とっても曖昧な、ぽっちゃりの基準を知る7つのポイント

とっても曖昧な、ぽっちゃりの基準を知る7つのポイント
「ぽっちゃり」しているとは、一体どのような体形のことを指すのでしょうか?痩せすぎや太りすぎよりは魅力がありそうですが、ぽっちゃりの基準はとても曖昧で、男女によっても感じ方が違っています。

女性は体重に一喜一憂しがちですが、男性が言うぽっちゃりとは、体重だけでは判断できない見た目の要素もあるようです。

ぽっちゃりを判断する基準を7つ紹介します。



 

とっても曖昧な、
ぽっちゃりの基準を知る7つのポイント

 

その1: 丸顔や二重あご

すれ違う際など、必ず目が行くのが顔。どんなに綺麗な人でも、二重あごだとがっかりしてしまいますよね。

「あご」は、太ったときに一番目に付きやすい場所です。また、むくみで顔が丸くパンパンになっている場合も要注意です。二重あごの原因は“脂肪”と“たるみ”です。

仮に太っていなくても、耳たぶの下のリンパがつまっている、姿勢が悪いことも、二重あごにつながります。ガムやスルメなどを噛んで口元の筋肉を鍛えたり、リンパマッサージをするのが手早い解消法です。

小顔効果や肌質の改善にもつながります。また、普段から食事のときによく噛むことを気をつければ、食べ過ぎ防止にもなります。

 

その2: くびれのないウエスト

きゅっと締まったウエストは女性のあこがれですし、男性の理想でもあります。このくびれがないと、ぽっちゃり体形のレッテルを貼られてしまいます。

もちろん、スカートやパンツの上にドンと乗った脂肪はもってのほか。今すぐ筋トレやマッサージを開始し、くびれを作る努力をしましょう。

 

その3: 揺れる二の腕

毎年、薄着の季節になると気になってくるのが二の腕です。できることならノースリーブはやめて、半袖やストールで隠しておきたい。

華奢な二の腕の女性を見ると、思わず目をそらせたくなる。そう思う方は、意外と多いのではないでしょうか。二の腕は男性からのチェックも厳しい場所です。

お風呂で暖まっている時に、根気よくマッサージをしましょう。パフスリーブや五分丈シャツなどで隠すのではなく、どんな服でも着こなせるスラっとした二の腕が理想ですね。

 

その4: むくんだ手首と手の指

手首、足首、首が引き締まっていると、美しく見えるものです。手首や手の指がパンパンで、指の付け根の関節が少しぽっこりしている人を見かけることがありませんか。

手を見るだけでも、服の上からは分からない隠れ肥満を見破られてしまいます。手は、自分が思う以上に人からも見られているものです。

また、手の年齢は実年齢よりも老けて見えることがあります。手を洗った後に毎回ハンドクリームを塗る人はどのくらいいますか?ハンドクリームをつけるたびに指のマッサージを行うと、保湿ケア、むくみ解消、冷え性の改善にもなります。

手首をぐるぐる回すだけでも、ずいぶん違ってきます。

 

その5: メリハリのない足首

手首同様に、足首にもすっきりしたくびれがあると美しいです。アキレス腱がしっかり見えていると、引き締まった足首に見えるものです。

くるぶしやアキレス腱には、リンパ節があるため、老廃物や余分な水分がたまりやすくなっています。足首をまわしたり、つま先を上下に動かしたりするだけでも効果があります。

仕事中でも簡単にできるストレッチなので、今すぐはじめましょう。また、手をグーにして、くるぶしからアキレス腱にかけて老廃物を流すのもおすすめです。むくみがとれ、足の疲れも取れてすっきりします。

 

その6: むくんだふくらはぎ

後ろ姿で意外と目に付く場所が、ふくらはぎです。筋力が少ないと、むくみや老廃物によって太くなってしまいます。デスクワーク、運動不足、偏った食事やお酒など、足がむくむ原因はとてもたくさんあります。

歩き方や姿勢を正すだけでも、見た目の印象は変わってきます。マッサージや筋トレが有効なことは言うまでもありませんね。適度な筋肉がつき、きゅっと引き締まったふくらはぎこそ、女性の理想。

ここが細いと脚が長く見える効果もあります。

 

その7: 標準体重よりも体重が重い

肥満の程度を知る数値にはBMI(体格指数:Body Math Index)があります。BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で計算されますが、BMIの標準値は22とされています。

BMIが18.5以上25未満で「標準」、 25以上30未満で「肥満」と判定されるため、22~25未満の場合「ぽっちゃり」と判断できそうです。モデルへのあこがれが強いせいか、標準体重よりも軽い女性がほとんどです。

しかし男性の目線で見ると、細すぎる女性には魅力を感じないようです。標準体重を超えない程度の肉付きがちょうど良い体形です。

 

いかがでしたでしょうか。

ぽっちゃりの基準となる7つのポイントのうち、自分に当てはまるものがあれば、今すぐストレッチやマッサージで改善していきましょう。

健康的で引きしまった脱ぽっちゃり体形が、誰から見ても理想の体形なことは間違いありません。

 

まとめ

とっても曖昧な、ぽっちゃりの基準を知る7つのポイント

その1: 丸顔や二重あご
その2: くびれのないウエスト
その3: 揺れる二の腕
その4: むくんだ手首と手の指
その5: メリハリのない足首
その6: むくんだふくらはぎ
その7: 標準体重よりも体重が重い