ぽっちゃりの基準を正しく知って健康体重をキープする方法

ぽっちゃりの基準を正しく知って健康体重をキープする方法

男性から見た場合、女性はぽっちゃりした癒し系が人気がありますよね。ぽっちゃりの基準は見た目をはじめ、色々異なる点があると思いますが、完全な肥満体型になるサインでもありますので注意しないといけません。

ぽっちゃりの基準を理解する事が、健康体重を維持する為のポイントにもなります。肥満はある日突然起こるものではありません。徐々に増加する体重に早めに気がついて、手遅れになる前に対策をとることが必要です。

ぽっちゃり体型の人は同性も異性から好感が持たれます。しかし健康を脅かす隠れ肥満も増えている現在、体重維持は自分の責任でやらないといけませんよね。そこで本日は、ぜひ知っておきたいぽっちゃりの基準についてお伝えします。



 

ぽっちゃりの基準を正しく知って
健康体重をキープする方法

 

ぽっこりお腹に注意しましょう


ぽっちゃりの基準としてまず注意したいのはお腹のたるみです。スボンのウエストがきつくなったという場合は、体重が増加しているサインです。

ぽっちゃりの基準としては、立っている姿を見たときにウエストのくびれがない点がまず上げられますよね。すっきりしたお腹まわりは憧れ体型であるとともに、逆に肥満の恐れもあるために日頃から注意しましょう。

お腹に付く脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪があります。座ったときにお腹のたるみが簡単につかめるのであればそれは皮下脂肪です。

内臓脂肪の場合は胸の下からお腹までがでているリンゴ体型に良く見られます。どちらの脂肪もそのままにしておくと、健康を害する恐れがありますので注意しましょう。

 

すっきりしないフェイスラインに注意しましょう


ぽっちゃりの基準は二重あごかどうかというポイントがあります。体重増加は毎日体重管理しない限り、自分ではなかなか気がつかないですよね。

周りの人に「最近顔がふくっらしてきたね」なんて言われるようになったらぽっちゃりの基準に入っているサインです。

顔は体のなかでもむくみがでやすい部分でもありますが、ぽっちゃりの基準では体内に老廃物がたまりむくみやすくなる点があります。

健康な人の場合は体内の余分な水分や老廃物はしっかり体外に排出されていますが、胃腸の働きが悪くなるとむくみの原因になりぽっちゃりの基準に入ってしまいます。肥満予防のためにも栄養バランスのとれた食生活の見直しを意識してみましょう。

 

筋肉や骨がわかるかどうかチェックしましょう


ぽっちゃりの基準は肥満体型と異なり、なんとなく体がふくよかなイメージがありますよね。しかし肥満体型に進行している場合はなかなか本人でも体型の変化に気がつくことが少ないのです。

そこでぽっちゃりの基準として覚えてきたい点が、体を見て骨ばっているところや筋肉が見えているかどうか、というチェックポイントです。

お風呂に入る前に全身を鏡で見てみましょう。お腹を引き締めて筋肉が見える場合はまだ良いのですが、脂肪で隠れていると筋肉どころか、あばら骨すらわからなくなってしまいます。

さらに日頃あまり見ることがない背中もチェックしてみましょう。背骨のラインが見えるかどうか、骨格が脂肪で隠れた体型はぽっちゃりの基準に入っています。

 

足首の細さでぽっちゃりチェックしましょう


綺麗な足の人を見るとまず目に付くのが足首ですよね。ぽっちゃりの基準では足首のくびれがない点にも注意しましょう。健康的な体型をしていれば、足首の細さは多少なりとも確認できます。

しかしぽっちゃりの基準に入ると足首にも脂肪がつき、ふくらはぎとの見境がつかないようになってしまうのです。靴下を脱いだ時にいつまでもゴムの跡が残るのはぽっちゃり体型の基準です。

脂肪が付くとリンパの流れも悪くなるため代謝量が減り、太りやすい体質に進行してしまいます。特に下半身は老廃物がたまりやすく、脂肪が付きやすい点が特徴です。少しでも体型の変化を感じたら体重管理をしっかり始めましょう。

 

健康管理のために体重を定期的に計りましょう


それぞれの体型や体質により、ぽっちゃりの基準となる体重に決まりはありませんが、健康の為に参考にしたいのがBMI指数です。BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)で自分のBMIを計算してみましょう。

結果の数値が22の場合は、もっとも病気になりにくい健康体重として合格です。しかし25以上になると肥満になりますので、太り過ぎ予防の為に早めに対策をとりましょう。ぽっちゃりの基準はこのような指数を参考にして、日常的な健康管理に役立ててください。

体脂肪計で定期的な体脂肪も計測してみましょう。自分がぽっちゃりの基準にあてはまるかどうか、はっきりとした数値で判断すれば、ダイエットの目標にしやすいですよ。

 

いかがでしたか。

ぽっちゃりの基準を知っておくと体型の変化にも気づきやすくなりますね。ぽっちゃり体型には独特な魅力がありますが、健康的な見方をすると決して良いことではありません。

なぜぽっちゃりの基準にあてはまるのか原因を解明して、早速ダイエットを始めましょう。肥満体型に比べるとぽっちゃり体型はまだまだ改善しやすい段階です。

ここでヤル気を出し、生活習慣や食生活に注意をして健康体重を維持してくださいね。見た目の体型だけでは健康のレベルは判断できませんが、ぽっちゃりの基準は肥満のリスクを知るメリットにもなります。

心あたりがある場合はすぐに体重管理を始めましょう。健康体重を維持すれば自分の体型にも必ず自信が付きますよ。

 

まとめ

ぽっちゃりの基準を正しく知って健康体重をキープする方法

・ ぽっこりお腹に注意しましょう
・ すっきりしないフェイスラインに注意しましょう
・ 筋肉や骨がわかるかどうかチェックしましょう
・ 足首の細さでぽっちゃりチェックしましょう
・ 健康管理のために体重を定期的に計りましょう