お尻ニキビを治したい!美尻を手に入れる5つのプロセス

お尻ニキビを治したい!美尻を手に入れる5つのプロセス
ぷっくりと赤く腫れたお尻のニキビは、普段は人に見られるところではないものの、ちょっと触れただけでも腫れたり痛んだりして気になりますよね。恋人がいる人は、いざという時に見られたらどう思われるだろうという心配もあるでしょう。

そんなお尻のニキビは、毎日座ったり下着に擦れたりしてダメージを受けやすいため、簡単には治りません。しかも、このお尻ニキビを長引かせると、色素沈着が起こってますます見た目が汚くなってしまいます。

美尻を目指す人には天敵と言っても過言ではないお尻のニキビ。これを治すためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、お尻にできたニキビを悪化させずにきれいに治す方法についてお伝えします。



 

お尻ニキビを治したい!
美尻を手に入れる5つのプロセス

 

お風呂で丁寧に洗おう


お尻のニキビは、顔のニキビと同じく皮脂と角質、そして雑菌の繁殖によって起こります。よって、皮脂と角質を適度に取り除き、清潔にすることが治療の第一歩となります。

身体を洗う時、多くの人が椅子に腰かけた状態になりますよね。その姿勢だと、お尻をしっかり洗わないままになってしまうことが多くなります。まずは、全身を洗う時は立って洗い、お尻を清潔にすることを意識して下さい。

お尻の皮膚は顔ほど繊細ではないため、やわらかめのボディタオルやスポンジで洗ってOKです。ただ、皮膚が赤くなってしまうほど強くこすらないようにしましょう。

 

摩擦の少ない下着を着用しよう


お尻にニキビができる原因は、下着のこすれや蒸れでダメージが加わることも挙げられます。きつい下着や肌を痛めるようなレースの細工が付いた下着、そして通気性の悪い素材のものを毎日着用するのは良くありません。

まずは、綿などの通気性の良い素材で、サイズが合った下着にすること。そして、シームレスでお肌に縫い目が触れないものや、ボクサータイプで履き口がお尻に食い込まないデザインのものを選びましょう

素敵なデザインの下着はとても魅力的で気分も上がるものですが、お尻ニキビがあるうちは我慢して、美尻を取り戻してからの楽しみにしておきましょう。

 

通気性の良いボトムを着用しよう


下着と同じく、パンツやスカートなどのボトム類もお尻ニキビの治りを左右します。ボトムが厚手で通気性が悪いとやはり雑菌が繁殖しやすくなりますし、薄くても化繊でできているものは汗を吸ってくれないため、お尻が蒸れてしまいます。

毎日のボトムは、薄手の綿でできた、ゆったりとしてお尻に密着しないデザインのものを選びましょう綿製なら通気性の良さだけではなく、自宅で気軽に洗えるので清潔を保てます

制服やスーツなどで仕事をしている人は、せめてストッキングの通気性を良くして対処して下さい。

 

座りっぱなしにならないようにしよう


衣類やお尻の洗浄に気を遣っても、仕事場で座りっぱなしになってしまうことが多ければ、やはり蒸れが生じ、お尻にニキビができてしまいます。なるべく、ずっと座りっぱなしにならないように意識してこまめに立ち上がる癖を付けましょう

椅子の素材が合皮やプラスチックだとさらに蒸れる原因となりますので、間に一枚座布団を挟むことをおすすめします。座布団は綿の詰め物に綿のカバーを被せたものが理想的ですが、かさばるものや重たいものが多いので、用意が難しければ、なるべく通気性の良い素材を使ったものにしましょう。

座布団はこまめに洗うようにすると雑菌の繁殖が抑えられ、より良いですね。

 

粉瘤や根深いおできは病院で治療しよう


ここまではアクネ菌によるお尻ニキビの対処法についてお伝えしてきましたが、お尻ニキビではないできものだとしたら、これらの対処法ではあまり効果がありません。お尻には、皮膚にできた袋に皮脂や角質が溜まる「粉瘤」というものや、毛穴の奥深くに細菌が感染して膿を持つ、いわゆる「おでき」などもよくできます。これら以外にも、最悪だと皮膚がんというケースもあります。

ニキビ以外のできものは自然治癒が難しいものが多いため、皮膚科で治療を受ける必要があります。自分のお尻のできものをしっかり観察して、ニキビではないと思ったら皮膚科にかかるようにするのが美尻への近道です。

 

いかがでしたでしょうか。お尻ニキビを治して、きれいなお尻を手に入れるためにするべきことについてお伝えしました。

場所が場所だけに人に相談しにくく、皮膚科にも診てもらいにくいお尻ニキビ。普段の生活では他人に見られないということもあり、放置してしまいがちの人も少なくないようです。

でも、お尻ニキビを放っておくと美尻どころか「汚尻」になってしまうのは避けられません。ですから、まだニキビが軽いうちに徹底的にケアをして、早めに治してしまうのが得策なのです。

お尻は普段は見られない場所ですが、夏に水着を着た時や、友達と温泉に行ったときに「ニキビだらけで汚いお尻だなー」と思われるのは嫌ですよね。この機会にお尻ニキビをサヨナラして、きれいなお尻を手に入れましょう。

まとめ

お尻ニキビを治すための方法は

・清潔を保つためお風呂で丁寧に洗おう
・摩擦や蒸れの少ない下着を着用しよう
・通気性の良いボトムを着用しよう
・座りっぱなしにならないようにしよう
・お尻ニキビではない粉瘤や根深いおできは病院で治療しよう