お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るコツ

お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るコツ
お腹の脂肪、メタボ、気になりますよね。運動をすることを強いられない社会人となると、太りやすい生活になります。お酒を飲む機会も増えますし、外食も増えますし、また、年齢を重ねるほど、ますます、食べるばかりで、運動をしなくなりますよね。

ずっと履いていたズボンやスカートが履けなくなってくると考えるようになって、ダイエットと言う言葉も頭をよぎるようになります。鏡でお腹まわりを見ると、姿が変わってしまっているのは明らか。思わず、お腹のお肉、つまんでしまいませんか。

さて、忙しい日々の中、お腹の脂肪を減らすには何ができるのでしょう。そこで今回は、「お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るコツ」についてお伝えします。



 

お腹の脂肪を取って
すっきりしたウエストを作るコツ

 

内臓脂肪を減らす食生活


お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るには、特に男性は内臓脂肪を減らすことを意識してください。一つの参考基準としては、ウエストサイズを目安にすることができて、男性は85cm以上、女性は90cm以上の人は内臓脂肪が多いとされています。正確に知りたい人は、内臓脂肪計を利用してください。

内臓脂肪を減らすには、食生活の改善が一番の方法で、今現在、食べている量よりも減らす必要があります。どれくらい減らせばいいかというと、2割~3割減らすようにしてみてください。カロリー計算が面倒なら、糖質と炭水化物を2割~3割減らしてください。糖質と炭水化物は、直接的に脂肪になりやすいからです。

糖質と炭水化物を2割~3割減らすのは、日頃の食生活で調節しやすいですよね。家族といっしょに食事をする時も、職場の人と食事をする時も、おかずを減らさずに、お米、パン、デザートを減らすことができますので、内臓脂肪を減らす食生活を心がけて、お腹の脂肪をすっきりさせましょう。

 

ダイエット10ヶ条を意識する


お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るには、ダイエット方法でよく言われていることを意識することも大切です。ダイエット10ヶ条ということで、まとめたものを参考にしてください。

よく噛んで食べる。早食いをしない。腹八分目を意識する。1日3食が理想的。食事の量の比率は、朝5:昼3:夜2にする。ながら食べはしない。夜食を控える。食物繊維を多めに摂取する。糖質、脂質、炭水化物を控える。アルコールを控えめにする。

 

有酸素運動で脂肪を落とす


お腹の脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的なので、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、水中ウォーキング、ダンスなどを取り入れてみてください。三日坊主で終わらないように、「軽い運動を長く続ける!」というのをスローガンにしましょう。

20分~30分の有酸素運動を週3回くらい実践する目標を立てて、スケジュールを作ってください。体重の方の目安になりますが、3~6ヶ月で5%、1年で10%、体重を減らすというのが健康的なダイエットとされていますので、こつこつ、続けることが大事ということです。

 

漢方薬を利用する


お腹の脂肪を落とすには、漢方薬を利用する方法もありますが、実際に利用する場合は、専門家に相談することが必要です。ここでは、参考情報を挙げておきます。防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、大柴胡湯(だいさいことう)、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)の3つの漢方がダイエットに適しています。

防風通聖散は、食欲旺盛なぽっこりお腹の人に、おすすめの漢方で、ぽっこりと、お腹に脂肪がつきやすい人の傾向には、ジャンクフードが好き、好む味はこってり系、冷たい飲み物が好き、運動をしない、便秘がちということが挙げられます。

大柴胡湯は、ストレス解消でついつい食べてしまう人向きで、防已黄耆湯は、あまり食べないのにぽっちゃりタイプという人に、おすすめ。専門家に、処方してもらってくださいね。

 

ファスティング効果で脂肪を落とす


ファスティング効果でお腹の脂肪を落とすというのもいいですよね。内臓を休めることもできるので、月に1度、土曜日から日曜日にかけて実行するところから始めてください。あとは、隔週に行う、毎週末に行うなど、体調に合わせてペース配分してください。

基本的には、何も食べないというのがルールで、完全断食では、水分も取りませんが、はじめての人は危険なので、水分は摂るようにしてください。また、ファスティング専用のドリンクとして、酵素ドリンクのみで過ごすのもOK。内臓を休めるという気持ちで、ファスティングダイエットをしてください。

ファスティング明け、断食明けにも注意してください。2日間、食を抜いた場合は、2日間かけて戻して行くことが必要で、おかゆ、ヨーグルト、バナナなど、内臓にやさしいもので2日間は過ごしましょう。

 

以上、「お腹の脂肪を取ってすっきりしたウエストを作るコツ」についてお伝えしました。最近、ウエストが気になるようになったなぁという人は、まずは、内臓脂肪を減らす食生活に挑戦してください。皮下脂肪を減らすよりは楽にできますよ。

そこに、有酸素運動を加えれば効果は高まります。内臓脂肪を減らすという意識なら、ウォーキングがおすすめです。ただし、すぐにやめたりしないで、続けてくださいね。

食べないというダイエット法では、きちんと体調管理をすれば、ファスティングダイエット、プチ断食、正式な断食は、確実に脂肪を減らすことができます。ただし、健康的な体を作るという意味でも、断食明けの回復食は、いきなり通常メニューにしないようにしましょう。

 

まとめ

お腹の脂肪を取ってすっきりさせるには、

●内臓脂肪を減らす食生活をする。
●ダイエット10ヶ条を意識する。
●有酸素運動で脂肪を落とす。
●漢方薬を利用する。
●ファスティング効果で脂肪を落とす。