ニキビが頬にできる原因を知って完璧に予防する5つの方法

ニキビが頬にできる原因を知って完璧に予防する5つの方法

ニキビの中でも、頬にできるニキビは目立ちやすく、特に早く治したいですよね。ニキビができる原因は、1つだけとは限りません。

外界から肌への刺激が引き金となることもあれば、ホルモンバランスの乱れや内臓障害といった身体の内側に問題が起きていることもあります。

様々な原因が複合してニキビが発生しているので、その分完璧な対策が立てづらいのです。しかし、治ってもいつも同じ場所にニキビができる場合には、特定の原因のせいでニキビが発生している可能性が高いです。

気になるニキビが頬にできてしまう場合、どんな原因でできてしまうのかを知れば、完璧に予防する対策を立てることもできますよ。そこで今回は、ニキビが頬にできる原因を知った上で、頬のニキビを完璧に予防する5つの方法をお伝えします。



 

ニキビが頬にできる原因を知って
完璧に予防する5つの方法

 

肌を清潔に保とう


ニキビができる原因の1つに、直接頬に触れる日用品(寝具やタオル、化粧道具など)や自分の指、髪などについた雑菌や汚れがあります。

それらが肌につき、雑菌が繁殖することで、ニキビができてしまうのです。特に頬にニキビができやすい人は、普段使っている枕カバーやシーツをチェックしてみてください。

毎晩頬に直に触れる枕カバーに雑菌が繁殖して、ニキビが頬にできる原因となっていることが多いです。枕カバーのかわりに枕にタオルを巻いて、毎日取り換えるようにするだけで、頬のニキビが改善した…という例もたくさんありますよ。

 

肌にうるおいを与えよう


乾燥肌も、ニキビが頬にできる大きな原因の1つです。肌が乾燥し、弱ってしまっていると、ふとした刺激やストレスでニキビができやすくなります。

肌にうるおいを与え、弱った肌を回復させることが大切です。保湿性の高い洗顔料や美容液を使うなどして、肌にうるおいを与えましょう。

 

胃腸の調子を整えよう


寝具やタオルを清潔にし、髪を上げて肌への刺激を減らしても、ニキビが両側の頬にまんべんなくできてしまう…という場合、原因は乾燥肌か、もしくは身体の内側にあると考えられます。

特に、便秘のときや胃腸の調子が悪いときには、ニキビが頬にできやすいと言われています。ニキビが頬にできるのは、胃腸が弱っているサインかもしれません。

胃腸の調子を整えるポイントは3つあります。1つ目は「1日3回、きちんと食べること」です。特に朝、腸を目覚めさせるためにも朝食は大切ですよ。

2つ目は「食物繊維を摂ること」。特に便秘予防のためには、野菜や豆類、きのこ類、ごぼうなどに含まれる不溶性食物繊維をたくさん摂取しましょう。

3つ目は「乳酸菌を摂ること」です。乳酸菌をたっぷり含んだヨーグルトは、腸内環境を改善し、下痢や便秘を予防してくれますよ。以上のポイントを踏まえて食生活を改善し、胃腸の調子を整えれば、ニキビ予防にもつながります。

 

お酒の飲み過ぎに注意しよう


肝臓の機能に障害があるときにも、ニキビが頬にできやすいと言われます。特にお酒を飲みすぎると、肝臓に非常に負担がかかり、ニキビが頬にできやすくなる条件が整ってしまいます。飲み過ぎには十分注意しましょう。

また、たくさんの量を飲んでいなかったとしても、毎日寝酒を飲む習慣がある人は、毎日肝臓に負荷を与えていることになります。ニキビ予防のためにも休肝日を設けるようにしましょう。

 

脂質・糖質の摂り過ぎに注意しよう


最後に、脂質・糖質の摂り過ぎもニキビが頬にできる原因となります。そもそもニキビとは、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まってできることが多いものです。

そのため、油分を摂り過ぎれば当然ニキビができやすくなります。揚げ物やお菓子、ケーキ、チョコレートなどといった甘くて油分も多く含むもの、肉などは特に頬のニキビを引き起こしやすいんですよ。

甘いもの・油分の摂り過ぎは、前にお伝えした胃腸の調子にも大きく影響します。ストレスで暴飲暴食したくなってしまうこともありますが、ニキビ予防のためには控えめにすることが大切です。

 

いかがでしょうか。

男性ホルモンの影響で、ニキビが頬にできるのは男性の方が多いようです。女性でニキビが頬にできてしまう場合、胃腸が荒れていたり、肝機能の障害だったりする可能性もありますので、軽く考えずに日ごろの生活習慣を見直すことが大切です。

といっても、身体の内側の不調を整えてニキビを治すのは、すぐにできることではありませんよね。簡単にすぐできる対策としては、日用品の衛生状態をチェックすることです。

枕カバーもそうですが、いつも頬に触れる化粧スポンジやパフなども、1週間に1度は洗浄するようにしましょう。化粧する前に手指をきれいに洗う…というのも、見落としがちではありますが、雑菌や汚れの付着を防ぐためには絶対に必要な基本動作です。

そして、どんなニキビもそうですが、ストレスが溜まるとできやすくなります。頑張りすぎるのもほどほどに、リラックスや気分転換の時間を持つことがニキビ予防にもなります。

ニキビが頬にできるのを気にしすぎてストレスを感じてしまっては本末転倒ですよね。ニキビが頬にできる原因を知り、すぐ始められる対策法から気軽に取り入れてみてください。

 

まとめ

ニキビが頬にできる原因を知って完璧に予防する5つの方法

・ 肌を清潔に保とう
・ 肌にうるおいを与えよう
・ 胃腸の調子を整えよう
・ お酒の飲み過ぎに注意しよう
・ 脂質・糖質の摂り過ぎに注意しよう