お腹痩せダイエットに必要な6つの食事の取り方

お腹痩せダイエットに必要な6つの食事の取り方
お腹痩せダイエットに効果的な食事の取り方があれば知りたいと思いますよね。たとえば、炭水化物は抜いた方がいいのか、本当は抜いたらダメなのかと悩んで、調べたけれどわからずに結果ダイエットを取りやめる人も多いもの。

ほかにも、1日3食がいいのか、それとも2食がいいのか、一度に食べる量は少ないほうがいいのかなどあれこれ悩んでしまうこともあるかもしれません。どちらにせよ、確信が持てないので、結果が出ないと簡単にあきらめてしまうのです。

自分の決意が足りなかったかもしれないのに、「方法が悪かった」で片付けて、悔しいという気持ちさえ持ちません。それでは、いつまでも、お腹痩せしない状態から抜け出せないままです。そこで今回は、お腹痩せのための食事の取り方についてお伝えします。



 

お腹痩せダイエットに必要な
6つの食事の取り方

 

炭水化物は、夜は控えめにする


お腹痩せのためには、炭水化物は、夜は控えめにすることをおすすめします。単純に、夜は運動をしないからとも言えますが、夜に炭水化物を控えて就寝する前までにブドウ糖を使いきっておけば、 眠っている間も基礎代謝のために脂肪燃焼されるという理由があるのです。

人間は、エネルギー源となるブドウ糖が少なくなると、 脂肪を燃やしてエネルギーとして使うという体のしくみになっています。つまり、夜に炭水化物をたくさん食べると、効率的に脂肪が燃えないので太りやすくなってしまうのです。

 

炭水化物は朝、タンパク質は昼、食物繊維は夜


お腹痩せのための1日の食事の取り方は、朝に炭水化物、昼にタンパク質、夜に食物繊維という流れが理想的です。これは、しっかりと消化するということを念頭に置いた考え方です。

説明を加えると、朝に、ごはんやパンを食べておくと、時間をかけて消化できるので、太ってしまう原因とならないということです。同じ理屈で、タンパク質の肉、魚、卵、揚げ物などを食べたい時は、昼に食べるようにしましょう。

そして夜は、食物繊維の野菜中心のメニューにすると、お腹痩せの体質になっていきます。

 

ホルモンバランスと血糖値の関係を理解する


お腹痩せの効率を良くするには、ホルモンバランスと血糖値の関係を理解しおきましょう。ご飯を食べて血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンによって血糖値が下がると、再び、空腹感を感じるという繰り返しになるわけです。

もう一つのしくみとして、グルカゴンというホルモンは血糖値を上げます。血糖値が下がった時に感じる空腹感を食い止める働きがあるのです。グルカゴンは、特にたんぱく質を摂取することで分泌されるようになります。

インスリンとグルカゴンの働きから、お腹痩せの効率を良くするには、2つのポイントが挙げられます。1つ目のポイントは、炭水化物、たんぱく質、野菜を1:2:3の割合で食べることです。2つ目のポイントは、野菜、たんぱく質、炭水化物の順番で食べることです。

 

20分以上、時間をかけて食べる


早食いは、大食いの原因になって、太る連鎖から逃れられなくなります。お腹痩せするには、20分以上、時間をかけて食べるのが理想です。ゆっくりと、20分以上かけて食べると満腹感が生まれます。

逆に言えば、早食いをしてしまうと、脳からの「満腹サイン」が出ないまま、量を食べ過ぎてしまうのです。そこに、よく噛んで食べるという方法を足せば、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

おやつは、低カロリーのものにする


お腹痩せするには、おやつの選び方にも気をつけたいですよね。ダイエット中のおやつは、低カロリーのものにするに限ります。おすすめは、寒天ゼリー、おしゃぶり昆布、干し芋、こんにゃくゼリー、豆乳おからクッキーです。

ダイエット中のおやつ向きのポイントは、次の通りです。寒天ゼリーは、主成分は食物繊維なのでカロリーはゼロに近いです。おしゃぶり昆布は、よく噛まなければ飲み込めないので満腹感を得やすいです。

干し芋は、干すことでカロリーが低下していて、鉄分やビタミンB群、ビタミンEなどが豊富です。こんにゃくゼリーは、ゼラチンを使っていないので低カロリーです。豆乳おからクッキーは、高タンパクで低カロリーで、糖質が少ないです。

 

質の良い油にする


お腹痩せするには、油も選びたいものです。普段の食事の油から取り入れている脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大きく分けられます。不飽和脂肪酸は、ダイエット中でも、脳の活性化や血液サラサラ効果、美肌効果が期待できます。

油は、不飽和脂肪酸が含まれるものから摂取するようにしましょう。魚やオリーブ油、アマニ油などがおすすめです。

 

以上、お腹痩せのための食事の取り方についてお伝えしました。とはいえ、お腹だけがダイレクトに痩せるわけではなく、全体的に痩せていき、その結果お腹も痩せる食事といったほうがいいかもしれません。お腹をいちばん痩せさせたいのであればやはり、運動を併用することも考えてみましょう。

きつい運動は続かないので毎日の生活習慣にすんなりと取り入れられそうなものを探してください。そんな運動の中でも、いちばんのおすすめはフラフープ。1つ買っても1000円程ですし、自分の部屋でも十分にできます。

「えー、フラフープなんて全然回せない!」という方も心配ご無用、ネットで「フラフープの上手な回し方」と検索すると結果がたくさん出てきます。実際に回しながら教えてくれる動画もたくさんありますので、見ながらやっていくと必ずうまくなりますよ。

続く回数が増えると楽しいので頑張らなくても自然と習慣にもなっていきます。そして一日5分も続けて回せるようになるころにはお腹もサイズダウンしていること間違いなし。食事に気を付けるのと共にぜひ、お試しください。

 

まとめ

お腹痩せのための食事の取り方は

●炭水化物は、夜は控えめにする。
●炭水化物は朝、タンパク質は昼に食べる。
●ホルモンバランスと血糖値の関係を理解する。
●20分以上、時間をかけて食べる。
●おやつは、低カロリーのものにする。
●質の良い油にする。