お尻痩せダイエットで下半身美人になる4つの術

お尻痩せダイエットで下半身美人になる4つの術
お尻を痩せさせたいと思っている人はたくさんいます。たるんでしまったお尻の肉でどこまでがお尻でどこからが太ももなのかわからない。上半身はそれなりに細いのにお尻から下は全然痩せていない悩んでいる人も多いでしょう。

海外では大きなお尻が美しいとされるところもありますが、日本では美しいお尻といったら、小さなお尻のことを指していますよね。

お尻は冷えやすい場所ということもあって、脂肪がつきやすい場所です。そのためお尻はなかなか痩せにくい場所です。油断しているとお尻の脂肪が垂れ下がって太ももまで肥大化なんていうことにもなりかねません。

モデルみたいにキュッと引き締まった小さなお尻になりたいというのは女性なら誰でも持っている願望ではないでしょうか。お尻痩せするためのエステなどもありますが、最初からお金をかけるのもハードルが高いですよね。まずは自分でできることから挑戦してみましょう。そこで今回は自分でできるお尻痩せダイエット方法をお伝えします。



 

お尻痩せダイエットで

下半身美人になる5つの術

 

お尻は簡単に太ってしまう


お尻はなぜ太りやすいのでしょうか。お尻が太ってしまう原因は大きく分けて3つあります。一つ目は脂肪が付いてしまうケース。これは体の他の部位と同じに体が使い切れないカロリーが脂肪になってしまい、それがお尻についてしまうことが原因です。

二つ目は骨盤の歪みでお尻自体が大きくなってしまうケース。女性の骨盤は出産のために開きやすい構造になっていますが、日常の立ち方や座り方、悪い姿勢の習慣で骨盤が歪んでしまい、開いた状態になることです。骨盤が開いた状態になってしまうことでお尻の骨格自体が大きくなってしまった状態です。

三つ目は筋力の低下でお尻によけいに脂肪がついてしまうケース。以前スポーツなどをやっていたけど今はやめてしまい、運動らしきことは何もしていない人に多くみられます。以前よりお尻の筋肉が落ちてしまい、お尻の部分の基礎代謝が減ってしまうことで脂肪が溜まりやすくなったことでお尻が大きくなった状態です。

この3つの原因のどれか一つだけということはないと思いますが、思い当たるものが2つくらいありませんか?失った筋肉を取り戻して脂肪を燃焼するとともに骨盤の歪みを矯正することでお尻を痩せさせましょう。

 

ウォーキングで脂肪を燃やす


ダイエットといえばウォーキングと言われるくらいの定番中の定番ダイエット。ウォーキングは有酸素運動です。最低30分、息が弾むくらいの速さで歩くことで脂肪を燃焼させることができます。お尻痩せのためには正しい姿勢大股のウォーキングをすることで骨盤の歪みの矯正も期待できます。

普段歩いている歩幅の1.5倍くらいの歩幅になるように大股で歩いてください。また視線は足元よりもずっと前を見るようにすることで正しい姿勢のウォーキングができます。

 

筋トレで基礎代謝を増やす


脂肪を燃やすウォーキングと同時にお尻を痩せさせるにはお尻から太ももの筋肉を増やすことも重要です。短期間に効果を出したいのであれば、筋トレは必須といっても良いでしょう。自分でできる筋トレとしてスクワットがあります。スクワットは45秒くらいかけて腰をしっかりと落とし、15秒くらいで元に戻る筋トレです。

スクワットをすることでお尻から太ももにかけての筋肉はかなり増強でき、骨盤の矯正効果も期待できます。ただしこのスクワットという筋トレはかなりキツいトレーニングです。1回やってみてもう限界なんて人は無理をせずに、もっと軽い筋トレをやってみることをお勧めします。

 

ストレッチで徐々に筋力強化


ウォーキングや筋トレよりもキツくないダイエットとしてストレッチがあります。ストレッチで期待できるのは脂肪の燃焼です。お尻周辺のストレッチをすることでお尻周辺の筋肉が柔らかくなり、血行が促進され、代謝がよくなります

お尻周辺のストレッチは立った状態で片足ずつつま先を地面につけて内側から外側に足をぐるぐる回すといったものが有効です。お尻のまわりの筋肉が温まった状態で行うと効果的なので、お風呂あがりにストレッチすることをお勧めします。

 

お尻歩きは万能お尻ダイエット


最後にぜひやってほしいのがお尻歩きです。お尻歩きは足を伸ばした状態で座って、お尻だけで前後に体を運ぶ運動です。前に10歩進んで後ろに10歩戻るで1セットです。お尻だけで歩くにはちょっとしたコツと筋力が必要なので最初はなかなかうまく歩けませんが、無理のないセット数から始めて徐々にセット数を増やすようにしてください。

お尻歩きをすることで一番期待できるのは骨盤の矯正です。お尻を左右に大きく動かすことで歪んでいた骨盤が元の正しい位置に戻ります。正しい位置に戻った骨盤は閉じた状態になり、お尻の骨格自体が小さくなってくれます。

お尻歩きでさらに期待できるのがお尻の筋肉の増強です。お尻を集中的に使うのでお尻の筋肉が増えて基礎代謝も増えてくれます。お尻歩きはお尻痩せダイエットにまさにぴったりのダイエットメニューです。

 

いかがでしたか。お尻を太らせてしまう原因は脂肪太りと骨盤の歪み、そしてお尻の筋肉減少の3つです。お尻の筋肉を増強して、余計な脂肪を燃焼させると同時に骨盤を正しい位置に戻すことでお尻が痩せ、キュッとしまった小さなお尻に戻すことができます。

ダイエットの定番ウォーキングは姿勢と歩幅に注意することでお尻に効果を集中させることができます。またスクワットをダイエットメニューに入れることで短期間でお尻から太ももにかけての筋力を増強して、効果を出すことが可能です。

スクワットのようにキツめの筋トレが難しい場合は足をぐるぐる回すストレッチをやることで筋肉を柔軟にして脂肪の燃焼を促してもいいでしょう。最後にお尻を痩せさせる万能ダイエットのお尻歩きはぜひやってもらいたいメニューです。お尻を太らせてしまう3つの原因すべてに効果があるダイエットメニューです。

いずれにしても通常のダイエット同様に食生活のコントロールと十分な睡眠は必須です。他のダイエットと共通しますが、あまり無理なメニューを組み立てると長続きしませんし、ストレスが溜まってしまい、ダイエットホルモンである成長ホルモンの分泌にも悪影響が出ますので、自分の体と日常生活と照らしあわせて、ダイエットメニューを組み立てることは言うまでもありません。

自分でできるメニューを組み立てて、焦らずに続けていけば、誰でも痩せた理想のお尻になることができるのです。

 

まとめ

お尻を痩せさせるには

・正しい姿勢で大きい歩幅のウォーキングをしよう
・スクワットでお尻から太ももの筋肉を増強しよう
・風呂あがりのストレッチでお尻の筋肉を柔軟にしよう
・お尻歩きで骨盤を矯正しよう