今すぐ実践!効果的にお腹の脂肪を落とす方法

今すぐ実践!効果的にお腹の脂肪を落とす方法
おしゃれを思うように楽しむためには、お腹の脂肪を落とす方法は気になるところ
ですよね。お腹の脂肪を落とさないと、履きたいスカートも履けませんし、カッコイイなあと思うズボンもあきらめなくてはなりません。おしゃれを気にする人は、やはりお腹の脂肪は少ないに越したことはないのです。

そのためにも、お腹の脂肪を落とす方法を知って、今日から思いきって、実行に移してみませんか。とはいえ、一度にたくさんやるのは大変です。最初から、ムリしすぎなくても大丈夫。できることを、たった一つやってみるだけでよいのです。最初の一歩を、踏み出してみましょう。その一歩があなたをきっと変えてくれるはずです。

そこで今回は、お腹の脂肪を落として、スッキリとかっこよく、颯爽とした身体を手に入れるためにはどのようにしたらよいのか、お伝えします。



 

今すぐ実践!
効果的にお腹の脂肪を落とす方法

 

腹筋を鍛えましょう


心臓や肺は、肋骨によって守られています。卵巣や子宮は、骨盤によって守られています。でも、お腹には骨がありません。お腹にある胃腸などの大切な内臓は、骨できちんと守られていないわけです。

そのため、お腹を保護しようとして、脂肪がたまります。お腹に脂肪がたまりやすいのは、こういう事情があるわけです。けれども、美容面からしたら、あまりにたくさんの脂肪が、お腹まわりにくっつくのは困りますよね。何とか落としたいと大抵の方は願うはずです。

そこで、お腹の脂肪のかわりに、筋肉で胃腸を守りましょう。つまり、腹筋を鍛えるのです。腹筋を骨のように固くして、胃腸を保護しましょう。腹筋を鍛えれば、お腹の脂肪も見事にスルリと落ちてくれます

お腹の脂肪を落とすための腹筋運動。いろいろな方法がありますが、いくつかご紹介しましょう。

・仰向けになります。頭の後ろで両手を組み、ひざは立てましょう。
・息を吐きながら、おへそをのぞきこむようにして、上体を起こします。ひじは前に倒します。
・息を吸いながら、ゆっくりと元に戻ります。これを最低30回は繰り返しましょう。

他にも、いろいろな方法で腹筋を鍛えることができます。

・仰向けになります。両足は90度に上げましょう。手は横に広げます。
・息を吐きながら、両足をゆっくりとおろします。10秒間くらいかけて、ゆっくりとおろします。
・床スレスレの所で、止めましょう。そのまま、10秒間キープします。
・両足をそろえて、ゆっくりとあげましょう。
・これを10回繰り返しましょう。慣れてきたら、両足を斜め横におろしたりしてみましょう。

V字バランスも、腹筋を鍛える良い運動になります。また、ヨガには、板のポーズと呼ばれるポーズがありますが、これも、お腹の脂肪を落とす方法として最適です。腹筋だけでなく、背筋や、二の腕の筋肉も同時に鍛えてくれるので、より綺麗な身体を目指したい方に、ぜひ、挑戦していただきたいポーズになります。

それでは、板のポーズの正しい方法もご紹介しましょう。

・腕立て伏せをする前のような形になります。
・身体を板のようにまっすぐに保ちましょう。おしりが上がりすぎていたり、あるいは、下がりすぎていたら、意味がありません。家族の人に見てもらったり、鏡で自分でチェックをして、とにかく、身体をまっすぐに保ちましょう。そのまま、一分間キープします。

板のポーズはかなり地味ですが、お腹の脂肪を落とす方法として効き目はバツグンです。

 

腹斜筋を鍛えましょう


腹直筋とは、一般的に腹筋が割れているあの部分のことを指します。ただ、そこを鍛えるだけでは、お腹まわりの脂肪をスッキリさせることはできません。お腹の脂肪を落とす方法として、もう一つおすすめしたいのは、腹斜筋を鍛えることです。

腹斜筋とは、身体のななめを走っている腹筋のこと。この腹斜筋を鍛える方法もご紹介します。

・仰向けになります。ひざを立てましょう。手は横に広げておきます。
・左ひざに右足をかけます。左手を頭の後ろに置きましょう。そのまま、身体をねじるようにして上体を起こし、左肘と、右ひざを近づけ、できればタッチしましょう。
・ゆっくりと身体をおろします。これを10回ほど繰り返したら、反対側も同じように行います。

 

正しい姿勢をとりましょう


猫背になっていませんか。あるいは、身体が反りすぎていませんか。鏡でチェックしてみましょう。悪姿勢はいけません。正しい姿勢を取って、背筋をピンとのばしていたら、それだけで案外、身体は疲れるものです。本当に背筋をいつも伸ばしておこうと思ったら、腹筋と背筋の力が必要なのです。ですから、お腹の脂肪を落とす方法を実践したいけど、腹筋運動や、腹斜筋を鍛える時間なんて少しもないという方は、まずは、正しい姿勢をとることから、始めてください。それだけで、腹筋と背筋は、十分鍛えられます。

 

いかがでしたか。お腹の脂肪を落とす方法は、運動だけではありません。食生活を見直すことも大切です。夜遅くに食べていませんか。夜食はおいしいですが、夜には身体をあまり動かしません。ですから、夜に食べたものは、身体を動かすエネルギーとならず、身体にためこまれてしまうのです。つまり、脂肪に変わりやすいということ。夜食の習慣が、お腹の脂肪につながってしまうというわけです。

ですから、夜食をやめて、かわりに、朝ごはんと昼ごはんをしっかり食べましょう。朝と昼に食べたものは、身体を動かすエネルギーとなってくれます。

また、間食や、甘いジュースなども控えるだけでも、お腹の脂肪を落とす方法につながります砂糖も控えめにしましょう。かわりに、ハチミツを使うのがおすすめです。砂糖よりもハチミツの方がすぐにエネルギーに変わってくれるため、脂肪になりにくいのです。

お腹の脂肪と落とす方法は、やっぱり難しいと思ったかもしれません。けれども、自分にできることをコツコツと毎日続けることで、きっと成果が表れますから、頑張ってお腹の脂肪を落とす方法を実行してみてくださいね。

 

まとめ

お腹の脂肪を落とすには

・お腹の脂肪をためて内臓を守るかわりに、骨のように固い腹筋を作って、内臓を守りましょう
・腹斜筋を鍛えて、さらにお腹まわりを引き締めましょう
・正しい姿勢を心がけて、腹筋と背筋を鍛えましょう