ニキビ跡を確実に治すスキンケアの3つのポイント

ニキビ跡を確実に治すスキンケアの3つのポイント
いつまでも残ってしまうニキビ跡、さっさと治すことができるといいですよね。ニキビの痛みもなくなったのに、芯も取れたはずなのに、皮膚だけが赤く残ったような状態になっていることがあります。

さらに、治ったと思われたニキビが再発すると、本格的なニキビ跡が残ってしまう不安が絶えません。通常、ニキビが治った後は、メラニンが排出されるのですが、スムーズに代謝が成されないと、メラニンが残ってしまって、シミのような茶色い跡になってしまうからなのです。

ニキビ跡を治すことができないままで、肌がでこぼこになってしまうのはなんとしても避けたいものです。そこで今回は、ニキビ跡を確実に治すスキンケアの3つのポイントについてお伝えします。



 

ニキビ跡を確実に治す
スキンケアの3つのポイント

 

肌に刺激を与えずに、不要な汚れだけを洗い流す洗顔


ニキビ跡を治すには、まず第一に、肌に刺激を与えずに、不要な汚れだけを洗い流す洗顔方法が必要です。ニキビ跡が残ることを気にするあまり、過剰な洗顔を行うのは決して有効とは言えません。

それでは、ニキビ跡を治すために、理想的な洗顔方法をチェックしていきましょう。まずは、しっかりと、手をよく洗うところから始めます。手についた雑菌を落とすということも重要ですが、手をよく洗っておかないと洗顔の際の石鹸の泡立ちも良くなりません。

洗顔料を使う前に、ぬるま湯で素洗いをして、肌を湿らせておきましょう。ある程度の汗やホコリを洗い流して、洗顔料が肌に直接触れた時に刺激にならないようにするための準備です。

洗顔料は、メレンゲ状になるまで泡立てましょう。洗顔料を手に取って、水を加えながら、空気を含ませるようなイメージで、キメ細やかな泡を作ってください。泡立て用ネットを使うのもOKです。

額から鼻にかけてのTゾーンから、指ではなく泡で、小さな円を描きながら優しく洗います。次に、頬からあごなどのUゾーンに泡を乗せてください。肌の汚れを包みこむイメージでキメ細かい泡を馴染ませましょう。目元と口元は、泡を乗せるだけでOKです。

ニキビ跡を治すためには、すすぎは念入りにしましょう。すすぎは、ぬるま湯で20回以上することを目安にして、髪の生え際までしっかりと流してください。

そのあと、清潔なタオルで、水分を吸収するように、優しく顔を押さえていきます。ゴシゴシと刺激を与えないように注意しましょう。洗顔後は、5分以内の保湿ケアも忘れずに行ってください。

 

肌本来の保湿力を向上させる


保湿は肌にとって必要不可欠なのは間違いないでしょう。常識と言っても過言ではありません。十分な保湿で肌が正常なターンオーバーを繰り返すことができれば、ニキビ跡を治すことも可能になります。

そこで、化粧品などで保湿を行う前に見直したいのが、肌本来の保湿力です。健康な肌は、皮脂や天然の保湿成分、細胞間脂質によって守られて、潤いを保つようになっているので、そのバランスを大事にしましょう。

肌本来の保湿力を最大限に引き出すには、天然の保湿成分を含む角質にダメージを与えてはいけません。刺激の強いクレンジング剤や過剰な洗顔はNGとなります。

化粧水や乳液、クリームなどを使う場合は、肌本来の保湿力を大事にして、必要以上に頼ってはいけません。あくまでも「補う」という感覚を忘れないようにしましょう。ニキビ跡を治すには、使用する化粧品も厳選して、シンプルな保湿ケアを行うのが望ましいです。

 

ニキビ跡を治すのに好ましい化粧品を選ぶ


ニキビ跡を治すためには、化粧品選びも重要ですよね。多くの人が知っているニキビ跡のための化粧水は、リプロスキンでしょう。リプロスキンの特徴は、導入型柔軟化粧水で、肌のPH値を一時的に中性、弱アルカリ性にして、肌本来の柔らかさを取り戻すことにあります。

ニキビ跡の気になる部分には、リプロスキンの重ね付けをしてください。そのあと、リプロスキンのジェルクリームなどを併用すると、さらに効果が高まります。朝と夜、洗顔した後にリプロスキンを使用して、肌の奥から改善していきましょう。使い続けて、肌のターンオーバーを正常にしてください。

公式サイトの言葉を借りれば、リプロスキンは、「ニキビは治ったけど黒ずみや赤みが残ってしまった」「ニキビを潰してしまい、肌に凹凸ができてしまった」「ニキビが治っても繰り返しできてしまう」という人たちにオススメの化粧水です。

 

以上、ニキビ跡を治すスキンケアについてお伝えしました。ニキビ跡をきれいに治すには、肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりであるターンオーバーがキーポイントになります。

ターンオーバー周期には個人差がありますが、美容に関する資料などによると、約28日~56日といったところでしょう。ターンオーバーを正常に保つためには、十分な睡眠時間、規則正しい生活、バランスの良い食生活、ストレスフリーなどの条件が必要となります。

その上で、スキンケアをしていけば、健康な肌を取り戻せるので、肌に刺激を与えない、不要な汚れだけを洗い流す洗顔を心がけましょう。洗顔したあとの保湿は、ニキビ跡を治すケアに適している化粧水で補ってくださいね。

 

まとめ

ニキビ跡を治すスキンケアは、

●肌に刺激を与えずに、不要な汚れだけを洗い流す洗顔。
●刺激の強い化粧品、過剰な洗顔はNG。
●ニキビ跡を治すのに合った化粧品を選ぶ。