ぽっこりお腹ダイエット☆食事と運動で痩せる7つの解消法

ぽっこりお腹ダイエット☆食事と運動で痩せる7つの解消法

ぽっこりお腹ダイエットの成功のコツは、まず最初に自分のお腹ぽっこりの原因を正しく理解することです。もしもその原因がお腹につきすぎた皮下脂肪だけの問題なら、そんなに難しい話ではありませんが、腸がもとの位置から下がってしまったら、ぽっこりお腹の原因が便秘だったということもあるのです。さらに気をつけたいのがダイエット中の食事です。

ダイエットの基本は食事8割、運動2割。ですからお腹の脂肪を減らすためにいくら運動しても食事制限がうまくできていないと成功は望めません。ですが、ぽっこりお腹に悩む女性が多いんでしょうね。

女性雑誌やインターネットにはぽっこりお腹ダイエットの情報が溢れていて、どれを選んでいいのかよくわかりません。そこで今回は食事と運動でぽっこりお腹を解消できる方法を初心者の方にも解りやすく解説します。どうぞお見逃しなく!



 

ぽっこりお腹ダイエット☆
食事と運動で痩せる7つの解消法

 

☆まずはぽっこりお腹を凹ませる食事ダイエットをご紹介します。

無理なく痩せる!置き換えダイエットの効果


もしもお腹ぽっこりの原因が皮下脂肪だとしたら、食べ過ぎたらお腹は凹みません。あたり前のことのようですが、この基本が出来ていない人が案外多いのです。ですが摂取カロリーを減らすために朝昼晩3食すべて食事を制限するのは想像以上につらい戦いです。そこでぜひオススメなのが「置き換えダイエット」です。

置き換えダイエットはプチ断食(ファスティング)とともに最近注目のダイエット法で、一日の食事のうち一食だけを酵素ドリンクやスムージなどの置き換え食品に換える方法です。始めて挑戦する場合は朝食を換えた方が長続きすると思いますが、早く効果を実感したい場合は一日のうちで一番多く食べる時間帯の食事を置き換えてるようにしてください。

 

急なイベントに対応できる炭水化物抜きダイエット


急な結婚パーティや彼からのデートのお誘い。ぽっこりお腹じゃ困るんです。そんな短期決戦型ダイエットに迫られ時ぜひお試しいただきたいのが炭水化物抜きダイエット。方法はすごく簡単です。

とにかく全ての食事から炭水化物を含む食品、ご飯、パン、麺類を排除すること。そしておかずだけを食べて、腹8分目で止めてください。体は炭水化物が不足すると内臓脂肪を燃やしてエネルギー源にするので、早い人で2週間ぐらいで痩せることができます。

ただしこの方法のデメリットはリバインドの可能性が高いこと。ですから炭水化物抜きダイエットをやめた時は、いきなりラーメンを食べ始めないとか、当面ごご飯は半分だけというような対策が必要です。

 

ダイエットしてもお腹ぽっこりが減らない時


腹筋に有酸素運動、それに食事も制限しているのにお腹ぽっこりだけが減らない・・・。つまりお腹に皮下脂肪が溜まりすぎたからではなかったのです。「内臓下垂」、これはお腹ぽっこりに悩む多くの人が陥る症状で、内臓の位置が下がって腸を圧迫し下腹部がぽっこり膨れてしまうのです。

その場合、これ以上症状を悪化させないためにも早急に食生活の見直しを行う必要があります。まずは弱った内臓の筋肉に負担をかけないようになるべく間食を避け、食事はよく噛んで食べる事。ドカ食いは絶対NGです。また夜食など寝る前の食事も良くありません。

☆ここからはお腹ぽっこりに有効なエクササイズのご紹介です。

 

ぽっこりお腹ダイエット、まずはドローインをマスターしよう!


ぽっこりお腹に定番の腹筋ですが、ここでは腹筋より楽でダイエット効果抜群なドローインをご紹介しましょう。ドローインとは、腹式呼吸をしながらお腹を凹ませ、お腹の筋肉を引き締めるエクササイズです。

とても簡単なので長く続けられるし通勤中や会社の中でも気楽に取り組むことができます。まず真っ直ぐ立って肩を引きます。準備ができたら鼻からゆっくり息を吸いながら、お腹を膨らませてください。

限界まで吸い込んだら息を止めて、取り込んだ酵素を逃がさないようなつもりでおしりの穴を閉じます。次にゆっくり口から息を吐きながらお腹を凹ませていきます。イメージとしては吸い込んだ息を体全体に圧力をかけて吐き切る感じです。限界までお腹が凹んだらそのまま30秒停止。停止中は息をしてかまいません。これを一日に10回行ってください。

 

背骨の歪みをなくしてぽっこりお腹を解消!骨盤エクササイズ


「ぽっこりお腹の原因の一つに骨盤の歪みがあります」という話をよく聞きますが、実は骨盤が歪んでいるのではなく背骨の並びが崩れて骨盤が傾いて見えるのです。

そして骨盤が後ろに傾くと自然と姿勢が猫背になって、お腹ぽっこりになるのです。背骨の並びが歪んでいる人は、日頃から猫背な人や常に片方の足に体重をかける癖のある人、それに運動不足の人に多いので心あたりのある方は一度骨盤エクササイズをお試しください

まずは骨盤の運動から始めましょう。足を肩幅に開いて腰を回します、時計回りに10回、反対に10回です。上半身を動かさないように、ひざは曲がらないように注意してください。次に骨盤の底のにある筋肉を鍛える運動です。

椅子に座り両手を骨盤にあてて、ひざを肩幅に開きます。そしてゆっくりと骨盤を後ろに倒しますが、その時に肛門をギュッと閉めます。そしてゆっくり戻す。これを5回繰り返してください。毎日続けることで自然と姿勢がよくなり、ぽっこりお腹が改善します。

 

ぽっこりお腹と便秘を一気に解消!腸腰筋エクササイズ


便秘で腸に宿便が溜まるとお腹が膨らむ。とても解りやすい話です。便秘を治せば、お通じがよくなってお腹が凹むのは解っているものの、それがなかなか難しいですよね。

便秘の原因の一つは腸のぜん動運動を助ける腸腰筋が凝り固まっていることにあります。そこで、腸腰筋を解きほぐし腸のぜん動運動を活発にして便秘とぽっこりお腹を一気に解消する腸腰筋エクササイズをご紹介します。

真っ直ぐ立った状態から両足を肩幅に開き手は後ろに組んでください。次に片足を前にだしてゆっくりひざを折り曲げます。この時ガニ股にならないよう要注意。出した足を戻して反対の足です。これを30回続けてください。簡単な運動なので、毎日続けないと効果がありません。

 

最強の体幹トレーニング「プランク」のご紹介


今話題の体幹トレーニング。その中でもぽっこりお腹に最強な「プランク」をご紹介します。プランクの効果の特徴は体幹の筋肉を鍛えることにより、腹筋や背筋の筋力もアップして無理なくぽっこりお腹を解消できることです。やり方は簡単!まず床にうつ伏せに寝て両方のひじとひざを床に立てます。ポイントは背骨の位置が体の中心にくるよう意識して腰がそらないようにすることです。この状態を30秒から1分間保つようにしてください。これを一日に3回から5回繰り返します。

 

いかがでしたでしょうか。

ぽっこりお腹の原因は、皮下脂肪のつきすぎ、腸腰筋の衰え、それに骨盤の歪みと大きく3つに分けることができます。ですから、その原因が解ればそれに対する食事も運動も簡単なことばかりなので長く続けられるような気がしませんか。

それと今回は食事と運動に分けてぽっこりお腹の解消法をご紹介してきましたが、あくまでも食事と運動はセットで行うようにしてください。どちらが欠けてもうまくいきません。ダイエットの基本は食事8割運動2割です。

いずれにしても、今日始めて明日結果がでるというものではないので、焦らず長く続けることがお腹ぽっこりダイエットのコツです。自分にあった方法を早く見つけて美しいボディラインを実現してください!

 

まとめ

ぽっこりお腹ダイエット☆食事と運動で痩せる7つの解消法

・無理なく痩せる!置き換えダイエットの効果
・急なイベントに対応できる炭水化物抜きダイエット
・ダイエットしてもお腹ぽっこりが減らない時
・ぽっこりお腹ダイエット、まずはドローインをマスターしよう!
・背骨の歪みをなくしてぽっこりお腹を解消!骨盤エクササイズ
・ぽっこりお腹と便秘を一気に解消!腸腰筋エクササイズ
・最強の体幹トレーニング「プランク」のご紹介