ニキビ予防は食習慣から!綺麗な肌を作る5つの食材

ニキビ予防は食習慣から!綺麗な肌を作る5つの食材
出来てしまうと気になって仕方なくなるニキビは、あらかじめ予防して出来ないようにするのが一番ですよね。そのためにはまず原因を知ることが大切です。

ニキビは10代の若者だけでなく、大人でも悩んでいる人が多く厄介なもの。そんなニキビは出来る場所によって原因も様々です。

例えば、おでこのニキビはホルモンバランスの乱れが原因と言われておりますし、頬ニキビの原因は生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレスによることが多いです。

ただ、どのニキビにも共通する原因が「食生活の乱れ」です。ニキビを予防したいなら、まずは食生活を整えることが何よりも先決と言えるでしょう。

では実際にどんな食材がニキビ予防になるのでしょうか。ニキビを予防するには、バランスの良い食生活が大切になりますが、特に摂取したほうが良い栄養素があると言われています。

そこで今回は、ニキビ予防におすすめの食材を、栄養素別にお伝えします。

 

ニキビ予防は食習慣から!
綺麗な肌を作る5つの食材

 

ほうれん草 ( ビタミンA )

ほうれん草には、ビタミンAが豊富に含まれていて、肌の生まれ変わりの周期を正常化する働きがあります

ビタミンAは特に鼻ニキビの原因になる毛穴づまりに有効に働きます。肌は常に新陳代謝繰り返していて、新しい細胞へと生まれ変わっています。この周期を28日ぐらいに保つことで、健康で美しい肌を作り出すことが可能になりますが、ビタミンAは肌の活性化を促すことにより、炎症などを起こしたところを徐々によくしていきます

また、ほうれん草は他のビタミンAを含む野菜よりβカロチンの含有量が多く、調理しやすいのでおすすめです。

ただ、ビタミンAは過剰摂取に気を付けたいところ。野菜からの摂取で過剰摂取になることはありませんが、併せてサプリメントを摂る際は、十分気をつけましょう

ほうれん草の力で、ニキビ予防をして綺麗な肌になりましょう。

 

豚レバ ー ( ビタミンB群 (B2、B6) )

豚レバーにはビタミンB群が多く含まれており、脂質代謝を整えてニキビの悪化を防ぐ役割があります。 脂質の過剰分泌を防ぐと同時に、ターンオーバーをケアしてくれる美肌ビタミンです。

ビタミンB群には、実は8種類あります。そして、特にニキビに関連が深いのが、ビタミンB2、B6の2種類になります。

ビタミンB2は、脂質代謝を促す栄養素になります。ビタミンB6は、肌の生まれ変わりをサポートし、皮膚や髪に栄養を与えてくれます。豚レバーは、他の食材と比較して含有量がトップクラスである為、少量で栄養素を摂取出来るのでおすすめです。

 

パプリカ ( ビタミンC )

パプリカには、肌荒れの改善や美白の効果があり、ニキビにも力を発揮します。普通ビタミンCはサラダなどにして、生で摂取しないと取りにくい栄養素ですが、パプリカは熱を加えても栄養素が壊れることがありません。よって、肉と一緒に炒めても威力が衰えることがないのです。

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、活性酸素を無害化する作用があります。この活性酸素は免疫や異物の除去など身体に必要なものですが、過剰になってしまうと細胞を傷つけ、それに害を与えてしまいます。

ニキビの原因の一つであるストレスを感じると、体内に活性酸素が多く発生し、ビタミンCをどんどん消費してしまいます。ビタミンCが不足すると、肌のターンオーバーが乱れ、皮脂を毛穴から排出することができずニキビや肌荒れを招いてしまうのです。

また、ビタミンCには過剰な皮脂分泌を抑制する働きもあるので、ニキビ予防にはビタミンCを充分に摂取することが重要です。

 

アーモンド ( ビタミンE )

アーモンドのビタミンEは抗酸化作用の高い栄養素であり、酸化を防止する効果が高いことが知られています。若返りのビタミンとも呼ばれるほど、体内の活性酸素の除去が期待出来る栄養素です。

ビタミンEの過剰摂取は、骨粗しょう症を引き起こす可能性があります。サプリメントが広く普及している今、ダイエット中の摂取量には十分な注意が必要です。

アーモンドは、1日に2~3粒(2~3g)ぐらいの摂取が良いでしょう。また、ビタミンCと相性が良いので一緒に摂取すると効果がアップします。

ニキビや吹き出物など肌トラブルに効果があると言っても、サプリメントと一緒に摂取するのは、避けたほうが良いでしょう。

 

じゃがいも ( 食物繊維 )

じゃがいもに含まれる食物繊維を上手に摂ると、腸内環境を良くし、便秘の解消にも良い効果があると言われています。また免疫機能向上が期待できるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に役立ち、健康そのものに良いとされています。

ですが、食物繊維には、実はいくつか種類があって、正しい知識を身につけないと、逆に腸内環境を悪化させてしまうこともあります。

食物繊維には大きく分けて2種類、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、ネバネバした食品や果物など、基本的に水分の多いさらっとした食感が特徴です。水溶性食物繊維は、読んで字のごとく、水に溶けて便を柔らかくする効果があります。

不溶性食物繊維は、根葉類やおからなどに含まれていて、モソモソした食感が特徴です。こちらは便のカサを増して腸のぜん動運動を促す効果があります。

水溶性食物繊維であれば、腸のぜん動運動が弱まっていても、便が柔らかければすっと出てくるので、特に腸の周りの筋肉が弱い女性は、水溶性食物繊維がオススメになります。

そしてじゃがいもは、水溶性、不溶性のバランスが優れた食材なので、腸内環境を整えるのに良い食材と言えます。

上記のことを、念頭におき、しっかり便秘を解消してニキビのできにくい肌作りをし、予防に努めていきましょう。

 

いかがでしたか。ニキビの予防になる5つのおススメ食材をお伝えました。

ニキビ予防にはニキビの原因を一つ一つ見直すことが一番の近道です。まずは、食生活が乱れていないかどうか、自問自答してみましょう。また、ストレスを溜め込んでいたり、睡眠不足になっていたりするとニキビが出来易くなりますタバコもニキビ予防のためには禁煙したいところです。

日々の忙しさで、頭では分かっていても、いざ実践するとなるとついつい億劫になってしまいがちです。お伝えしたニキビ予防に効果的な食物を摂取し、ニキビに悪い油分の多い食物や、糖分が多い食物、コーヒーに含まれるカフェインなどを避けるだけでも全然変わってきます

すぐに変化が現れるものではありませんが、ニキビの予防に効果的な食材を継続して摂取することで、だんだん美肌へと近づいていくことを実感できるでしょう。

まとめ

ニキビを予防するには

・ほうれん草で、ターンオーバーを正常化しよう
・豚レバーで、皮脂の過剰分泌を抑えよう
・パプリカで、活性酸素を無害化して肌荒れを防ごう
・アーモンドで、肌の老化を防ぎ、女性ホルモンの分泌を活発にしよう
・食物繊維(水溶性)で、腸内環境を良くし、便秘を防ごう


連記事