ニキビを潰すのはNG?セルフケアの正しい知識と対処法

ニキビを潰すのはNG?セルフケアの正しい知識と対処法
顔やからだにニキビが出来ると気になってしまうもので、ついつい手で触ってみたり、場合によってはニキビを潰すこともありますよね

ニキビができると、皮脂はニキビの原因だからといって、洗顔などで必要以上に皮脂を取ってしまうことがありますが、これはNGです。皮脂は毛穴から顔などの表面に出てくることで肌を保湿し、乾燥を防いでくれる大事なものです。ただ、それも出過ぎてしまうと毛穴詰まりを起こしてニキビの原因となります。

また、ニキビを潰すという行為は、現在のニキビの状態や衛生面、処置方法をキチンと把握していれば治りが早くなることもあります。しかし、誤った方法ではニキビが増えてしまったり、跡が残る事もありますので、セルフケアとしてはあまりオススメ出来ません。

そこで今回は、ニキビを潰すのは良いのかなど、ニキビの根本的解決のために行うセルフケアの正しい知識と対処法についてお伝えします



 

ニキビを潰すのはNG?
セルフケアの正しい知識と対処法

 

ニキビとの上手な付き合い方を知ろう


朝起きて鏡を見ると、新しいニキビが出来ていた、なんていうことはよくあります。急いでいる朝や外出前に目立つ場所にニキビがあると、ついついニキビを潰すことでその場しのぎの対処をしてしまうこともあるでしょう。ニキビを作らないように気を付ける事は大切ですが、出来てしまったら正しく対処する必要があります。

まだ赤く炎症を起こしていない初期のニキビは白ニキビと呼ばれ、毛穴が詰まり、皮脂が溜まってきている状態です。不規則な生活やストレスの蓄積、洗顔などが不完全な状態になると肌の代謝が乱れ、毛穴が汚れで塞がれて発生します。この白ニキビはニキビを潰すことが出来ないほど小さなものもありますから、この段階でニキビを無理に潰す必要はありません

肌をきれいに保ちながらしっかり保湿出来れば、乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐことが出来ます。そのために、洗顔は優しく洗い、皮脂を取り過ぎないようにしましょう。肌の代謝はターンオーバーと呼ばれ、肌が新しく生まれ変わる周期を指します。このターンオーバーを常に正常に保つことで、初期のニキビの進行を防ぐことができます。そのため、充分な睡眠やバランスのとれた食事がとても重要です。

初期のニキビは、普段の生活の乱れやストレスを改善するための指針にもなります。セルフケアを行うための基本として覚えておきましょう。

 

炎症ニキビは基本のスキンケアを特に重視しましょう


炎症ニキビは、赤ニキビと呼ばれる赤く腫れたニキビです。これは初期の白ニキビの段階で潰すことで出来たり、触ってしまい症状が酷くなってしまったもの、生活の乱れが改善されずにいることで引き起こされることがあります。対処法としては、洗顔などのスキンケアを正しく行うことや、生活改善はもちろんですが、症状によっては医療機関に相談することも必要です。

赤ニキビとは、普段、ウイルスなどから肌を守る役割を持っているアクネ菌(肌の常在菌)が、皮脂を分解することで炎症が起こるニキビです。アクネ菌は酸素が少なく脂の多い環境を好むので、毛穴の詰まっている状態や皮脂の過剰分泌が起こっている環境が大好きなのです。

まずは普段のスキンケアを見直しましょう。洗顔は汚れや毛穴の詰まりを解消するために行います。正しいスキンケアはすぐ結果につながるものではありませんが、効果は確実に表れてきます。また、洗いすぎやこすり過ぎは肌が乾燥したり傷がつくのに加え、ニキビを潰す事にもつながりますので気を付けましょう。

また、ホルモンのバランスが崩れていることで皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。食事内容を見直して、正しい洗顔などのスキンケアを継続して行いましょう。

 

正しい洗顔のやりかたを確認しましょう。


ニキビに悩む人がすぐに実行できるセルフケアの1つは洗顔などのスキンケアです。肌は、化粧や皮脂などの汚れを放置すると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ発生の一因になります。しかし、洗顔だけでニキビを治そうとすると、ついつい洗いすぎてしまうので気を付けましょう

また、直接顔にシャワーを当てることや熱い温度は刺激となります。洗顔する上で刺激となることは避けましょう。

最初はぬるめのお湯を清潔な手ですくって顔を濡らしておきます。もし汗などをかいてしまって1日2回の定期的な洗顔の他にも洗いたい場合は、この方法だけで汗などを洗い流してください。

次は洗顔料で洗いますが、手でこすらず泡で洗うようにしましょう。ニキビが気になってついつい手でやりがちになりますが、ニキビを潰すことにもなりますので気を付けましょう。泡は手や泡立てネットを使って細かく、固さのある泡が理想的です。この時、泡が大きすぎたり固さがゆるいようなら水の量が多すぎるか、一度に加える水の量が多すぎという事になります。

すすぎはぬるめのお湯でまんべんなく落としきってください。ここが不十分だと、肌の汚れとして残ってしまいます。すすぎ終わったら、清潔なタオルで刺激を与えないように顔をおさえる程度にして水分を拭き取ります。保湿ケアはすぐに行うことで肌の水分蒸発を防いでくれます

洗顔に刺激は大敵です。特に普段使用している洗顔料自体が刺激性の強いものだった場合は、ニキビを悪化させている原因にもなりえます。正しい洗顔のためにも、自分の洗顔する環境を見直すことは大切です。

 

セルフケアの基礎となる食事を見直そう


普段の食事を見直すと、肌が定期的に新しくなるターンオーバーが正常化したり、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌を整えてくれることが期待できます。ニキビの予防や悪化を防ぐためにも食品添加物の取り過ぎや、糖質、脂質の取り過ぎは注意が必要です。

普段の食事で、ビタミン類や食物繊維、タンパク質や炭水化物などをバランスよく摂取出来れば、肌だけでなく、からだそのものの健康につながります。バランスのとれた食事を意識した上で、ニキビのために食べるのを控えたほうがよいものを知っておきましょう。

脂質や糖質の多い食事はその分、皮脂の過剰分泌となってニキビ発生の原因や悪化の原因となってしまいます。油で揚げた食事やお菓子、甘いケーキやジュースはなるべく控えるようにしましょう

食品の中には着色料や酸化防止剤などが使用されているものも見かけます。これらは食品添加物と呼ばれ、長期的に摂り過ぎると体内の活性酸素を増加させてしまい、肌荒れやニキビの原因にもなります。果物や野菜でビタミン類を補うことで活性酸素を除去する効果や肌の再生を助けてくれる効果が期待できるでしょう。

香辛料などの刺激物は内臓に負担がかかるほか、ニキビが発生している状態で摂り過ぎると、交感神経が刺激されて皮脂の過剰分泌などが起こり、悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

 

いかがでしたか。今回はニキビのセルフケアについての正しい知識と対処法についてお伝えしました。初期のニキビから正しく対処することが出来れば、その後の悪化を防ぐだけでなく、ニキビを潰すことなく沈静化させることも可能です。

それでも顔に出来たニキビは気になるもので、ついつい触ってニキビを潰す、洗顔を必要以上にやりすぎてしまう、といったことをしてしまいがちです。これでは肌の皮脂が過剰分泌を起こしたり、乾燥しすぎて肌にとっては休まる暇もなくストレスとなって新たなニキビ発生にもなりかねません。

正しい洗顔や食事を見直すことで肌の生まれ変わる周期が正常になったり、体質改善にも効果が期待出来ます。これらはニキビの出来にくい状態にするのに加えて、綺麗な肌作りには欠かせない工程です。

今後もニキビを出来にくくするために、キレイな肌を保ってからだの中からもキレイになりましょう。今回お伝えした知識や対処法を継続して実行していくことで、あなたのニキビの悩みは確実に解消されるはずです。

 

まとめ

ニキビのセルフケアについての正しい知識と対処法

・ニキビとの上手な付き合い方を知ろう
・炎症ニキビは基本のスキンケアを特に重視しましょう
・正しい洗顔のやり方を確認しましょう
・セルフケアの基礎となる食事を見直そう