ニキビの種類に合わせて、肌を綺麗にケアする方法

ニキビの種類に合わせて、肌を綺麗にケアする方法

誰でも一度は経験がある肌トラブルといえば、ニキビ。ニキビができると、痛みなどの症状だけではなく、外見に自信がなくなり外出するのが億劫になったり、人と会うことが怖くなってしまうことにもなりかねません。

とはいえ、実はニキビが「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」というれっきとした病気だってこと、ご存知でしたか。放っておけば治るからといってケアを怠ってしまうと、後々とんでもないトラブルに発展しかねません。

また、ニキビはその原因と程度によって様々な種類がありますので、ニキビの種類に合わせたケアが必要になってきます。もし一生懸命にケアをしていても一向に治らない!という方は、ケアの方法が間違っているのかもしれません。

そこで、ニキビの種類に合わせて肌を綺麗にする方法を学んで、正しいケアを身につけましょう!



 

ニキビの種類に合わせて、
肌を綺麗にケアする方法

 

思春期ニキビはこまめに洗顔しよう


ニキビには大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビの2種類があり、それぞれ対策が異なります。中学生から高校生頃の思春期には、ニキビに悩まされた方も多いでしょう。これを思春期ニキビといいます。

13~18歳というとちょうど成長期にあたるため、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになります。皮脂の分泌が過剰になると、毛穴を詰まらせたり、細菌が増殖して炎症を起こし、ニキビになることが多いのです。

そんな思春期ニキビですが、まずは皮脂対策がケアの中心となります。こまめに洗顔をして余分な皮脂を洗い流し、肌を清潔に保ちましょう。

そして、洗顔の後にはしっかりと保湿をすることが大切です。また、普段の食生活から甘いものやスナック菓子の食べ過ぎを避けるなどの対策をとると良いでしょう。

 

大人ニキビは古い角質の除去と保湿がポイント


皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビと異なり、原因が複雑に絡み合っているのが大人ニキビです。ストレスや生活習慣の乱れ、化粧品の選び方やホルモンの影響まで、幅広い要因が考えられます。

したがって、一概にこれさえ行えば必ず治るという方法がないのが大人ニキビなのです。考えられる原因の中から自分が当てはまるものをしっかりと見極め、正しいケアを行っていくことが大切です。

とはいえ、様々な要因によって肌の代謝が衰え、古い角質が蓄積して毛穴を詰まらせたり、肌の乾燥が角質を硬化させてニキビを悪化させることがわかっていますので、肌のターンオーバーを促すことや肌の保湿をしっかりと行うことがニキビケアの早道です。

 

白ニキビの段階でケアしてしまおう


続いて、ニキビは症状の進行によっていくつかの分類ができますので、見ていきましょう。まず、過剰な皮脂分泌によって皮脂と古い角質が混ざり合い角栓ができます。

この角栓が表皮の下で溜まって盛り上がり、小さな白い点となって見える状態を白ニキビといいます。この状態では肌はまだ炎症を起こしていないため、早めのケアが効果的です。

毛穴をふさがないように正しい洗顔をし、触ったり潰したりしないように気を付けましょう。また、リネンを清潔に保ったり、洗顔は最後に行いしっかりすすぐなど、毎日の積み重ねが大切です。

 

黒ニキビ対策には正しい洗顔


白ニキビの状態から、さらに皮脂が限界まで詰まると、皮脂が押し上げられて毛穴が開きます。角栓が酸化し、黒ずんだ状態になることを黒ニキビといいます。鼻の毛穴などが黒ずんで目立つようになり、肌全体の印象をくすんで見せてしまいます。

白ニキビ同様、洗顔料をたっぷりの泡で包み込むように洗いましょう。また、洗顔後には毛穴を引き締める化粧水などで保湿を忘れないようにしましょう。

毛穴の詰りが原因だからと、ごしごしと洗うのはNG!皮脂を取り過ぎると肌がその埋め合わせをしようとして、かえって皮脂の分泌が激しくなってしまいます。あくまでも優しく丁寧に洗うようにしましょう。

 

赤ニキビが出たら、治療開始の合図


白ニキビ、黒ニキビがさらに重症化し、炎症が起きてしまった状態が赤ニキビです。この段階まで進んでしまうと、スキンケアだけでは治らず、治療が必要になってきます。

赤く炎症してしまうため、見た目にも目立ってしまいますが、ファンデーションなどで隠そうとするとかえって毛穴を詰まらせ症状を悪化させてしまいます。

炎症がひどくなるとニキビ跡が残ってしまう可能性もあるため、決して手で触ったり潰してしまわないようにしましょう。また、できるだけ刺激を避けるためにも髪の毛などがニキビにかからないように注意しましょう。

 

黄色ニキビは専門医に相談しよう


赤ニキビを放置するとさらに炎症が悪化し、膿をもった状態になります。これが、黄色ニキビです。毛穴の表面からも、黄色い膿がわかるような状態になっています。黄色ニキビは毛穴内部の組織まで破壊し、さらに広範囲に炎症がひろがります。

治っても肌表面がデコボコになるクレーター肌になったり、色素沈着が起こってしまいますので、早めに専門医の治療にかかる必要があるでしょう。

したがって、こうなる前に早めの予防が必要です。日頃から正しい洗顔と保湿を行うことに加えて、ストレスや疲労を解消し、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。また、積極的にビタミン群を摂るなどして、ニキビ予防に努めましょう。

 

胸・背中ニキビにも目を向けよう


顔にできるニキビはできるとすぐにわかるのですが、案外見逃しがちなのが胸や背中にできたニキビです。胸や背中は皮脂腺が太く活発であるため、皮脂分泌が多くニキビができやすい部位です。

正しいケア怠ると跡が残ってしまったり、色素沈着していまいますので要注意です。シャンプーやリンスなどの洗い残しがないようにしっかりと洗い流すことや、汗をかいたら清潔なタオルでふき取ることなど、気を配るべきことはたくさんあります。

また、ナイロンタオルでごしごしと洗うのではなく、綿などの優しい素材で優しく洗うようにしましょう。

 

いかがでしたか。

ニキビと一言で言っても、その種類は様々です。また、ニキビの種類によってとるべき対策も変わってきますから、自分のニキビの種類はどれに当てはまるのかをしっかりと見極める必要があるということがお分かりいただけたと思います。

例えば、肌の表面が脂っぽいからと言ってオイリー肌だと決めつて一生懸命洗顔をしていたら、実は大人ニキビで隠れ乾燥肌が原因だったということも充分にあり得る話です。

間違ったケアはニキビの症状を悪化させ、ひどい場合にはクレーターのように跡が残ってしまったり、色素が沈着して黒っぽくなってしまうこともありますので、正しいケアを行いましょう。ニキビ肌は早めに対策をとって綺麗な肌を取り戻し、あなたが自分に自信を持てるようになることを願っています!

 

まとめ

ニキビの種類に合わせて、肌を綺麗にケアする方法

・ 思春期ニキビはこまめに洗顔しよう
・ 大人ニキビは古い角質の除去と保湿がポイント
・ 白ニキビの段階でケアしてしまおう
・ 黒ニキビ対策には正しい洗顔
・ 赤ニキビが出たら、治療開始の合図
・ 黄色ニキビは専門医に相談しよう
・ 胸・背中ニキビにも目を向けよう