ニキビ予防になる5つの習慣!キレイ肌を持続させるには

ニキビ予防になる5つの習慣!キレイ肌を持続させるには
ニキビの予防をしているつもりでも、出来てしまったニキビが治らなくて悩んでる人も多いことでしょう。治ったと思ってもまたポツリ・・痒かったり痛みがあったりと、ほんとにやっかいでもありますよね。こじらせて跡が残る場合もあり、ますます悩んでしまう人もいるはず。すべすべとしたキレイな肌は憧れでもあります。とはいえ、美肌を保つにはどんなコツがあるのか、気になりながらも鏡を見るたびに落ち込んで行動に移せない時もあるでしょう。

しかし、ニキビや肌荒れに悩んでいる時こそ改善のチャンスです。ニキビ予防やキレイな肌を持続させるには生活スタイルを見直すことも大切です。キレイな肌は一日では作れません。そこで今回はニキビの予防をしながら潤いのある肌を目指す習慣についてお伝えします。

食生活を見直そう

ニキビ予防に取り入れてほしいのが食生活の見直しです。出来てしまったニキビは進行を抑えてなるだけ早くケアしたいものです。生活習慣の中でも毎日の食生活を見直すことで新陳代謝もよくなり、出来てしまったニキビの改善も早まりますたんぱく質・ビタミン・食物繊維・ミネラル・乳酸菌などは特に効果があると言われています。

片やケーキやチョコレートに代表される甘いものや揚げ物などの油分が多いもの、塩分や辛みの強いものはニキビの原因となったり悪化させる場合があります。ニキビを予防しキレイな肌を持続させるには時間もかかりますが、継続することで効果が出てきます。体質の改善は食生活の見直しから始まると言っても過言ではないでしょう。

 

質の良い睡眠を確保しよう

ニキビの予防では生活習慣の乱れをなくすことも大切です。夜更かしばかりしている人はドキッとされたことでしょう。ニキビが出来たりなどの肌あれは睡眠不足からきていることが考えられます。寝る前にパソコンやスマホをいじって頭が冴えて眠れなくなり翌朝が辛い・・・これでは知らず知らずに身体へのストレスを与えています。

深い睡眠がとれなければホルモンが正常に分泌されず肌の再生がされにくく、シミやしわの原因にもなります。肌はとても敏感に状況を察知するもの。質の良い睡眠を確保するためにも、出来ればその日のうちに就寝し朝は早く起きて太陽の陽を浴びることをお勧めします。ニキビの予防を心がけ熟睡できる環境を作りましょう。

 

洗顔は丁寧にしよう

ニキビ予防として洗顔に気をつけている人は多いことでしょう。ニキビは思春期だけに表れるものではなく、大人になってもポツポツと出現するやっかいなものです。ニキビを予防し、すべすべな肌にしたいと思うのは年齢に関係ありません。洗顔はスキンケアの基本になりますので、洗顔方法をよく知っておくと悩みも軽くなることでしょう。

まず自分の肌質にあった洗顔料を適量取り、泡立てますネットを使用すると細かい泡が立ちます濃密な泡をレモン1個分くらい手に取り、皮脂の多いTゾーンから頬→目元→口元の順に洗うとよいでしょう。ニキビの予防のためにもごしごし洗うのはNG!泡を肌の上で転がすように優しく丁寧に洗いぬるま湯で洗い流し柔らかなタオルで拭きましょう

 

肌を保湿しよう

ニキビを予防するために過剰なスキンケアは禁物です。油分の多いケア商品は肌に負担を与えかねません。しかし保湿は大切です。思春期のニキビは成長期特有のホルモンバランスの変化によるもので、大人のニキビは身体の不調を示すサインでもあります。このような時は肌本来の機能が失われている場合もあり、角質が厚くなり乾燥した状態になります。

ニキビ対策の化粧品は乾燥を防ぐためにも保湿成分が多く含まれているものを選ぶとよいです。洗顔を丁寧に行い、自分に合った化粧水をつけ、その後に美容液や乳液を付けます。保湿にこだわってつけ過ぎると菌が増える可能性もありますので、適量を心がけることを習慣にしましょう。

 

ストレスを減らそう

ニキビ予防は生活習慣を見直すことが大切で、食・睡眠・スキンケアなど様々な角度からアプローチし、習慣化することが結果的にキレイな肌への近道になります。ニキビはホルモンバランスの影響で出来ることが多く日頃のケアは積極的に行いたいものですが、ニキビ予防がストレスになっては逆効果です。ストレスを上手に発散すると心が元気になり身体へも良い影響を与えます

仕事や人間関係で悩むことが多ければストレスが溜まります。気持ちのよい状態を持続させると肌も潤いますよね。いつも笑顔を心がけ人の良いことろを見つけるなど工夫すると明るくなり、また趣味の時間に没頭するのもストレス発散になります。ニキビを予防してキレイな肌でいるためにも緊張を解き健やかな日々になるよう心がけるとよいでしょう。

 

以上、ニキビ予防になる5つの習慣としてキレイ肌を持続させるコツをお伝えしました。ニキビは重度の病気ではないけれど、泣きたいほど悩んでいる人も多いですよね。今の状態からひどくならないように、生活や食のスタイルを見直すと改善される場合が多いものです。ニキビを予防することでキレイな肌を手に入れることが出来ます。

中々治らないニキビを見て落ち込むのではなく「明日は治るわ」と大らかな気持ちでいることがストレスになりません。「私の肌ってキレイ!」と鏡の前で笑顔でつぶやくのも、心身に良い影響がでます笑顔は心の緊張をゆるめる万能薬です。ニキビケアは毎日の積み重ねですので、自分の肌の質を知ったうえで諦めずに優しくケアしましょう。

まとめ

ニキビの予防をしながら美肌を目指す習慣とは

・たんぱく質・ビタミン・食物繊維・ミネラル・乳酸菌などを積極的に摂る
・寝る前はパソコンやスマホを避けて質の良い睡眠を確保する
・洗顔はたっぷりの泡で優しく包むように洗う
・肌を乾燥させない
・日頃からストレスを溜めないよう気をつける


連記事