抜け毛に悩み始めたら☆頭皮の状態別シャンプーの選び方

抜け毛に悩み始めたら☆頭皮の状態別シャンプーの選び方
抜け毛が増えたらシャンプーを見直そう、とよく言われていますよね。これは抜け毛を防ぐシャンプーに切り替えようという意味だけではなく、抜け毛を増やすシャンプーの使用をやめるべきという意味も含まれています。

シャンプーには頭皮をさっぱり洗い上げられるもの、髪をツヤツヤと美しくまとめる成分に優れたもの、毛根に栄養を与える効果があるものなど、それぞれに特化された点が異なります。種類が豊富だということは個人の症状によって選択肢が広まることに繋がりますが、自分に合わないシャンプーを選んでしまうリスクも孕んできます

抜け毛は合わないシャンプーによって起こることも少なくありません。まだ薄毛を気にする年齢では無いのに抜け毛が増えた人は、シャンプーが自分の髪や頭皮環境に合っていないのではないでしょうか。

そこで今回は、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーの選び方についてお伝えします。

脂っこく汚れが残りやすい頭皮の人は洗浄力が高めのものを選ぼう

抜け毛対策のためのシャンプー選びの際、頭皮に汚れが残っているから抜け毛するのだろう、だから洗浄力が高いものにしよう、と考える人は少なくないはず。それは間違いではなく、確かに頭皮が皮脂や整髪料で汚れやすい体質の人は、そのせいで毛穴詰まりが起きて抜け毛を起こしやすいものです。

頭皮が脂っこい、または毎日整髪料を多めに使うという人は、ノンシリコンタイプなどの洗浄力を最優先にしたシャンプーが最適です。毎日頭皮に溜まった汚れをその日のうちに洗い流すことで、健やかな頭皮と毛根を維持することができるようになるからです。

また、抜け毛対策にはシャンプーするタイミングも重要です。脂性だったり頭皮が不潔になりやすい人は朝よりも夜に洗髪することをおすすめします。

皮脂の分泌が盛んな人は就寝時にも頭皮が汚れて毛根を弱らせやすいですし、整髪料で汚れたままの髪をそのままにして眠ってしまうのは抜け毛の原因を作ることになります。また、ゆったりした時間が取れる夜の方が丁寧に洗髪することができます

 

頭皮が乾燥し、細かなフケが出るならアミノ酸系シャンプーにしよう

先ほどとは逆に頭皮の皮脂が不足し、乾燥気味になってしまうせいで抜け毛を起こすタイプもあります。こんな人は、先ほどのような洗浄力が高いものを選ぶと、より一層の抜け毛がシャンプーのせいで起こることになります。

頭皮が乾燥すると細かく砕けたようなフケが出やすくなり、頭皮も赤っぽくヒリヒリとしてきます髪そのものも皮脂不足でパサパサし、抜けやすくなってしまうことは言うまでもありません。

乾燥肌の人は、洗浄力が弱く、頭皮を保護する機能に優れたシャンプーがおすすめです。例えば最近各メーカーから出ているアミノ酸系のシャンプーは洗浄力が穏やかで、不要な汚れだけを取り去ることができるとされています。アミノ酸はそれ自体が頭皮や髪の栄養となるため、栄養不足による抜け毛対策にもなります

また、石鹸成分から作られたシャンプーも頭皮が乾燥しがちなタイプの人に向きます。ただこちらは髪がキシキシとしやすいものが多いので、ショートヘアの人の方が使いやすいでしょう。

 

脂漏性湿疹を発症しているなら専用の薬用シャンプーにしよう

脂漏性湿疹は、頭皮の皮脂が過剰でも、少なすぎても起こってしまう厄介な皮膚病です。これは、何らかの原因によってバリア機能が低下した頭皮に「マラセチア菌」というカビの一種が異常繁殖して起こる病気で、頭皮に炎症を起こさせ、抜け毛の原因にもなり得ます。

脂漏性湿疹を患ってしまったら、皮膚科の診察を受けて塗り薬などをもらうのが一番の対策になりますが、市販のシャンプーでも専用品があるので、それも併用することをおすすめします。市販品には脂漏性湿疹対策だけではなく、抜け毛への配慮もされたシャンプーも多いので、普通のシャンプーより使う価値はあるはずです。

脂漏性湿疹向けのシャンプーは、「抗真菌薬」という原因菌を抑える成分が配合された薬用のものになります。一般のドラッグストアなどでも置いているので、一度探してみて下さい。お値段は普通のシャンプーより高価なものも多いですが、皮膚病の対策だと考えると安いと考えられます。

 

以上、抜け毛を防ぐシャンプーについて、頭皮環境に合わせるという考え方でお伝えしました。

抜け毛はシャンプーによって防ぐこともできますが、シャンプーによって悪化させてしまうこともあり得ます。つまり、抜け毛対策を徹底するなら、育毛剤やサプリメントに頼るだけではなく、普段使っているシャンプーにもこだわる必要があるということです。

現在では、お店に行くと数えきれないシャンプーが並んでいます。その中から自分の頭皮に合ったものを探すのはかなり大変なことでしょう。でも、脂性か、乾燥肌か、それとも皮膚炎が起こっているのかなどを把握しておけば、抜け毛対策になるシャンプーも選びやすくなるはずです。

抜け毛対策のためにはシャンプー選びにも気を抜かず、健やかな頭皮を保てるようにしましょう。

まとめ

抜け毛予防のための頭皮の状態別シャンプーの選び方は

・脂っこく汚れが残りやすい頭皮の人は洗浄力が高めのものを選ぼう
・頭皮が乾燥し、細かなフケが出るならアミノ酸系シャンプーにしよう
・脂漏性湿疹を発症しているなら専用の薬用シャンプーにしよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました