一日5分のダイエットでお腹を凹ます9つの方法

一日5分のダイエットでお腹を凹ます9つの方法
皆さんは毎日の生活の中で喜びを感じる瞬間とはどんな時でしょうか?仕事が上手く行き成功する、誰かにプレゼントを貰う、好きな洋服を買う、美味しいものを食べる、好きな人とデートする、子供と遊ぶ、他にも色々な事で喜びを感じる瞬間があると思いますが、どの喜びにも大事な事が一つあります。

それは、健康的であることです。健康的な体作り、これは誰もが目標とし、日々気にしている事だと思います。しかし、現在は色々な食文化や美味しいものが安く買える時代です、誰もが気をつけていながらも中々健康的な体を維持するのは難しい、特に健康状態に支障をきたすと言われているのが肥満です。

肥満の怖さは、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因となることが多く、癌、脳卒中、動脈硬化、糖尿病、高血圧など肥満が要因となることが分かっています。しかも、この病気が連動して起こる可能性があります。

最近では肥満を克服すれば成人病の多くは治るだろうとされています。しかし肥満とはただ太っているからとは限りません、肥満とは体内の脂肪の量、体脂肪率が一定の量より多いか少ないかで決まります。

最近は体重が標準でも脂肪が多い〔隠れ肥満〕の方が増えてきています。

痩せているから私は大丈夫と安心していては知らない間にお腹の中にもうひとつの外には見えないお腹が出来ているかも知れません、しかし、毎日のキツイ仕事を終えて運動をするには少し難しい、スポーツクラブに行くお金が無い、毎日の家事や子育てでそんな時間が無い、そういった方々に今回お伝えします。



 

一日5分のダイエットで
お腹を凹ます9つの方法

 

その1: ストレッチでお腹を凹ます方法

ストレッチといっても色々ありますが今回はお腹を凹ますと言う事で〔ダブルツイストストレッチ〕をお勧めしたいと思います。

まず足を伸ばした状態のまま座ります、次にお父さん座りになり片方の脚をもう片方の脚の上を通して逆側に持って行きます、次に逆側に持っていった脚と反対の腕を体をゆっくりひねりながら逆側に持っていった脚の膝と腕の肘をあわせるようにし、上半身を無理せず、気持ちよく感じる所までひねって下さい、この時背筋は曲げずしっかりと伸ばしたままにして下さい。

この時の呼吸法ですが息を吐きながら上半身をひねりひねった所で2.3回呼吸してからゆっくりともとの姿勢に戻します。これを一日左右3回ずつを目安にして下さい。

ストレッチをすることで血液の循環が良くなり痩せやすい体に生まれ変わります、そして腹部をひねりながら呼吸をすることによりインナーマッスルを鍛え内臓脂肪を燃やしお腹を凹ましてくれるでしょう。

 

その2: お腹を凹まして呼吸をするだけの簡単ダイエット

やり方は、まず立った状態で胸を張り、姿勢を正します、次にお腹をへっこめながら、息を大きく吸い込みます、次に息をゆっくり吐きながら、お腹をさらにへこませるイメージで。

この時に、お尻の穴のもぐっと力を入れます。お腹をしっかりとへこませた状態を30秒キープします、これを10セット繰り返します。立った状態が一番良いですが、慣れてくれば料理中や買い物中にも出来ますので時間がない方や主婦の方々にもおすすめです。

 

その3: 定番中の定番!腹筋ダイエット法

ブーイングしたい気持ちを押し殺して読んでみて下さい。皆さんは今までどんな腹筋をしてきましたか?さぞやキツイ腹筋をしてきたのでしょう、自分に無理な腹筋運動をしても中々成果は見えてこないでしょう、しかし、こう考えて見て下さい、やれるだけやれば終わり。

かなり気持ちも体も楽になったと思いませんか?そうなんです、このダイエット法はたくさんの挫折者の方々の意見を聞くとみなさんが口にする〔続かない〕なんです。

その一番の原因はきつさにあります、よし始めようと意気込んでするのは始め、その次の日には極度の筋肉痛で腹筋が出来ない、それが2,3日続き4日目には何も無かったかのようになってしまいます。大事なのは限界ギリギリまで腹筋を追い込むことより〔習慣化〕なんです、ポイントは始めにキツイなぁと思ったところで止める事です。

5分あれば大体の方は腹筋がきつくなると思います、そこで止めてしまうんです、早く痩せたい一心で腹筋運動を頑張るより少しきついぐらいで止めておく方が〔習慣化〕出来ます。

それに時間が無い時でも5分あれば出来ると言うメリットがあります、今まで腹筋運動で挫折を経験した方も一度お試しになってはいかがでしょうか。

 

その4: 体内時計ダイエット法

みなさんは毎日決まった時間に起きていますか?休みの日や、勤務時間がバラバラの方は中々難しいと思われがちですが、毎日決まった時間に朝起きることで体内の遺伝子時計を正常に戻す事が出来ます。

体内の遺伝子時計がくるって来ると疲れやすくなったり、体が脂肪を燃焼するリズムが狂ったりと体に大きな影響が出ます、食生活をちゃんと行っているのに中々痩せない、運動を毎日やっているのに中々痩せない、何て感じたことのある方はもしかすると遺伝子時計が正常に機能していないのかもしれません。

本当か?嘘じゃないの?と思っている方も一度やってみてはいかがでしょうか。

 

その5: 食事の順番を変えるダイエット法

これは5分が関係あるのかと思っている皆さん、関係ありますよ、食事をする際、1〔野菜〕2〔タンパク質〕3〔炭水化物〕この順番で食べていれば脂肪の過度の吸収を抑えることが出来ます。

そして大事なのは野菜を食べるのに5分間かけて食べて頂きたいのです。食事を始めてから約15分間で脳に信号が送られます、野菜を5分間かけて食べることにより後のタンパク質や炭水化物の過度の摂取を満腹中枢が脳に働きかけて抑えてくれます。たったこれだけで体に変化が現れますよ。

 

その6: 超簡単、肩回しダイエット法

脇を閉めた状態にしてそのまま肘を肩の高さまで持ってきます、その状態で肘を少し後ろに持って行きます、肩甲骨が動いたところで止めそのまま肩を回します。20回~30回を3セットするだけ。

 

その7: 肩甲骨ウォークダイエット法

歩きながらでもテレビを見ながらでも出来ます、まず脇を閉め肘を肩の高さまで持って行きます、そして手の甲から肘までを上に上げていきますこの時腕の形が90度になるようにして下さい。これを20回~30回3セット。

 

その8: 壁に肩を着けるダイエット法

壁に背を向けて座りますその状態から肩の横を壁に着けるように肩を後ろに持って行きます、そして肩が着いたら10秒間止めますそれを3セット行います。

この6.7.8のダイエットに共通するのは肩甲骨です肩甲骨とその周辺には、脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があります。この細胞は摂取カロリーをエネルギーとして放出させる働きがあります。

肩甲骨を動かすことによって褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体を作ることが出来るのです。

 

その9: 書くこと、見ることで効果があるダイエット法

これをするだけで自然と効果がある方やダイエットがつづく方が多いです。まず今の自分の嫌な体の部分を写します、そして目標にしたい人を写します。

それを並べて自分がよく見る所に置いておきますそして自分の目標や、いつまでにこの体系になるなど、細かければ細かいほど良いです、書き出します、それを毎日見て読みます、これだけで効果があるのです。

目標があるだけで自分の日常生活に変化が現れます、何をするにもその目標に近づこうとする自分が出てくる事でしょう。

 

いかがでしたか?

健康的に、なおかつダイエットが出来て、目標の自分になれるように紹介させて頂きました。この方法に出会え読んで頂いた事で、みなさんの頭の中にはまた違ったダイエットのありかたが生まれたと思います。

これを知っていればいつどんな時でもみなさんのお役に立てるでしょう。新しい知識を存分に使い、幸せな未来を作って行けるようにするには、後はみなさんの少しのチャレンジ精神です、そのチャレンジ精神があれば、劇的に変えてくれる事でしょう。

 

まとめ

一日5分のダイエットでお腹を凹ます9つの方法

その1: ストレッチでお腹を凹ます方法
その2: お腹を凹まして呼吸をするだけの簡単ダイエット
その3: 定番中の定番!腹筋ダイエット法
その4: 体内時計ダイエット法
その5: 食事の順番を変えるダイエット法
その6: 超簡単、肩回しダイエット法
その7: 肩甲骨ウォークダイエット法
その8: 壁に肩を着けるダイエット法
その9: 書くこと、見ることで効果があるダイエット法