気になるニキビの膿は出してもいいの?正しい3つの対処法

気になるニキビの膿は出してもいいの?正しい3つの対処法
ニキビが膿んで先端が黄色くポッチリ浮き出てくると、ついつい潰して膿を出したくなってしまうという人はたくさんいますよね。でもこのニキビの膿、気になるからと安易に押し出したりしても良いものなのでしょうか

ニキビは、素人判断で潰したり膿を出したりすると跡が残ったり、毛穴がクレーター状に広がってしまうことがあります。一時の気の迷いで、一生残る跡ができてしまうのは誰だって嫌なものです。

では、化膿したニキビの対処法は、一体どうすれば良いのでしょうか。ニキビが軽いうちは色々なケアを試せても、赤く化膿してしまうと、まさに「腫れ物に触る」ように慎重になってしまう人も少なくないはずです。

そこで今回は、ニキビが膿んでしまったときの正しい膿の出し方や、してはいけないことなどについてお伝えします



 

気になるニキビの膿は出してもいいの?
正しい3つの対処法

 

化膿したニキビは、正しい方法なら膿を出した方が良い


化膿したニキビは、その先端が黄色く浮き出てくることから黄ニキビと呼ばれます。ニキビには、軽い順から白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビとたくさんの種類がありますが、ご覧の通り、黄ニキビは悪化が進んだ最終段階と見て良いでしょう

そんな凶悪な黄ニキビですから、無理に膿を出したりせずに自然治癒するのを待った方が良いのでは……と思われがちですが、実はそうとも言い切れません。ニキビの膿を放っておくと、そのままどんどん炎症が進んで悪化していくことが多いからです。

でも、ただ指で適当につまんでニキビの膿を出すのではいけません。それこそ、ニキビを悪化させる原因となったり、醜い跡が残ることになってしまうからです。

本来は皮膚科などで膿を出してもらうのが安全ですが、ニキビが密集していたり、炎症が酷くなければ自分でも膿を出すことができます。その方法について、次項でご説明します。

 

正しい膿の出し方とは


では、正しいニキビの膿の出し方です。事前にメイクを落とし、きれいに洗顔しておきましょう。乾燥が酷くなければ、化粧水などを付ける前に膿を出した方が良いです。

用意するものは、消毒された細い針、消毒されたガーゼかコットン、マキロンなどの消毒液です。針ではなく爪楊枝なども使えますが、なるべく細いものの方が皮膚へのダメージを小さくできるので、先端が細い裁縫用の針の方がおススメです。

まず、ニキビがある周辺の皮膚をマキロンなどで消毒し、黄色く膿が浮き出ている皮膚の先端に針で軽く穴を開けます。あくまで皮膚にだけ穴を開けたいので、強い力でブスッと刺さないように気を付けましょう。

穴が開いたら、周辺の皮膚を優しく押し、何も出てこなくなったら洗い流すかガーゼやコットンで拭き取り、消毒液で消毒して完了です。後は、あまり患部に触れないようにして優しく化粧水などでお手入れしましょう。

ここで気を付けたいのは、穴を深く開けないこと、そしてニキビの膿を出す際にグイグイ押して奥にある芯まで出そうとしないことです。ニキビは、表面に浮き出た膿を出すことで治りが早くなりますが、毛穴の奥に溜まった膿を出すと毛穴中に炎症が広がり、悪化してしまうからです。

 

こんな状態のニキビは潰してはいけない


以上のような黄ニキビは膿を出すべきだとお伝えしましたが、膿を出す、つまり潰すのはNGのニキビもあります。まず、まだ膿が皮膚の奥深くに潜んでいる状態の「赤ニキビ」の段階のときは自分で膿を出すのはやめた方が良いでしょう。自分で行うなら、赤ニキビの状態よりも少し進行し、皮膚の表面に黄色い膿が浮き上がって来てから行った方が跡になりにくいとされています

また黄ニキビでも、狭い面積に密集していくつもできているときは、慎重に潰しても毛穴同士が繋がってクレーター状になりやすいです。たくさん黄ニキビができている時は、自分で潰そうとせずにニキビ治療を専門に行っている皮膚科で処置してもらった方が良いでしょう。

そして、自分で膿を出しているのに何度も再発する頑固なニキビも要注意です。何度も再発するということは、自分で膿を出しても治らないところまで悪化している可能性がありますし、いくらお肌に優しい方法でも、数回繰り返せばお肌へのダメージが蓄積してやはり跡になってしまうことがあるからです。

 

いかがでしたか。ニキビの膿の正しい出し方についてご説明しました。

ニキビは、白ニキビや黒ニキビのうちはメイクで隠しやすいですが、赤ニキビや黄ニキビは腫れも大きくなりやすく、メイクではなかなか隠せませんよね。でも、ニキビの膿を放っておくとそこから悪化しやすいため、コンディションが良ければ適切な方法で膿を出した方が良いとされています。

もちろん、本文中でご紹介したようなNGケースに当てはまる時はいけませんが、そうでなければ自分で膿を出してあげるべきなのです。「ニキビ=潰してはいけない」という定説がありますが、これは必ずしも正しいとは言い切れません

ニキビの膿は、状況によっては自分で出しても問題ないものだということを、覚えておきましょう。

 

まとめ

ニキビの膿を出すための3つの対処法は

・化膿したニキビは、正しい方法なら膿を出した方が良い
・正しい膿の出し方は、消毒した針で皮膚に穴を開け、表面の膿のみを出してから消毒する
・膿が奥にある赤ニキビや密集した黄ニキビ、再発を繰り返すニキビは自分で潰してはいけない