おでこのニキビは原因から根絶すべき5つの理由

おでこのニキビは原因から根絶すべき5つの理由

おでこはTゾーンと呼ばれる皮脂の分泌の特に多い場所にあたります。そのために、ニキビのできる場所としておでこが一番にあげられるほど、ニキビができやすくなってしまうのです。

ただし、単純に皮脂の分泌が多いからという理由ででき始めるニキビも、そこには隠れた原因や悪化させてしまう原因があるのです。それををつきとめないでいると、おでこいっぱいに真っ赤にニキビが広がった状態になってしまいかねません。

そうならない為にも、またおでこいっぱいにニキビが広がって炎症を起こしてしまっている人も、おでこのニキビが悪化しやすい原因を知って、おでこのニキビをきっちりと根絶しましょう。



 

おでこのニキビは原因から
根絶すべき5つの理由

 

その1: 前髪で隠すと、悪化させるだけです。

おでこにニキビが出来ている時、前髪の存在は有難いですよね。前髪を下ろしてしまえば、ニキビは見えません。でも、ちょっと待ってください。髪の毛にはばい菌がいっぱい付いています。そのうえ、炎症を起こしているニキビを、髪の毛でチクチクと刺激し続けているのです。

そうすると、前髪で隠されたニキビはどうなるでしょう。更に炎症がひどくなり治りにくくなってしまいます。この先ずっとニキビの広がったおでこと付き合っていくよりも、今のうちにおでこのニキビを根絶してしまうために、思い切って前髪を下ろすのをやめてみませんか?

 

その2: 洗顔料やシャンプーリンスが残っている可能性もあります。

洗顔の仕方や、シャンプーやリンスのすすぎの仕方というのは、本人が気が付いていないだけで、クセに従っていつも同じパターンで洗っていることが多いものです。洗顔のあと、額の生え際に泡が残っていないかを毎日ちゃんと鏡で確認していますか?

額の髪の毛の生え際に洗顔料が残っていると、ニキビの原因になってしまいます。シャンプーのすすぎは、髪の毛の重なった中まで、ちゃんと泡が洗い流されていますか?シャンプーのすすぎの時、シャワーをかけている表面になる部分はちゃんと泡が流されていても、髪の毛が重なった内側に泡が残っていることが多いのです。

特に下を向いてシャンプーやリンスを流す人は、前髪や額横の髪の毛の根元部分にシャンプーやリンスが残っていることが多く、これがニキビの原因となってしまうこともありますので、しっかりと指を通して髪の毛のかたまりの内側まで洗い流すようにしましょう。

 

その3: 他の菌が原因になっているかもしれません。

おでこいっぱいに真っ赤に広がって炎症を起こしてしまっているニキビの場合、もしかしたらマラセチアというカビの菌が原因の、マラセチア毛包炎かもしれません。このマラセチア毛包炎は、ニキビのように一個一個が大きくなることはなく、細かい小さなニキビのような赤みをもったプツプツがおでこいっぱいに広がった状態になります。

カビと言うと不潔なイメージを持ってしまうかもしれませんが、マラセチアは人の皮膚の表面に存在している260種類もの常在菌の中の一つです。このマラセチアが通常よりも異常に増えてしまった時に、このマラセチア毛包炎になってしまうのです。

マラセチアは脂が大好きな菌ですので、皮脂の分泌が過剰であったり、ストレスなどでホルモンバランスが崩れた時に、異常繁殖してしまいます。マラセチア毛包炎かもしれないと思ったら、早めに皮膚科を受診しましょう。

 

その4: 脂漏性皮膚炎を起こしているかもしれません。

脂漏性皮膚炎もまた、マラセチアという真菌(カビ)が原因になって起こる皮膚炎です。赤く炎症を起こし、皮膚がガサガサしたりゴワゴワして、角質が剥けてきます。おでこに脂漏性皮膚炎が起きた場合、もともとニキビのできやすい所なので、毛穴もプツプツと脂をもって膨らんでいたりして、「ニキビ+肌荒れ」なのか、「脂漏性皮膚炎」なのか、自分では判断がつかないかもしれません。

とにかく、おでこいっぱいに広がって赤く炎症を起こしている時は、早めに皮膚科を受診して、抗真菌薬の入った塗り薬を処方してもらいましょう。早ければ数日で赤みが引いて改善されてきます。

 

その5: ホルモンバランスが乱れているかもしれません。

おでこにできるニキビは、思春期にできるものが一番多いでしょう。次に多いのが30代からの女性です。これは、ニキビの原因の根底にあるのが、ホルモンバランスの乱れだからです。思春期のニキビは、身体が大人になっていく過程で、ある程度仕方のないことです。

もちろん、しっかりと皮脂対策をすることでニキビを抑えることはできます。一方、30代以降になってから出来る大人ニキビは、ストレスや加齢による女性ホルモンの減少と男性ホルモンの分泌の増加が原因です。大人ニキビは、思春期のニキビと違って、皮脂対策をするだけでは乾燥を引き起こしてしまい、かえってニキビを悪化させてしまいます。

そのため、大人ニキビの改善には、女性ホルモンの様な働きをしてくれる大豆イソフラボンを積極的に摂取することが効果的です。大豆イソフラボンは、豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品に含まれている成分です。

ホルモンバランスの乱れは、ニキビだけでなく身体全体の健康にも大きく関わってきますので、大人ニキビをきっかけにして、自分の身体の状態を良く知ることが大切です。

 

いかがでしたか。

ただのおでこのニキビと思っていても、そこには全然気が付いていなかった様なことが隠れていることが多いのです。それに気づかずにいると、ニキビ対策用の基礎化粧品などを使っても全く効果がない、余計ひどくなっていく、そんな状態になりかねません。おでこのニキビに悩んでいる方は、これらを参考にして、ニキビの無い綺麗なお肌をめざしてゆきましょう。

 

まとめ

おでこのニキビは原因から根絶すべき5つの理由

その1: 前髪で隠すと、悪化させるだけです。
その2: 洗顔料やシャンプーリンスが残っている可能性もあります。
その3: 他の菌が原因になっているかもしれません。
その4: 脂漏性皮膚炎を起こしているかもしれません。
その5: ホルモンバランスが乱れているかもしれません。