お尻痩せに効果的な体操でシルエット美人に大変身する秘訣

お尻痩せに効果的な体操でシルエット美人に大変身する秘訣

今回のテーマはお尻痩せです。お尻が大きくて困るという悩みを抱える人は多いですよね。できればモデルさんのように引き締まったお尻を手に入れたいと思っている人も少なくないでしょう。

お尻痩せの難しい所は、普段目に見えない所なので意識しにくいという点にあります。そのため何気なく鏡を見たら自分のお尻にビックリしてしまうという人もいるかもしれません。

しかし、ただ闇雲にストレッチや筋力トレーニングを行ってもお尻痩せの効果はありません。なぜお尻がたるんでいるのか、その原因を探り、適切な方法でアプローチする必要があるのです。

今回はお尻がたるんでしまう3つの原因と、それを改善するための効果的な5つの体操をお伝えします。このコラムを読んで、あなたもシルエット美人に大変身しましょう。



 

お尻痩せに効果的な体操で
シルエット美人に大変身する秘訣

 

お尻を引き締めるために筋力をつけよう


お尻痩せができない理由の1番目はお尻周りの筋力が低下していることです。お尻には沢山の筋肉がありますが、それらの筋肉を鍛えるとお尻が引き締まり、お尻痩せに効果があります。

今回は特にお尻痩せの効果が期待できる大殿筋と呼ばれる筋肉のトレーニング方法をお伝えします。大殿筋のトレーニングで一般的に行われるのはヒップレイズです。

まず、マットの上などに寝そべり両膝を立てておきます。その時に両膝の間は少し開けておくと動作が安定しますよ。この状態で、お尻の筋肉を意識しながらゆっくりとお尻をマットから離していきます。

腰とお尻が一直線になるまでお尻が挙がったら、ゆっくりと下ろしていきます。これを30回程度繰り返しましょう。腰痛がある人は腰痛が悪化してしまう可能性がありますので、痛みを感じたら無理に運動しないように注意して下さいね。

 

歩き方を変えて色々な足の筋肉を使おう


皆さんは普段どんな歩き方をしていますか。自分の歩き方を意識してみると、ダラダラ歩いているという人はいませんか。

普段、仕事や学校など忙しく生活している方は、まとまったトレーニング時間を確保するのが難しいかもしれません。そこで歩いている時間をトレーニングの時間にしてしまうのも良い方法です。大きく足を開いて歩くと先ほど紹介した大殿筋のトレーニングになりますよ。

更に歩くスピードを変える、足を付くときは踵からしっかり付くなど、歩き方を少し意識するだけでも普段使わない足の様々な筋肉を使うことになります。お尻痩せをしたいのに時間がないという人は、普段の歩き方だけでも意識してみて下さいね。

 

インナーマッスルを鍛えて骨盤を矯正しよう


お尻痩せができない2つめの理由は骨盤や背骨の歪みによるものです。骨盤が過度に沿っている、また腰が曲がっているなどといった歪みが起こっていると、お尻がたるんでしまう原因となるんですよ。

足が床に付かないように高い椅子に座ってみて下さい。つま先の角度が左右非対称であれば骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤や背骨の歪みによってお尻痩せができていない人は、これらを矯正させる効果のあるインナーマッスルを鍛えてお尻痩せを目指しましょう。

ここでは骨盤体操という方法を紹介します。両足を伸ばした状態で床に座り、そのままお尻歩きをします。前に10歩進んだら10歩戻るという動作を繰り返し行いましょう。

 

脂肪を除去するための効果的なマッサージを行おう


お尻痩せができない3つめの要因は脂肪の蓄積です。セルライトという言葉を聞いたことはありませんか。脂肪や老廃物などがたまってお尻が大きく見えてしまうというのは良くあることですよね。

お尻痩せを目指すなら、このセルライトを除去する必要があります。セルライトを除去する方法として有名なのはリンパマッサージです。

ボコボコしたセルライトを見つけたら、鼠径部にあるリンパ節の方向にマッサージをして老廃物を流してあげましょう。リンパは血管よりも皮膚の表面に近いところにあります。

そのためリンパマッサージは強い負荷で行うと流れが悪くなってしまいます。リンパマッサージをするときは軽い負荷で行いましょう。

 

ストレッチをして血行を改善させよう


ストレッチも血行を良くして脂肪や老廃物をためない身体にするために効果的ですよ。先ほど紹介した大殿筋やリンパ節と呼ばれるリンパを集める中継点の流れを良くするストレッチを行うと良いでしょう。

ストレッチの方法は簡単です。まずは仰向けになり片方の膝を抱えて大殿筋をストレッチします。抱えてない方の足はまっすぐ伸ばしておきましょう。

そうすると、抱えていない方の鼠径部が伸ばされるので鼠径部にあるリンパ節の流れが良くなりますよ。ストレッチは30秒程度続けると良いでしょう。ストレッチの負荷は心地よい傷みを感じる程度に留めておきましょう。

 

いかがでしたか。

お尻痩せができない原因には3つの要因がありましたね。筋力低下には筋力トレーニング、骨盤や背骨の歪みには骨盤体操、脂肪や老廃物の蓄積にはマッサージやストレッチをすることによりお尻痩せを実現することができます。

お尻痩せを実現するにはこれらのトレーニングを継続して続けることが何より重要なんですよ。しかし、コツコツ続けている人はわずかです。まずは続ける意思を強く持ちましょう。

また、お尻痩せなど部分痩せを実践する人の中には、全体のバランスを考えずに痩せたい部分のみにしか注意しないという人もいますよね。

部分痩せを実践する際も身体全体のバランスを整えることも大切です。是非、身体全体のバランスを整えてあなたもシルエット美人に変身しましょう。

 

まとめ

お尻痩せに効果的な体操でシルエット美人に大変身する秘訣

・ お尻を引き締めるために筋力をつけよう
・ 歩き方を変えて色々な足の筋肉を使おう
・ インナーマッスルを鍛えて骨盤を矯正しよう
・ 脂肪を除去するための効果的なマッサージを行おう
・ ストレッチをして血行を改善させよう