お腹痩せダイエットに必要な7つの食事の取り方

お腹痩せダイエットに必要な7つの食事の取り方
もっとお腹痩せできれば、二の腕がもう少し引き締まっていれば、もっと胸板が厚ければなど、女性にせよ男性にせよ、自分の体型に抱く悩みは人それぞれありますよね。なかでも、多くの方に共通している思いのひとつがお腹をもっと引き締めたい!ということではないでしょうか。

もちろん良い体を作るためには、食事だけではなく、運動に取り組んだり、生活習慣全体を見直す必要があります。でも、最初からいろんなことにチャレンジしようとしたら、気持ちが折れてしまいがちです。運動をするにはそれなりにまとまった時間が必要ですが、食事の時間は誰にでも必ずあるものです。

そう、ダイエットの大敵に思える食事は、実はお腹痩せの絶好のタイミングなんです。そこで今回はお腹痩せダイエットに必要な7つの食事の取り方をお伝えします。食事を見直しお腹痩せを実現するところから、あこがれのカラダ作りの第一歩を踏み出しましょう。



 

お腹痩せダイエットに必要な
7つの食事の取り方

 

1日3食欠かさず摂ろう


初めのポイントは、3食きちんと食事を取ることです!ダイエットの食事法というと、安易に朝食を抜いたりしがちですが、ダイエット=「お腹痩せ」に欠食は厳禁!食事と食事の間が開けばあくほど、体は栄養を体に貯めやすい=太りやすい状態になってしまうんです。特に朝食は1日の活力の源になりますので、ダイエット中でもしっかり取りましょう!

 

早食いNG!よく噛んでゆっくり食べよう


例えば仕事のお昼休みがあまり取れなかった場合などでも、出来れば食事はよく噛みながらゆっくり摂りましょう。早食いしてしまうと、満腹中枢の反応が追い付かず、お腹一杯になったと感じるまでに時間がかかってしまい、結果として食べ過ぎになってしまうことが多いのです。

逆に言うと、少ない量でも、ゆっくり食べれば満腹感が得られやすいということです。お腹痩せのためには、急がば回れも必要です。

 

食べる順番に気を付けよう


同じメニューの食事を摂ったとしても、実は食べる順番で太りやすさは変わってしまうんです!太りにくい順番は汁物→野菜→肉・魚などタンパク質→ご飯・麺など炭水化物です。

ポイントは炭水化物を最後にもってくること。炭水化物をすぐに摂ると血糖値が上がってしまい、脂肪がつきやすくなってしまう=お腹痩せ実現が遠のいてしまいます。ちなみに汁物を最初にとるのは、満腹感を得られやすいからです。

 

就寝前の食事を控えよう


人間の体は、夕方から夜にかけてエネルギー消費が落ちていくようになっています。つまり、3食の中では夕食(晩ごはん)が最も脂肪になりやすいのです。

食べたあとすぐ寝ると牛になるということわざもありますが、これはあながち迷信ではないのです。「お腹痩せ」のために、夕食は、遅くとも就寝の3時間前までには終わらせるように心がけましょう!

 

水分不足に気を付けよう


意外と盲点になりがちですが、実は水分不足お腹痩せの大敵なんです!というのは、水分不足だと体に老廃物がたまり、脂肪がつきやすくなってしまうからです。特に女性の方であれば、肌荒れの原因にもなります。

目安として1日2リットルは水分を摂取するようにしましょう(水やお茶など、カロリーのないもので!)。水分を多くとれば、老廃物も自然と体から排出されていきます。

 

栄養バランスに気を付けよう


いくら食べる量に気を付けても、同じ物ばかり食べ続けることは好ましくありません。栄養バランスの良い食事は「お腹痩せ」の近道であり、体の健康全体にとっても不可欠です。じゃあ、バランスの良い食事とは?

これはズバリ、日本古来の一汁三菜の食事が良い例でしょう。一汁三菜とは、ご飯に、汁物、おかず3種の食事です。おかず3種も、肉や魚の主菜で1品、野菜が多く入った副菜2品と配慮すると、自然とバランス良く栄養が取れます。

 

お酒の飲み方に注意しよう


季節や時期によりお酒を飲むシーンも増えますよね。もちろん、お酒もほどほどで済ませる分には楽しいものですが、過剰な飲み方はダイエットにも大敵。どうしても飲まなければいけない時は、飲みすぎないように注意することは前提として、お酒の種類に気を付けましょう。

具体的には、ビールやワイン、チューハイなどは高カロリーで要注意。一方、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は低カロリーです。飲むなら、出来るだけ蒸留酒にしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ここまで、お腹痩せダイエットに必要な7つの食事の取り方についてご紹介して参りました。実はお腹に限らず、一般にある部分だけ痩せるということは出来ないといわれているんです。つまり、お腹痩せをするには、結局のところ、体全体の脂肪を減らさないといけないんです。

逆に言うと、上に挙げたポイントをきちんと実践すれば、お腹のみならず、二の腕や背中、腰周り、足周りも自然とスッキリ引き締まってくるということです。全体がバランスよく引き締まったほうがカッコいいですよね。

食事の時間はすべての人に等しく与えられたダイエットのチャンスです。今回の内容を常に意識しながら有意義に食事を取り、理想の体型を目指しましょう!

 

まとめ

お腹痩せ—に限らず、理想の体を目指したいなら!

・ 1日3食欠かさず摂る
・ 早食いNG!よく噛んでゆっくり食べる
・ 食べる順番に気を付ける
・ 就寝前の食事を控える
・ 水分不足に気を付ける
・ 栄養バランスに気を付ける
・ お酒の飲み方に注意する