ニキビを体質改善によって完治させる漢方★その正しい使い方

ニキビを体質改善によって完治させる漢方★その正しい使い方

ニキビの原因は血流が滞り肌のターンオーバーが狂う事や、冷え症、ホルモンバランスのくずれ、体調不良などがあります。また、それらは体質が大きく関わっています。

生まれ持った体質がニキビが出来やすいものでしたら、スキンケア、生活習慣を変える事を心がけてもなかなか効果は得られないかもしれません。漢方の考えは体質を変え健康を手に入れることになります。

その為、ニキビができにくい体質を作る事ができます。現代医学の治療では外用薬が主ですが、症状がひどい場合は抗生物質を飲むこともあります。

しかし短期的な治療になるので、長期的にニキビと向き合いニキビが出来にくい体質をつくるには漢方薬のような、長きにわたって飲み続けて体質を根本的に変える治療が必要になります。



 

ニキビを体質改善によって完治させる漢方★
その正しい使い方

 

自己判断よりも専門家に相談しよう


漢方の処方は、まず自分の体が陽・陰どちらのタイプに属するのかを知る必要があります。沢山の漢方薬の種類から自分にあうものを選ぶことが大切になる為です。

漢方薬局では保険がきかず高額になりますが、同じ種類の漢方薬でも配合を調整して自分だけの漢方を処方してくれたりするのがメリットになります。

また普段のかかりつけの病院などでも、漢方薬の処方を希望すれば出してもらえるところもあり、この場合は保険摘要になり気軽に始める事ができますね。

 

用量を守りましょう


漢方薬は長期間のんでも大丈夫だから、少しくらい多めに飲んでも大丈夫というわけではありません。体質改善を目的に処方していますので正しい用量を飲みましょう。

決められた量以下だと十分な効き目はなく、また必要以上に飲むことは思わぬ副作用がでる事もあります。毎日飲むことが基本になりますので、飲み忘れた時などは1日3回の空腹時間を利用して忘れずにのみましょう。

 

服用時間を守りましょう


大抵の薬の服用時間は食後がおおいのですが、漢方は食前、食間などの空腹時に使用します。胃の中に食物がないときに使用する事でよりよい効果が期待できます。

またなぜ空腹時に飲むのかというと、漢方に含まれるアルカロイドという種類の有効成分は薬効効果が非常に強いのが特徴のものが多く、空腹時の胃酸が強いと吸収率は穏やか、食事により胃酸が弱まった状態では吸収率が必要以上になります。

強い薬効なので吸収率を弱めて飲んだ方が副作用が出にくくなります。また逆に漢方の成分、有機酸は空腹時に飲むことで吸収率を上げ、漢方の効果を上げます。

 

漢方だけに頼らず、セルフケアもしよう


総合医療が進められている現代ですので症状がひどいニキビ治療に対しては西洋医学で外からの治療をし、東洋医学で内側からの体質改善をするのが理想的です。

また自宅で行う外セルフケアを併用して行う事で、改善の効果が早く期待できます。漢方治療をしているのだからと、それだけの治療にならずにあらゆる角度からケアをしていきましょう。

 

一時的にひどくなっても様子をみよう


好転反応という言葉を聞いたことがあるでしょうか。症状を治そうとする自然治癒力が働いて一旦ひどくなる事があります。一見自分には漢方があっていなかったのかと感じてしまいますが、実はこの反応は治るための第1歩なのです。

酸性からアルカリ性へと改善されるときにおこる反応減少になります。一過性のものとなり、漢方の世界ではこの好転反応がなければ病はいえないとも言われています。

 

そのままオブラードには包まず飲もう


粉末上の漢方薬を飲む時は、苦味を感じるからと言って、オブラードなどに包んで飲むことは効き目がさがってしまいます。苦い味そのものが食堂を通過する事で効き目がUPすると考えられています。

また一度やかんでふたを取って10分くほど沸騰させて不純物をとった白湯で飲むことがお勧めになります。不純物をとりさることで漢方成分の吸収率を助ける理由があげられます。

 

いくつも併用して飲むのはやめよう


ニキビに効く漢方薬は約20種類にも及びます。たとえば違う種類の漢方を複数飲む場合、専門科に処方される分には心配はないでしょう。

しかし、自分で知らず知らずのうちに、漢方成分が重なってしまい同じ成分の過剰摂取になってしまう可能背もあります。服用すると思わぬトラブル副作用が出てしまう事があります。

漢方の生薬には処方の70パーセントに含まれていますが、この成分は栄養ドリンクなどにも含まれている事があるので注意が必要です。

 

いかがでしたか。

漢方の特徴は、効き目がゆっくりですぐには効果がないと言われていますが、実は自分の体にあっていれば、2週間ほどで何らかのよい兆候が出始めます。ニキビ治療の漢方でも1か月弱ほどで効果がでるとも言われています。

体質改善によってニキビが完治する事も夢ではありません。根本的に治す為に少しニキビが綺麗になったからと言ってすぐに服用をやめてしまうとぶり返してしまう事もありますので専門医などに相談して一人で悩みを抱え込まず治療していきましょう。また根本的な治療をして体質をかえることで、ニキビの再発防止ができます。

 

まとめ

ニキビを体質改善によって完治させる漢方★その正しい使い方

・ 自己判断よりも専門家に相談しよう
・ 用量を守りましょう
・ 服用時間を守りましょう
・ 漢方だけに頼らず、セルフケアもしよう
・ 一時的にひどくなっても様子をみよう
・ そのままオブラードには包まず飲もう
・ いくつも併用して飲むのはやめよう