ニキビの原因をつきとめて自分ぴったりのケアをする方法

ニキビの原因をつきとめて自分ぴったりのケアをする方法

ニキビはアクネ菌が詰まった毛穴の中で過剰に繁殖し炎症を起こしてる状態です。アクネ菌は常在菌なので、誰の肌にもあり肌を守っています。しかし肌に柔軟性がなくなり角質が硬化し毛穴が塞がる事でアクネ菌が毛穴に詰まったままになり皮脂を養分として繁殖してしまい炎症となるのです。

つまり、ニキビの原因はアクネ菌そのものではなく毛穴が塞がる事によるところが大きいのです。10代は成長期なので皮脂分泌量が多く、ホルモンバランスも乱れやすい事で肌トラブルが起きやすいのですが、そのほとんどは成長と共に治っていきます。

しかし20代以降のニキビは食生活や生活習慣によるところが大きい為、習慣を見直さないと改善しにくいです。逆に言えば、生活習慣を見直し改善する事でニキビも発生しにくくなる肌になるのです。

ニキビが出来る原因である毛穴塞がりを起こす要因は、ニキビが発生する部位により異なります。ニキビの出来にくい肌になる為に、部位ごとに出来るニキビの原因とケア方法をご紹介します。



 

ニキビの原因をつきとめて
自分ぴったりのケアをする方法

 

おでこのケアには髪に気をつけましょう。


おでこに出来るニキビの原因は洗剤の洗い残しと前髪であることが多いです。おでこは皮脂が出やすく、頭にかいた汗が流れ落ちてくる場所でもあるので肌が汚れやすくアクネ菌が繁殖しやすい場所です。

その上、洗顔料の泡やシャンプーの泡が落としきれていなく肌に泡や皮脂が残っていたり、髪の毛の埃やワックス等の整髪料がおでこに付着し毛穴汚れとなりアクネ菌が更に繁殖しやすくなりニキビの原因となります。

髪の毛がニキビを刺激して炎症を悪化させる事もあります。しっかりと洗剤を洗い流して、髪の毛がおでこに当たらなあようにする事で、ニキビの発生を抑えることが出来るでしょう。

 

鼻のケアには紫外線に気をつけましょう。


鼻に出来るニキビの原因は外部刺激による事が多いです。鼻は皮脂の分泌量が多い場所なので、毛穴に皮脂が詰まりやすいです。また、鼻を噛んだりして触る事や紫外線を受けての外部からの刺激も受けやすく、乾燥しやすくなる場所です。

頬は保湿を気にかけても鼻まで丁寧に保湿をしていなかったり、顔を洗顔する時に鼻をゴシゴシ洗ってしまったりする事が更に乾燥しやすくなり、ニキビの原因となります。鼻まで優しく洗顔して皮脂を洗い落とし、保湿とUVケアを行い、あまり触らないようにする事でニキビの発生を抑えることが出来るでしょう。

 

フェイスラインのケアには乾燥に気をつけましょう。


フェイスラインに出来るニキビの原因はホルモンバランスの乱れによる事が多いです。フェイスラインはターンオーバーが遅いためストレスや食生活によるホルモンバランスの乱れの影響を受けやすい場所です。

男性は髭剃りにより角質を剥がしたり傷つけたりする事による刺激や乾燥により肌を硬くし毛穴を詰まらせてしまう事もニキビの原因となります。

洗剤の洗い残しのないようにする事はもちろん、ストレスを解消しバランスの良い食事をしてホルモンバランスを整え、肌を刺激しないようにしてきちんと保湿をする事でニキビの発生を抑えることが出来るでしょう。

 

頬のニキビには枕に気をつけましょう。


頬に出来るニキビの原因は寝具の汚れや手の汚れ、ホルモンバランスの乱れによる事が多いです。片方の頬ばかりにニキビが出来る場合は、寝ている間に枕カバーに付着した皮脂や汚れが頬にずっと当たっている事や、頬杖をついたり顔を触る癖があり、手の汚れが頬に付着してニキビになりやすくなる場合があります。

両頬にニキビが出来る場合は、食生活やストレスによりホルモンバランスが乱れ肌にうるおいをもたらす女性ホルモンの分泌量が減ることがニキビの原因となります。

枕にタオルを巻き毎日取り換えたり顔を触らないようにしたり、バランスの良い食事をしてストレスのない潤いのある生活をしてホルモンバランスを整えることでニキビの発生を抑えることが出来るでしょう。

 

背中のケアには化学繊維に気をつけましょう。


背中に出来るニキビの原因は寝汗や化学繊維による刺激とホルモンバランスの乱れによる事が多いです。人は寝ている間も汗をかき、仰向けの時は背中に多く汗をかきます。

汗の吸収が良く通気性の良い肌着でなければ背中の毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。また、化学繊維の肌着やボディタオルによる強い刺激により角質を傷つけて肌が乾燥したり、ホルモンバランスの乱れにより肌が硬くなることがニキビの原因となります。

通気性の良い清潔な肌着や寝具を使用し化学繊維を控える事と、ストレスをためずバランスの良い食事をしてホルモンバランスを整えることでニキビの発生を抑えることが出来るでしょう。

 

いかがですか。

ニキビの原因は一つではなく、複合している事が多い為に治すのが難しいのですが部位ごとならケアしやすいですね。ニキビが出来やすい部位ごとに自分の生活習慣を見直し改善しましょう。

顔に出来るニキビは目立つので治すより隠したいと刺激を与えてしまい余計に悪化させてしまう事もありますし、一度ニキビが出来た部位にはまたニキビが出来やすいので、ニキビを治すのではなくニキビの出来にくい肌になるようにケアする事が大切になります。

肌を汚さないようにして清潔さを保ち、しかし清潔にする際に肌に刺激を与えないようにし洗顔料をしっかり洗い流す等の細やかなケアをしましょう。正しいケアをしてニキビの出来にくい綺麗な肌になりましょう。

 

まとめ

ニキビの原因をつきとめて自分ぴったりのケアをする方法

・ おでこのケアには髪に気をつけましょう。
・ 鼻のケアには紫外線に気をつけましょう。
・ フェイスラインのケアには乾燥に気をつけましょう。
・ 頬のニキビには枕に気をつけましょう。
・ 背中のケアには化学繊維に気をつけましょう。