ニキビができにくい肌に!毎日摂りたいビタミン5種

ニキビができにくい肌に!毎日摂りたいビタミン5種
「ニキビにはビタミン」とすぐに思いつくぐらい、ニキビとビタミンの関係は深く、切っても切れないものと言えますよね。体の中でビタミンが不足してしまうとニキビなどの肌荒れの他にも様々な症状が出てきてしまいます

さらに、ニキビに有効なビタミンはほとんど体の中で作られないので、毎日の食事などから意識して摂取する必要があります。場合によってはサプリメントで補うのも効果的と言えますが、サプリメントだけでビタミンを補おうとすると、野菜から摂取出来るはずの食物繊維が不足するなど栄養バランスの偏りが出てくるので注意が必要でしょう。

また、ニキビに有効なビタミンは野菜だけでなく、肉類、魚類、豆類、果物などさまざまな食材に含まれています。まずはニキビに有効なビタミンを知り、それらがどの食材に多く含まれているかを知っておきたいところです。

そこで今回は、ニキビができにくい肌を実現するビタミン5種についてお伝えします。



 

ニキビができにくい肌に!
毎日摂りたいビタミン5種

 

皮脂をコントロールするビタミンB2を摂取しよう


ニキビに有効なビタミンと言われているのがビタミンB群です。特にビタミンB2は皮脂の質や分泌量に関わるなど、肌環境への貢献度が高いビタミンと言えます。

ストレスは肌環境を悪化させてニキビが出来やすくなると言われますが、これはストレスを受けると活性酸素が増加して脂質を酸化させてしまう働きのせいでもあります。ビタミンB2はこれらの酸化した脂質を分解する働きをしてくれますので毛穴の黒ずみやシミなどを防いでくれます

また、ビタミンB2は脂質や糖質を体で使うエネルギーに変換する代謝を行ってくれるので、皮脂の量をコントロールして適切に保つ役割もあるのです。もし、皮脂が多い場合やシミ、シワが目立ってきた場合はこのビタミンB2の不足が考えられますので、適切に摂取する必要があるでしょう。

ビタミンB2は納豆、うなぎ、レバー、サンマ、しいたけ、焼きのりなど多くの食材に含まれています。また、ビタミンB2は水溶性なので毎日摂取する必要があります。過剰摂取した分は体外へ排出されるため副作用の心配はありませんが、サプリメントでは摂り過ぎに注意しましょう。

 

ビタミンB6は皮膚の健康を保ちます


ビタミンB6はニキビができにくい肌に欠かせないもので、主に肌のターンオーバーを促して正常にしてくれる働きをします。ニキビができやすい肌は、肌のターンオーバーが異常であることが多く、古い角質が肌に残ったままで毛穴詰まりの原因にもなってしまいます。

ニキビに有効なビタミンでもあるビタミンB群ですが、実はビタミンB6とビタミンB2にはそれぞれの代謝の働きなどを支え合う一面もあるので、どちらかを摂取したほうが良いと言うよりは、どちらもバランス良く摂取するほうが相乗効果も得られるでしょう。

また、ビタミンB6はレバー、卵黄、しいたけ、焼きのりなど、ビタミンB2が多く含まれている食材から一緒に摂取することもできるので、どちらかが不足する事のないように食事に取り入れましょう。

ビタミンB6は他にも、バナナ、にんにく、生マグロやサバにも多く含まれています。こちらも水溶性ビタミンなので、毎日意識して摂取することが大切です。ビタミンB2ともバランス良く摂取しましょう。

 

ビタミンCはニキビケアに欠かせません


ビタミンCはとても有名なため、その効能などを知っている人も多いでしょう。もちろんニキビにも有効なビタミンで、ニキビができる前のケアやできた後のケアなどをしてくれる、ニキビケアに欠かせないビタミンの1つです。

働きとしては、ニキビ発生の原因であるストレスによる脂質の酸化から肌を守ってくれます。さらに、発生したニキビの炎症を抑える働きやニキビ跡を修復するコラーゲンを合成する手助けをしたりと、ニキビにとって大切なビタミンなのです。

ビタミンCはストレスを受けた時や喫煙など、ニキビケア以外でも良く使われるビタミンなのに加え、体に溜めておくことのできないものなので、日頃から意識してこまめに摂取する必要があります

ビタミンCは野菜や果物などの熱を加えないで食べる食材から多く摂取することができます。レモンやアセロラ、キウイフルーツ、ブロッコリーやピーマンなどにも多く含まれています。

 

ニキビ予防にはビタミンAが効果的


ビタミンAは粘膜を正常に保ち、病気から体を守ってくれたり、目の健康にも欠かせないビタミンです。

さらに肌の乾燥を防いだり、肌のターンオーバーを正常化するなど、ニキビを予防するビタミンとして効果があります。また、さまざまな肌トラブルを防ぐためにもなくてはならないビタミンと言えます。

ビタミンAを摂取するには動物性由来と植物性由来のものがあり、動物性由来はうなぎや鶏レバーに多く含まれており、植物性由来のものは焼きのり、にんじん、モロヘイヤなどに多く含まれます

しかし、ビタミンAはビタミンB2やB6、ビタミンCの水溶性と違い、体内に蓄積されるビタミンなので、過剰摂取には注意をしたいところ。植物性由来のビタミンAであれば、必要に応じて体の中でビタミンAに変化するので、摂り過ぎた分はビタミンAに変化せずに体外へ排出されます。

通常の生活ではビタミンAが不足することはあまりありませんが、サプリメントなどで過剰摂取すると必要以上に体に蓄積されてしまうので気を付けましょう

 

ビタミンEがホルモンバランスを整える


ビタミンEにも強い抗酸化作用や血流改善による肌のターンオーバーを正常化する効果があります

さらに毛穴の角栓や角質層が硬くなってしまうような、男性ホルモン優位の状態はニキビができやすい肌と言えますが、ビタミンEはこのようなホルモンバランスの乱れからくるニキビを防ぐのに効果的なビタミンなのです。

また、ビタミンEも体内に蓄積されるビタミンなので、水溶性ビタミンのように多めに摂取しておく必要はあまりありませんが、過剰摂取の影響はビタミンAほどではありません。目安量としては、毎日7mgから10mgほどの摂取量になるようにすると効果的です。

食材ではたらこやうなぎ、いくら、かぼちゃ、アーモンドなどに多く含まれています。特にアーモンドは約20粒ほどで一日のビタミンEを摂取できるので、足りない分を簡単に補うことができます。

 

いかがでしたか。今回はニキビができにくい肌を実現するビタミン5種についてお伝えしました。

ビタミンは体の中で他の栄養素がうまく作用できるようにサポートする役割をしていますが、ビタミンにはそれぞれ相互作用があるものもあります。一概にどのビタミンが体に一番良いというものはありません。また、今回紹介したビタミン以外もバランス良く摂れると理想的でしょう。

脂質や糖質、タンパク質もビタミンが無ければ体の中での働きも半減してしまいますし、その逆もまた同じです。ビタミンが不足することで体の働きや機能が低下し、そのことがニキビなどの肌トラブルとして表れるのです。

特にビタミンB2やB6は脂質や糖質、たんぱく質を脂肪として溜め込まずに代謝を行ってくれることから、ニキビに有効なビタミンだけでなく、ダイエット効果にも優れたビタミンと言われています。是非、これらのビタミンを多く含む食材を意識して摂取するようにしましょう。

なかには過剰摂取に注意しなければならないビタミンもありますが、ほとんどはサプリメントによる過剰摂取なので、サプリメントの摂り方には注意が必要です。

ビタミンはバランス良く摂取することで、ニキビができにくい肌になりますので、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

まとめ

ニキビができにくい肌を実現するビタミンとは

・皮脂の多い肌はビタミンB2を摂取しましょう
・ビタミンB6は肌のターンオーバーを正常化してくれます
・ビタミンCは使用頻度が高いのでこまめに摂取しよう
・ビタミンAは乾燥肌に有効ですが過剰摂取には注意が必要
・ビタミンEを手軽に摂取してホルモンバランスを整えよう