おでこに出来たニキビを3週間で撃退する7つの方法

おでこに出来たニキビを3週間で撃退する7つの方法
どうしてニキビは出来てしまうのか。ニキビは皮膚疾患のひとつです。

ホルモンバランスの崩れ、細菌と皮脂の相互作用による毛穴詰まりから炎症が引き起こされます。そのため皮脂分泌が過剰になる年齢に多く見られるものです。特にTゾーンと呼ばれる鼻筋から眉毛周辺にかけた部位、髪の生え際であるおでこ全体に発生します。昔から青春のシンボルとして揶揄されてきましたが、性別にかかわらず悩ましい問題のひとつです。

ニキビは皮脂の酸化から角質が毛穴を塞いでしまうことで発生されます。毛穴が閉じた状態のニキビを白ニキビと呼び、毛穴が開いた状態のニキビを黒ニキビと呼びます。症状が悪化してしまうと毛穴は炎症を引き起こし、膿を含んだ赤ニキビへと変化していきます。赤ニキビになると痛みを伴い、その後に残されるダメージが大きくなります。このようにニキビの症状は段階を経て進行していきます。ですが適切な治療を行うことで、ニキビ肌から正常な状態の肌に戻すことが可能です。まずは改善と対策について心がけていきましょう。

今回は、おでこに出来たニキビを3週間で撃退する方法をご紹介します。



 

おでこに出来たニキビを
3週間で撃退する7つの方法

 

その1: 簡単にできるニキビケア

おでこに出来てしまったニキビは前髪に触れることで悪化してしまいます。簡単にできるケア方法としては前髪をアップにしたり、横に流した前髪をヘアピンなどで固定したりするとダメージ減に繋がります。

また清潔を保つことで細菌の増殖を防ぐことが出来ます。しかし洗いすぎてしまうと肌が乾燥してしまい皮脂が余計に分泌されてしまいますので、洗顔の後はしっかりとした保湿が必要となります。また使用する化粧水や乳液選びも肝心です。乾燥が気になる方はウォータースプレーなども併用することをオススメします。

 

その2: ファンデーションを止める

おでこを隠すために前髪を下ろすことがニキビの悪化に繋がります。

しかし前髪を退かすことで人目が気になりストレスを感じてしまうことがあります。そのためにお化粧で隠す方法を取られる方は多いでしょう。色味を抑えるベースメイクの上にファンデーションを塗り重ねて肌に負担をかけてしまう。隠すためのお化粧そのものが、ニキビ治療を遅らせてしまう要因のひとつとして挙げられます。お化粧を止めずに肌の負担を減らすため思い切ってファンデーションの使用を止めてみましょう。ミネラル成分のベースなどを薄く塗るだけです。仕上げにベビーパウダを叩いてみると化粧くずれも気にならなくなります。

 

その3: ニキビひとつでも皮膚科へ

気がついたら出来ていたニキビ。おでこに出来たニキビは最初のケアが肝心です。頬や鼻周りにある白ニキビや黒ニキビなどは、ニキビに悩んでいる方にとっては存在ひとつであってもストレスでしょう。おでこに出来たニキビは知らず知らずのうちに進行して数を増やし、気がついた時には赤ニキビを併発させています。洗顔で治すことも可能ですがなるべく早く治療するためにはニキビの数がひとつであっても皮膚科を受診しましょう。

ニキビは恥ずかしいものではありません。疾患のひとつです。お医者さんのもと正しい治療を行ってください。

 

その4: 東洋医学に頼る方法

ニキビ治療のためには体調の改善が優先されます。体調不良のまま塗り薬などを使用しても、新たなニキビが次々に現れることを止めるには繋がりません。そのためには健康であることが大切です。根本的な問題である身体のバランスを整えるため東洋医学から知識を得てみましょう。東洋医学ではニキビ治療に対するアプローチに漢方薬を用います。冷え性を改善させる。免疫力を高める。お腹の調子を整える。改善したい症状にあわせて漢方薬を選びましょう。

 

その5: 運動を怠らないために

運動を怠ると新陳代謝が疎かになります。ニキビの原因である毛穴詰まりを起こさないため、老廃物質を身体の外に排出させる機能の状態を気にかけるようにしましょう。するとニキビの数を劇的に減少させることが出来ます。運動不足になりがちな日頃の生活を見直して治療に当たりましょう。

 

その6: お得な入浴方法

新陳代謝を促すために浴槽に浸かることが大切です。自然に排出できなかった老廃物質を、身体を暖めることで汗と一緒に流してしまいます。そのためには半身浴でじっくり長くお湯に浸かることをオススメします。

またビニール傘などを利用して自宅でミストサウナを使い肌の水分量を高めることで美容にも繋がります。

 

その7: すぐれた塗り薬

それでも治らない。もっと早く効果を実感したい。膿んだニキビも白ニキビも撃退したい。そんな時にこそディフェリンやトレチノインといった塗り薬を使用しましょう。ディフェリンやトレチノインなどはニキビを治す過程で赤みや皮剥けなどの副作用がでてくるクリームタイプの塗り薬です。

また薬局やドラックストアなどで購入することは出来ません。皮膚科を受診して適切な塗り薬を処方して貰いましょう。薬品のネット販売から購入される方は、十分に調べてからの購入をオススメします。

 

ニキビに対するアプローチ方法は様々ありますが、自分自身にあったケアや治療法を取ることが大切です。過度なケアからニキビを増やしてしまう可能性もあります。

慎重にケアを続けていくことが重要です。適切な治療を選び、肌の状態を健康に保つことでニキビは劇的に改善されます。

 

まとめ

おでこに出来たニキビを3週間で撃退する7つの方法

その1: 簡単にできるニキビケア
その2: ファンデーションを止める
その3: ニキビひとつでも皮膚科へ
その4: 東洋医学に頼る方法
その5: 運動を怠らないために
その6: お得な入浴方法
その7: すぐれた塗り薬