ニキビが頬にできやすい人に奨める、即できる簡単な解決策

 ニキビが頬にできやすい人に奨める、即できる簡単な解決策

多くの女性を悩ませる大人ニキビ。ニキビが治らない・治ってもすぐに再発してしまう…という悩みを抱えた女性はとても多いですよね。

特に、ニキビが頬にできてしまうと、とても目立つため、鏡を見るたびに気になってしまいますよね。ニキビは様々な原因が絡み合って発生する肌トラブルですが、ニキビができる場所によって原因が異なります。

つまりニキビが頬にできやすい人は、その原因に合った解決策を実行していくことで、ニキビを予防することができるということです。

ニキビが頬にできやすい人の場合は、両側にまんべんなくニキビが発生しているのか、片側にだけニキビがかたよっているのかをまず確認します。

そのどちらかによって、ニキビの主な原因が異なると考えられるため、それぞれの原因に合った解決策を取るとよいでしょう。とはいえ、ニキビが頬にできた場合は、目立つから早く治してしまいたいですよね。そこで今回は、ニキビが頬にできやすい人にオススメの、即できる簡単な解決策を5つお伝えします。



 

ニキビが頬にできやすい人に奨める、
即できる簡単な解決策

 

枕カバーを清潔に保とう


ニキビが頬にできやすいという人は、両側にできているのか、どちらか一方の頬にのみできているのかを確認してみましょう。片側にだけできている場合は、寝具の汚れや雑菌が主な原因であることが多いです。

たとえば、いつも右頬を下にして寝るくせのある人で、ニキビが右頬に多い…というケースでは、下になる右頬に当たる枕カバーに雑菌が繁殖し、それが原因となってニキビが頬に発生している、と考えることができますよね。

枕カバーをこまめに洗う、顔に当たる部分に清潔をタオルを敷いて毎日取り換える、などの対策をすれば、片側の頬にだけできるニキビはかなり良くなるでしょう。

 

化粧スポンジを1週間に1度洗浄しよう


普段頬に触れる日用品としては、枕カバー以外に化粧スポンジ、パフなどもあります。まるでコロッケのように茶色くなった化粧スポンジは、雑菌の温床となり、ニキビが頬にできる原因となっていることも…。

1週間に1度、少なくとも2週間に1度は洗浄しましょう。洗い方は、中性洗剤を使ってやさしく押し洗いし、ぬるま湯で十分すすぎます。干すときには直射日光を避け、陰干しするようにしましょう。化粧スポンジを洗うのが面倒…という人には、使い捨てにするという方法もありますよ。

ちょっともったいない気もしますが、ドラッグストアに行けば安価なスポンジ・パフがたくさんありますし、雑菌のかたまりになったパフを毎日肌に触れさせていては、ニキビも治りません。1週間に1度は取り替えるようにするだけで、劇的に良くなることもあります。

 

髪が顔に触れないようにしよう


女性の肌は本当にデリケートなものです。指や髪が触れる刺激が引き金となって頬のニキビが悪化することも多いので、注意が必要です。

特にニキビが頬のはし、耳からあごにかけてのライン近くにできやすいという人は、いつもその場所に髪が触れていませんか?

常に髪が触れることで、汚れがつきやすくなったり、その刺激が肌に負担を与えたりして、ニキビが頬にできやすくなってしまうのです。

そこで、ニキビが治るまでは、髪を上げたり、耳に髪をかけたりして、髪が顔に触れないような髪型にしてみましょう。おでこのニキビも同じように対処できますよ。

 

ヨーグルト・納豆を食べよう


女性の場合、胃腸が弱っていると、ニキビが頬にできやすくなる…と言われています。胃腸の調子を整えるためには、「乳酸菌」と「食物繊維」を十分摂ることがオススメです。

乳酸菌、食物繊維を含む食品はたくさんありますが、今回は特にオススメの発酵食品2つをご紹介します。「ヨーグルト」と「納豆」です。

ヨーグルトに、胃腸の調子を整える乳酸菌がたくさん含まれていることはよく知られていますよね。下痢・便秘など胃腸に不調を感じるときにはオススメの食材です。

女性は腸のかたちが男性より細くて長いため、便秘に悩む人が多い、と言われています。便秘には、食物繊維の中でも「不溶性食物繊維」と呼ばれる成分を摂ることが効果的です。

納豆の原料である大豆には、不溶性食物繊維がたくさん含まれています。胃腸の調子を整えるには、絶好の食材であると言えます。

 

揚げ物など脂っこいものを控えるようにしよう


ニキビの根本原因の1つとして、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしてしまう…というものがあります。揚げ物や脂っこいものを食べ過ぎると、余分な皮脂が分泌されて、ニキビができやすくなってしまいますよ。

また、油分の多いものを食べ過ぎると、胃腸にも負担がかかります。胃腸が弱るとニキビが頬にできやすくなるので、その意味でも揚げ物・脂っこいものの摂り過ぎはNGと言えます。

 

いかがでしたか。

ニキビが頬にできると、目立ちやすく、特に気になってしまいますよね。よく観察すると、ニキビが片側の頬に密集している場合と、両側にまんべんなくできている場合があると思います。

ニキビが片側の頬に密集している場合には、枕カバーやシーツといった寝具の衛生状態を確認してみましょう。その他、寝るときに身につけているパジャマや下着といった衣服も要チェックです。

ニキビが両側にできている場合は、身体の内側からケアしていきましょう。今回お伝えした対処法以外に効果的なのは、「毎日1.5~2リットルの水を飲む」ことです。

体内の水分が不足すると、分泌される皮脂の粘りけが高くなります。ネバネバ・ドロドロした皮脂が分泌され、より毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまいますよ。

体内・肌の老廃物を排出する流れをスムーズにするためにも、外側からうるおいを与えることにプラスして、内側からもきちんと水分補給を行っていきましょう。

ニキビが頬にできる原因は多種多様で、多くの場合複数の原因が関係してできているので、1つの対処法を試すだけではなく、いくつもの対処法を実践した方が効果が早く出ます。さっそく今回お伝えした5つの方法を実践し、頬のニキビを防いでいきましょう。

 

まとめ

ニキビが頬にできやすい人に奨める、即できる簡単な解決策

・ 枕カバーを清潔に保とう
・ 化粧スポンジを1週間に1度洗浄しよう
・ 髪が顔に触れないようにしよう
・ ヨーグルト・納豆を食べよう
・ 揚げ物など脂っこいものを控えるようにしよう