親知らずの口臭はほっておくと危険!健康を守る方法とは?

親知らずの口臭はほっておくと危険!健康を守る方法とは?

親知らずは歯の中でも少し厄介なイメージがあります。親知らずが虫歯になってしまい、抜くことになった時に真っ直ぐに生えているか斜めに生えているかでも違いがあり、斜めに生えてしまっている場合は抜くのが少し厄介になります。

また、他の歯と違い抜いた後の穴も大きいため出血も多少多く麻酔を使用することもあり抜歯後は少し安静にしていることが必要です。

そんな親知らずですが、さらには一番奥に生えている歯であるためなかなか歯磨きも行き届きづらく歯石がたまりやすいとも言えます。なるべく虫歯にならないように気を付けることで口臭の原因にならないようにしましょう。



 

親知らずの口臭はほっておくと危険!
健康を守る方法とは?

 

口臭の原因の割合とはどのくらいなのでしょうか


口臭の原因には歯が原因な場合と胃腸などの消化器官の悪化のサインや食べ物が原因などありますが全体の8割が口の中が原因とされています。

消化器官や食べ物が原因でもなく、歯磨きもきちんとしているのに口臭が気になる場合には親知らずの虫歯もしらべてみましょう。

 

親知らずは丁寧にみがきましょう


親知らずは誰もがご存知のとおり、一番奥の歯になります。そのため磨きづらく、磨いたと思っていても磨けていないこともあります。

そのため食べかすが溜まりやすく、その食べかすを細菌が食べ,プラークというネバネバしたものに変わりますが、このプラークがガスを発生します。それが口臭となるわけです。気をつけて磨きましょう。

但し、歯磨きというものはやたら磨けば良いというものではありません。力まかせにゴシゴシ磨きすぎると歯ぐきを傷つけてしまう場合もありますので歯科医で正しい歯磨きの方法を教えてもらうことをおすすめします。

 

親知らずに歯ぐきが被ってしまっている場合があります


親知らずが斜めに生えていると歯ぐきが被ってしまっている場合があります。この歯ぐきの中にプラークが溜まってしまうと膿となってしまうため口臭となってしまいます。

かみ合わせに問題がなければ早期に抜くことが良いとされています親知らずの虫歯が進行してしまわないようにしましょう。虫歯が進行していってしまい虫歯菌が根の中に入ってしまうと神経が死んでしまいます。それが原因で根の先端に膿が溜まってしまいガスが発生して口臭となってしまいます。

 

親知らずそのものだけでなくその手前の歯にも影響がでます


親知らずが真っ直ぐに生えている場合は親知らずを抜くことで済みますが、斜めに生えている場合はその手前の歯の根にくいこんでいる場合があり、手前の歯の神経まで虫歯に進行してしまっている場合もあります。

ここにプラークがたまり口臭の原因になってしまいます。機会があれば歯科医にて自分の親知らずがどんな状態なのかを診てもらいましょう。また、噛み合わせに問題がないようであれば親知らずは早めに抜いてもらうほうが良いでしょう。

 

歯周病にまでなってしまうことがあるので気をつけましょう


虫歯がさらに進行してしまい歯周病にならないようにしましょう。歯周病とは歯のまわりにある骨が溶けていくことです。この溶けた骨と歯ぐきの間に膿がたまり口臭となるのです。

親知らずが斜めに生えている場合は手前の歯が歯周病になる可能性が高いので気をつけましょう。歯周病も口臭の原因となりますので注意しましょう。

 

予防方法をみつけましょう


歯磨きでの予防法としては歯磨きを丁寧にすることが基本です。もう一つ、タフトブラシというものがあります。このブラシを親知らずとその手前の歯の間に入れ磨くと綺麗になり歯ぐきがしまってくることによって口臭が減ってきますので活用してみましょう。

なかなかうまく磨けない場合や普段から洗口剤で口の中をきれいにすることも効果的です。うがい液やホウ酸水なども殺菌になりますので活用できます。

 

唾液は一番の特効薬です


唾液は殺菌作用があり、口の中を殺菌しています。朝、起きたときは唾液が少なくなっているため口臭がするのはこのためです。唾液が少ない場合は殺菌力が低下しますので水分を取るようにしたりガムを噛むなどして唾液を増やすようにしましょう。

 

いかがでしたか

親知らずは一番奥に生えていることで磨きにくいものであるため厄介なのですが歯磨きはもちろんのこと洗口剤などを活用することも考えましょう。そして、虫歯かもと思ったら早めに歯医者で受診をすることが大切です。

歯の質によっては、虫歯がかなり進行してしまってからしか虫歯だと気づかない場合もあります。かかりつけの歯科医を決めて定期的に歯垢をきれいにしてもらうなどすることで早期発見につながります。

しかし、自分の体自体が細菌と戦う唾液というものを分泌しているものです。この唾液も健康な体であればきちんと出るのですが風邪をひいてしまったり体調を崩している時は唾液の分泌も減ってしまいます。

歯の健康を維持するには、外からの努力も必要ですが体が元気であることが一番の口臭予防を言えますので歯磨きと同時に体調管理も考えましょう。

 

まとめ

親知らずの口臭はほっておくと危険!健康を守る方法とは?

・ 口臭の原因の割合とはどのくらいなのでしょうか
・ 親知らずは丁寧にみがきましょう
・ 親知らずに歯ぐきが被ってしまっている場合があります
・ 親知らずそのものだけでなくその手前の歯にも影響がでます
・ 歯周病にまでなってしまうことがあるので気をつけましょう
・ 予防方法をみつけましょう
・ 唾液は一番の特効薬です