしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。つぶしても、つぶしても、すぐに出てくるものです。つぶすとかえって悪化してしまいますし、汚い跡になって残ってしまうこともあります。ニキビの芯は、指でつぶしたりせずに、まずは、皮膚科に相談しましょう。

ニキビは皮膚科で処方された薬をきちんと塗れば治ってはきますが、それだけでは完璧とは言えません。ニキビの芯は、洗顔でも改善できるのです。というわけで今回は、ニキビの芯がキレイになくなる洗顔術についてお伝えします。



 

ニキビの芯がキレイになくなる
お手軽洗顔術

 

洗顔前に、手を綺麗に洗おう


まずは、手を綺麗に洗いましょう。意外と、顔を洗う前に手を洗うことを忘れる方は多いですが、ここがとても大切です。いろんなものを触った雑菌だらけの手で顔を洗うのは、雑菌を顔になすりつけているようなものです。しっかりと手を洗う事が、ニキビの芯とおさらばする最初のコツです。

 

蒸しタオルで毛穴を広げよう


蒸しタオルを作りましょう。タオルを水で濡らしてよくしぼり、30秒ほど電子レンジで温めます。そして、顔に乗せましょう。そうすることで、顔の毛穴が広がって、洗顔する時に汚れが落ちやすくなります。

 

ぬるま湯で洗おう


いよいよ顔を洗います。熱すぎず、冷たすぎない、ぬるま湯ですすぎましょう。30秒ほどかけてすすぎます。ぬるま湯ですすぐことで、毛穴が広がり、汚れも落ちやすくなります。ただし、この時に、なるべくニキビの芯をこすらないように気をつけましょう

 

泡立てネットを使用しよう


石鹸は、泡立てネットを使うとよく泡立ちます。泡立てネットは、薬局や100円ショップなどで気軽に購入することができます。

市販でよく売っている洗顔フォームよりも、洗顔石鹸を使うことをおすすめします。洗顔フォームには、合成界面活性剤というものが含まれていますが、これが、肌にとても悪いのです。ですから、少しお値段は高めになってしまいますが、洗顔石鹸を選ぶように気をつけましょう。

泡立てネットを使い、石鹸を、これでもかというぐらい、よく泡立てます。ツノが立つくらい、きめ細かい泡を作りましょう。

そして、泡立てた泡を、そうっと顔にのせていきます。この時に気をつけたいのが、ニキビにさわらないこと。ニキビの芯などをさわってしまうと、かえって悪化させてしまいますから、ニキビの芯を、泡で優しく顔を包み込むようにしていきます。小鼻のまわりは、優しく指の腹でこすりましょう。

すすぐ時もぬるま湯で。泡をしっかり落としますが、この時も、なるべくニキビの芯にふれないように、気をつけましょう。

 

タオルで優しく顔をふこう


タオルでゴシゴシとこすったら、ニキビの芯がつぶれてしまいます。そうなってはいけませんから、優しくポンポンとたたいて、水気をとるようにしましょう。タオルでしっかり水滴をとろうとしなくても大丈夫です。

洗面所にいつもぶらさがっていて、家族じゅうが手をふくのに使っているようなタオルには、雑菌がいっぱいついていますから、必ず、清潔なタオルでふくように気をつけましょう

 

お風呂で顔を洗う時には


お風呂で顔を洗う時に絶対にしてはいけないことは、シャワーを直接、顔にあてるということです。確かに、シャワーを直接顔にあてるのはラクですし、手がニキビの芯にふれるということもありませんから、よさそうに思えるかもしれませんが、シャワーの水は強すぎます。顔に強くバシバシと当たりすぎるため、肌にはあまりよくありません。必ず、手ですくって、顔に優しくかけるようにして下さい。

そして、あまり熱すぎるお湯で洗わないこと。ひと肌程度のぬるま湯で洗うということを、お風呂場でも忘れないでください。お風呂場では、ついつい、熱すぎるお湯で洗ってしまいますが、これは、お肌にはあまりよくありません。必ず、ぬるま湯にしましょう。

 

いかがでしたか。ニキビの芯をとりたい気持ちはわかります。けれども、難しいことは、皮膚科の先生にお願いして、自分にできることをしっかりとがんばりましょう。自分にできることは、正しい洗顔です。ただし、ニキビが憎いあまりに、洗顔を一日に何度も何度もするのはやめてください。かえって、ニキビが悪化する原因となります。多くても、朝と晩の二回だけにとどめましょう。

そして、保湿も忘れないでください。ニキビの時には乾燥させる方がよいと思うかもしれませんが、それは間違いです。保湿をしないで、乾燥しておくと、かえって、油脂がたくさん出てしまい、かえってニキビは悪化します。化粧水をつけすぎてもいけませんが、お肌が優しく潤うくらいに、保湿をしましょう

ニキビの芯を見るたびに、暗い気持ちになるのはわかります。けれども、正しい洗顔を行い、皮膚科の薬を塗っていれば、必ずよくなります。その日を信じて、地道にコツコツと、正しい洗顔を続けていきましょうね。

 

まとめ

ニキビの芯がキレイになくなる洗顔術とは

・手は雑菌だらけなので、必ず綺麗に洗おう
・蒸しタオルを顔に乗せて、毛穴を広げよう
・ぬるま湯ですすごう
・きめ細かい泡を立てて、優しく顔を泡で包み込もう
・タオルで優しく顔をふこう
・お風呂で洗う時には、シャワーを直接、顔にかけないように気をつけよう