抜け毛の本数をチェックして 頭皮の健康状態を知る7つの方法

抜け毛の本数をチェックして 頭皮の健康状態を知る7つの方法

シャンプーしているとき、髪をセットしているとき、朝に枕を見たときなど抜け毛の多さにビックリしたことはありませんか?特に30代からは身体の代謝機能や毛髪の生成・修復能力が低下しだします。

仕事のストレスや食生活の乱れ、パーマやヘアカラーなども重なって急激に薄毛や抜け毛が進行するようになります。髪の毛がごっそり抜けてしまうとショックですが、実は頭皮の健康状態を知るためには、抜け毛の本数(量)だけではなく、その質もとても重要になります。

今日は正しい抜け毛のメカニズムと正しい抜け毛のチェック方法をご紹介しましょう。



 

抜け毛の本数をチェックして
頭皮の健康状態を知る7つの方法

 

正常な抜け毛をチェックしよう


毛髪や体毛は一度生えると、成長期を経て抜け落ち、また新たな毛が生え始めます。このサイクルは毛周期と呼ばれ、毛髪の毛周期は約3~5年といわれています。

正常な毛周期のサイクルであれば、頭皮が健康な人でも1日50~100本ほどの髪の毛が抜けますし、シャンプー中であれば30~40本程度抜けても特に問題はありません。

こうした正常な抜け毛や毛周期を経て抜ける毛は、毛全体が太くしっかりした長い毛、もしくは毛根が丸々とした綺麗な毛ですので、抜け毛の本数をチェックするときにはこうした毛質もチェックしてみましょう。

 

異常な抜け毛をチェックしよう


正常な抜け毛とは対象に、気をつけなければいけないのが異常な抜け毛です。髪の毛が正常に成長しきらずに抜けてしまうのはきちんと栄養が行き届いていないからです。

その原因として偏った食生活や生活習慣の乱れ、また過度なスタイリングによる頭皮へのダメージなどさまざまなものがあります。異常な抜け毛とは健康な髪の毛と比べて細くて短く、産毛のような特徴があります。

また毛根も小さく、波打っていたり、色が違ったりますのですぐにわかるでしょう。抜け毛を見つけたときにはこうした毛質をしっかりとチェックし、こうした異常な抜け毛が多い場合には早めに原因を追究して改善するようにしてください。

 

異常な抜け毛の毛根をチェックしよう


抜け毛の毛根は大きく4パターンに分けることができます。マッチ棒タイプ(正常な抜け毛)毛根の先がマッチ棒のようにふっくらと膨らんでいるタイプで、毛も根元から毛先まで均一の太さであることが特徴です。

この抜け毛は一定のヘアサイクルを経て抜け落ちた毛ですので心配することはありません。ひげタイプ(異常な抜け毛:危険度低)毛根からひげのような小さな毛がひょろっと出ている毛は注意が必要です。

これはヘアサイクルの途中で毛が毛乳頭から切り離されて抜け落ちてしまっている毛ですので、毛穴の詰まりや塞がりが起こっている可能性があります。先が細いタイプ(異常な抜け毛:危険度中)毛根が毛の全体の太さと変わらない場合は、髪の毛を作る毛母細胞部分に異常が起こり、毛根部分にしっかりと根をつけれなかった証拠です。

このレベルは頭皮だけではなく毛母細胞部分へも栄養を与えてあげる必要があります。産毛タイプ(異常な抜け毛:危険度高)毛根が産毛のように細くて柔らかいふわふわしたものであれば、発毛機能自体になんらかの障害が起こっている可能性があります。なんとか発毛したものの毛自体が発育していませんので、すぐに発毛対策をしましょう。

 

指で頭皮の状態をチェックしよう


抜け毛や薄毛の予防・対策をするためには、まずは現在の頭皮の健康状態を把握する必要があります。両手の指の腹で頭を優しく包み込み、頭皮全体を前後左右に動かしてみてください。

このとき頭皮全体が動くようであれば問題ありませんが、逆に硬くて動かない、また動きが悪いようであれば抜け毛が起こりやすい状態と考えていいでしょう。頭皮が硬いと頭皮の毛細血管の血行が悪くなっており、発毛・育毛に必要な栄養素や酸素を供給できていないことになります。

同じく頭皮がぶよぶよしていたり、痛みを感じたり、かゆい場合も何かしらの頭皮異常があると考えていいでしょう。

 

定期的に頭皮をマッサージしよう


抜け毛を減らし、コシ・ハリのある健康な髪を育てるためには頭皮マッサージが有効です。頭皮マッサージは頭皮の血行を促進して健康な状態に導きますので、元気な髪が生えるようになります。

マッサージは入浴後の血行がよくなっているときに行うのがポイントで、指の腹を使って生え際から頭頂部に向かって優しく押すように揉んでください。基本の動きは下から上で、両サイドも頭皮全体を動かすようにして行いましょう。全体的に揉み解したら頭皮をリズミカルに軽くたたき、血行を良くするイメージで刺激を与えましょう。

 

頭皮の色をチェックしよう


大量の抜け毛を見つけたらぎょっとするものですが、その抜け毛を増やさないためには頭皮の健康状態を知って、そこから何ができるかを考えなければいけません。頭皮が健康な人の色は青白く艶があってキメが整った綺麗なものですが、頭皮が乾燥すると白っぽい色になります。

これは乾燥が進んで角質が粉を吹いた状態ですので、フケとして出てくることもあります。黄色い頭皮は皮脂が酸化している状態ですので、べたつきやかゆみ、炎症などのトラブルの原因となります。頭皮が全体的に赤い場合は血流が悪化して炎症が起きており完全に頭皮が弱っている状態です。

 

頭皮の皮脂コントロールをしよう


人間のからだには全身に皮脂腺がありますが、頭皮は顔やからだの皮膚よりも多くの皮脂が出ています。頭皮の皮脂腺は毛根部にありますので、皮脂が出やすい人はそれだけ毛穴が詰まりやすくなっており、脱毛や薄毛、抜け毛の原因となります。

特に注意が必要なのは皮脂が出やすい脂性肌、そして乾燥が原因で過剰な皮脂を招く乾燥肌の人たち。過剰な皮脂は正常な発毛・育毛環境を阻害しますから、抜け毛が気になった場合には薬用の育毛専用シャンプーなどを使うなどして、頭皮の皮脂を上手にコントロールしてください。

 

 

いかがでしたか。

どんな健康な頭皮の人でも抜け毛はありますが、髪の悩みがある人にとって「抜け毛」は1本でも酷く憂鬱なものです。しかし抜け毛を見て落ち込むだけではなく、抜け毛の原因を探って突き止めて適切に改善していけば、ほとんどの場合は抜け毛を軽減させることができます。

抜け毛の本数をチェックしてため息をつきて終わるのではなく、自分に今何ができるのかということを考え実践していくことが大切です。抜け落ちた髪の毛はどうすることもできませんが、現在生えている髪の毛やこれから生えてくる髪の毛はいくらでも修復することができます。

そのためにはまず土台となる頭皮を健康にする努力をし、定期的に頭皮の健康チェックを行って理想的な頭皮環境に近づいていきましょう。

 

まとめ

抜け毛の本数をチェックして頭皮の健康状態を知る7つの方法

・ 正常な抜け毛をチェックしよう
・ 異常な抜け毛をチェックしよう
・ 異常な抜け毛の毛根をチェックしよう
・ 指で頭皮の状態をチェックしよう
・ 定期的に頭皮をマッサージしよう
・ 頭皮の色をチェックしよう
・ 頭皮の皮脂コントロールをしよう