お腹やせを1ヶ月で達成!スッキリボディになる秘密の習慣

お腹やせを1ヶ月で達成!スッキリボディになる秘密の習慣

「お腹まわりがでてきたかも…」ちょっと気になりだしたアナタ!実はちょっとのことを意識するだけでお腹やせは達成できるのです。

今回はそんなお腹やせのために習慣化してもらいたいポイントを5つお伝えしましょう。「習慣化」と書いたのは、まず、「続けて」ほしいからです。

体型って1日やそこらで大きく変わりませんよね?身体は今ある状態、つまり体型をできるだけ維持しようとするんです。だから1日ご飯を食べなくても、10km走っても、しんどい割には翌日の体型はあまり変化しないんですよね。

体型を変化させようとしたら、それを何日も続けないといけません。逆に、今あなたが気になっているそのお腹も、お腹が出る習慣を積重ねてしまった結果といえるでしょう。では、お腹やせを達成するにはどうすればよいのでしょう?

そうです、今日から「お腹やせ」のための習慣を続ければいいんです。ですから今回は、面倒なカロリー計算や筋肉痛になるような激しいトレーニングではなく、お腹やせのために習慣化してほしい5つのポイントについてお伝えします。



 

お腹やせを1ヶ月で達成!
スッキリボディになる秘密の習慣

 

今のお腹の状況は?自分の目で現状を知ろう


一番初めにやってもらいたいのは、まず今の自分をしっかりと目に焼き付けること。ベストなのは服を脱いで、毎日1回、鏡に映してみることですね。

これがなぜお腹やせへの第一歩なのかというと、お腹やせを実現してスッキリとした1ヶ月後の自分をイメージしてもらいたいからです。

イメージをしっかりと持つことで、お腹やせを達成するというモチベーションの維持につながります。モチベーションは案外1日でリセットされてしまうんですよ。三日坊主ってやつですね。

だから毎日やってくださいね。できれば写真を撮って、変化を後から確認できるようにしましょう。自分の変化が目で見てわかれば、すごく達成感がありますよ。

 

簡単にできる代謝アップ!いつでもどこでも筋肉を刺激しよう


お腹やせを実現するためには、どうしてもある程度の筋肉量は必要となります。筋肉がなければそれだけお肉はたれ、きれいなシルエットとなりません。

また、筋肉は代謝、生活しているだけで消費するエネルギーを増やしてくれます。でも急に毎日腹筋300回をやりましょう!といってもなかなか続きませんね。

でも「力を入れる」だけでも意外と筋肉を使うものなんですよ。それだけなら気づいたときにいつでもできる気がしませんか。具体的な方法はとても簡単。

おへその上あたりに意識をおき、腹筋を引っ張り上げるように力を入れてみましょう。それだけでお腹がキュッと引き締まります。この状態を1日のうち、気づいたときにできるだけ維持しましょう。

 

温めるだけでお腹やせに効く!内臓の働きを活発にしよう


お腹やせには代謝量を増やすことが不可欠ですが、お腹をあたためることも代謝アップにつながります。特に冬は外気温が低いため、身体が冷えがちになります。実は冷えているだけでお腹やせには非常に都合が悪くなってしまうんですね。

お腹まわりは胃や腸など、エネルギーの吸収にかかわる内臓が集中していますよね。寒いと筋肉が動きにくいのと同様に、それらの内臓も冷えることで本来の機能を発揮してくれません。これはエネルギーが非常に消費されにくい状態です。

人間は寒さから身を守るためにエネルギー消費を抑え、あろうことか脂肪を蓄えようとします。これは大昔、食料の確保が困難だった時代に人間が獲得した機能だといわれいてます。

当時(といっても太古の昔ですが…)はそうしなければ生き抜けなかったとはいえ、なんともありがた迷惑な話ですね。ですから特に寒い季節は、服装に気を付け、お腹まわりを冷やさないこと。しっかりと意識して、消費エネルギーを落とさないように心がけましょう。

 

食事内容にも気を付けて!たんぱく質を多めにとってお腹やせ


お腹やせのためには食事習慣もやっぱり大切です。たんぱく質を意識して大目にとりましょう。肉や魚、豆類に多く含まれます。これはお腹やせに必要な腹部の筋肉を維持するために必要な栄養です。

また、炭水化物と脂質は少なめに。炭水化物や脂質は余剰エネルギーとして摂取すると、お腹やせの大敵である脂肪として身体に蓄積しやすくなります。ですから具体的にはご飯は気持ち少なめがいいですね。

料理方法は揚げ物や炒め物よりも、焼き物など食材以外の油の使用量が少ないものを選ぶように心がけましょう。素材も鶏肉ならモモ肉よりもムネ肉といったように、含まれる脂質の少ない部分を選ぶほうがベターです。

ジュースやお菓子類は、お腹やせ期間中には避けるようにしましょう。この季節だとお鍋はお腹やせへの強い味方ですね。野菜類も多く補えますし、なんといっても身体をポカポカにしてくれます。

 

夕食は早めに少なめに!夜の食事にはご注意を


食事については、内容と同じく意識してもらいたい部分があります。それは時間帯と食事量の配分です。特にお腹やせのために大事なのは夕食。

朝食や昼食は、食べた後にまだまだ身体が活動するのに対し、基本的に夕食の後は寝るだけですよね。寝ている間は当然消費するエネルギーが少なくなります。

そのため夜遅くにたくさん食事をとると、どうなると思いますか?そう、それだけ余分なエネルギーとして脂肪が身体に蓄積されやすくなります。

それはとてももったいない。ですので夕食は一日の中でも軽く済ませ、早めの時間に摂ることを意識しましょう。

 

いかがでしょうか。

お腹やせを実現するために、日ごろから意識してもらいたい5つのポイントをあげました。どれも日常生活の中で、ちょっと意識を持っていればできる気がしてきませんか。最初にもお話ししたように、「続けること」が一番大事。

お腹に力を入れるだけなら、このまとめを読んでいる間もできますね。繰り返しになりますが、お腹やせの効果って1日で出るものではありません。

だからこそ毎日摂る食事や、簡単にできることをちょっとずつ積重ねることが大事なんです。そして毎日続けられれば、ある日突然「あれっ」と思うはずです。

そうです、毎日鏡に映した自分のお腹がスッキリしてきたことに気付くんです。もうあなたには「お腹が出る習慣」ではなく「お腹やせの習慣」が身についているんですよ。

さあ、今回お伝えした5つのポイントを今日から意識して、実際に自分自身の目で、その変化を体験してみてください。

 

まとめ

お腹やせを1ヶ月で達成!スッキリボディになる秘密の習慣

・ 今のお腹の状況は?自分の目で現状を知ろう
・ 簡単にできる代謝アップ!いつでもどこでも筋肉を刺激しよう
・ 温めるだけでお腹やせに効く!内臓の働きを活発にしよう
・ 食事内容にも気を付けて!たんぱく質を多めにとってお腹やせ
・ 夕食は早めに少なめに!夜の食事にはご注意を