ニキビに効くビタミンとは?効果的な5つの摂取法

ニキビに効くビタミンとは?効果的な5つの摂取法
ニキビに効くビタミンとしては、ビタミンB群というのが一般的に知られていますよね。ニキビがやたらとできる時や、普段はつるつるお肌なのにニキビができてしまった時、ニキビの原因はいろいろ考えられますが、ビタミン不足もニキビの主な原因として挙げられます。現代の食生活やストレス社会では、ビタミンがとっても消耗しやすく、しかも、野菜や食品自体に含まれるビタミンやミネラルも昔より減ってしまっているのです。

ニキビ予防の為にもビタミンはサプリメントなどを使って充分に補ってあげたいところですし、食事から摂取する場合もビタミンを効率よく摂取するために調理方法や摂り方も工夫していきましょう。そこで今回は、ニキビに効くビタミンにはどんなものがあるのか、また効果的に摂取するための5つの摂取方法についてお伝えします。



 

ニキビに効くビタミンとは?
効果的な5つの摂取法

 

ビタミンCはストレス、皮脂分泌を抑制して皮脂づまりによるニキビを防ぐ


ビタミンCは、美白のイメージが強いビタミンですが、ニキビへの効果もあるビタミンでもあります。活性酸素を除去してストレスに対抗し、ストレスによる肌の代謝異常を予防し、ニキビを防ぎます。また、皮脂分泌を抑制する働きがあるので、皮脂づまりによるニキビも防いでくれます。ニキビのためにビタミンCはこまめに補給しましょう。水溶性ビタミンなのでまとめて摂取するよりこまめにが効果的です。食べ物では、レモンやキウイ、アセロラやローズヒップに多く含まれています。過剰摂取で下痢が起こることがあるので、外出時に下痢にならないよう摂り過ぎには注意しましょう。

 

ビタミンB群は皮脂分泌をコントロールし皮脂づまりによるニキビを防ぐ


ビタミンB群は、タンパク質や炭水化物・脂質の代謝に不可欠なビタミンですから、皮脂分泌をコントロールするのでニキビ予防には欠かせないビタミンです。しかし、欠かせないビタミンにもかかわらず、食事からは不足しやすいビタミンと言えます。なぜなら現代人は白米や白いパン・麺類が主食ですが、これらは精製されることでビタミンBが少なくなってしまっていますし、炭水化物の代謝のために体内のビタミンBを消耗しやすいのです。また、甘いものや炭水化物をよく食べる人はビタミンBが不足しやすいので、きちんとビタミンBを補給することがニキビ予防に大切です。

ビタミンBは、B1は豚肉に、B2はレバーや卵などに多いですが、ビタミンB群を総括しているような食品はないので、バランスよく食事を摂ることが大切です。難しければサプリメントのお世話になりましょう

また、GI値の低い食品を食べることもニキビ予防に繋がります。なぜなら、GI値が低くなることで血糖値の急上昇が防げるので、ビタミンBの消耗が防げるためです。「白米では脚気になるが麦ごはんではならない」と昔言われたのは、麦ごはんにビタミンB1が多いわけではなくて、食物繊維が多いため血糖値の上昇が抑制されてビタミンB1の消耗を防ぎ、脚気を防げたからだといわれています。

ビタミンBは、サプリメントで過剰摂取すると体内でマグネシウム不足という現象が起き、便秘になることがあるので注意しましょう。また、ビタミンB群は連携して働いていますから、どれか1種類だけを過剰摂取するとバランスを崩して体調不良になることがあるので、ビタミンB群はバランスよく摂取しましょう。

 

ビタミンAは代謝を促進しニキビを押し出す


ビタミンAは、新陳代謝を活発にしてニキビを治りやすくするという効果があります。ニキビ跡のメラニン色素もビタミンAの力で代謝され排出されていきます。代謝がきちんと行われていると皮脂づまりが起こりにくく、ニキビができるのを予防できるという働きもあります。

しかし、このビタミンAは脂溶性ビタミンなので体に蓄積しやすく、過剰症が起きる可能性がありますサプリメントやレバーなどを過剰摂取するとビタミンAの過剰症が起きやすいので気を付けましょう。ただ、βカロテンという形で摂取すると、この過剰症の心配がなくなります。

βカロテンは緑黄色野菜に含まれる色素成分ですが、これは健康上の過剰症がなく、体内で必要な分だけがビタミンAに変換されるという性質を持っているのです。なのて、緑黄色野菜を食べればビタミンAを意識して摂取しなくても大丈夫、ちゃんとニキビに効果があります。ただし、βカロテンは過剰摂取によって肌が黄色っぽくなるので気を付けましょう。また、βカロテンはサプリメントで過剰摂取すると肝臓に害がでると言われていますので、野菜から摂取するようにしましょう

 

ビタミンEは血行を良くしターンオーバーを促進、ニキビを押し出す


アーモンドなどに多く含まれるビタミンEは、活性酸素を除去して細胞を酸化から守ってくれる脂溶性ビタミンで、肌を酸化から守り毛穴の皮脂が酸化してニキビができるのを防いでくれる効果があります。また、ビタミンEは血管を拡張して血行を良くするので、ニキビに効果的なビタミンや必要なミネラルが細胞に行き渡り、ターンオーバーが正常に行われやすくなるのでニキビの予防に役立ちます。また、ニキビ跡を治すのにも役立つビタミンです。しかし、このビタミンEは過剰摂取するとニキビ悪化や骨粗鬆症リスクが高まることが報告されているので、過剰摂取には気をつけなければならないビタミンです。

サプリメントにしてもアーモンドにしても過剰摂取に気をつけてビタミンEを補うようにするとよいでしょう。

 

ビタミンDはカルシウム吸収を促進し、ストレスによるニキビを防ぐ!


ビタミンDはカルシウムの吸収を高めてくれるビタミンです。カルシウム不足によるイライラやストレスは、男性ホルモン増加に伴う皮脂分泌促進や、毛穴の収縮によって起こる皮脂づまりからくるニキビが起こりやすくなります。しかし、カルシウムを摂取することでイライラへの抵抗力が高まり、ストレスによるニキビが予防できます。そして、そのカルシウムの吸収を助けてくれるのがビタミンDなのです。

ビタミンDは、食品では魚に多く含まれていますが、太陽光に当たりさえすれば体の中でたくさん生成されるので問題ありません。日に焼けるのが嫌で紫外線を避けているという人は、度が過ぎるとビタミンDが生成されないので気を付けましょう。ではどのくらい浴びたらよいのかというと、1日分のビタミンDが体内で生成されるには、冬場の晴れの日の太陽光の強さだと、沖縄では8分くらい、関東では20分くらい、北海道では40分くらいの日光浴が必要といわれています。これは顔と両手が日光に当たっているという条件の元での実験です。

また、ビタミンDか不足するとうつ病になるといわれていて、日射量の少ないヨーロッパでは冬季うつ病というのも当たり前のようですから、最近元気がないという人は部屋にこもりがちでないか、太陽光に当たっているかというのを振り返ってみてください。そしてビタミンDによってカルシウムの吸収を促進しニキビやイライラ対策しましょう。

 

いかがでしたか。ニキビを防ぐビタミン5つについてお伝えしました。ストレスに対抗してニキビを抑えるビタミンC、それから皮脂分泌を調整してニキビを防ぐビタミンB、ターンオーバーを高めてニキビを押し出すビタミンA、血行を良くしてニキビを防ぐビタミンE、カルシウムの吸収を高めてストレスに対抗しニキビを防ぐビタミンD。これらを必要量満たすことを心がけて摂取していってくださいね。これらのビタミンにはニキビの改善や予防だけではなく様々な健康効果や美容効果もありますので。

例えばイチゴやキウイや柿にはニキビを防ぐビタミンCが豊富ですから、デザートやおやつにいかがでしょう。また、豚肉は肌に良いタンパク質とニキビに良いビタミンB1が豊富で他のお肉より圧倒的にビタミンB1が多いんですよ。サプリメントだけでなく何を食べるのかにも気を付けて、ニキビに効くビタミンを摂取していきましょう。

まとめ

ニキビを治す&予防するビタミン5つとは

・ビタミンCはストレス、皮脂分泌を抑制して皮脂づまりによるニキビを防ぐ
・ビタミンB群は皮脂分泌をコントロールし皮脂づまりによるニキビを防ぐ
・ビタミンAは代謝を促進しニキビを押し出す
・ビタミンEは血行を良くしターンオーバーを促進しニキビを押し出す
・ビタミンDはカルシウム吸収を促進しストレスによるニキビを防ぐ