妊娠したらニキビが増えた人が持つ、7つのヤバい生活習慣

妊娠したらニキビが増えた人が持つ、7つのヤバい生活習慣

妊娠をすると、女性には様々な変化がおこります。心身ともに妊娠中は色々な事に注意をしないといけません。ホルモンのバランスが変わるために、肌にも色々と影響してくるのです。

妊娠中は以前に比べると、ニキビが増えてしまうこともよくありますよね。一度できるとなかなか治らないニキビですが、体の変化とともにおこる肌のトラブルは、どんなことが原因なのでしょうか。

実は妊娠中の生活習慣が、とても肌には大切になっているのです。妊娠中とはいえ、いつも綺麗な肌で過ごしたいですよね。そこでぜひ覚えておきたいのが、ニキビの原因となる7つの生活習慣です。どんなことに気をつけたら良いのか、妊婦さん必見の、気になる原因をご紹介します。



 

妊娠したらニキビが増えた人が持つ、
7つのヤバい生活習慣

 

気になる便秘は改善しましょう 


妊娠した女性のほとんどの方が、辛い便秘の経験をされたのではないでしょうか。妊娠するとホルモンのバランスが変わり、さらに大きくなる子宮の重さで胃腸の働きが鈍くなってしまうことがあります。

便秘はニキビの原因となりますので、食生活の中で十分に食物線維や水分を取ることを心がけましょう。妊娠中は体の中に老廃物も溜まりやすくなっています。そのため肌荒れや吹き出物などもよく出来てしまいますので、胃腸活動を活発にするように心がけることが大切ですね。

 

偏食しないように注意しましょう


特に妊娠初期に多いつわりは、偏食になる原因となります。妊娠中は食べ物の嗜好が変わる為に、ついつい甘いものや脂っぽいものを食べて過ぎてしまう場合もあります。

お腹の赤ちゃんの為にも、ニキビ予防をするためにも、栄養バランスをとる事が必要です。妊娠初期にできやすいニキビですが、安定期に入ると自然と肌の状態も落ち着いてきます。妊娠中は毎日の食生活はとても重要です。つわりの時期も、なるべく消化の良い食べ物をバランスよくとる事が大切です。

 

化粧品を変えてみましょう


妊娠をすると、ホルモンの影響により皮脂の分泌が多くなることが特徴です。そして肌の働きにも変化があり、突然敏感肌になってしまう場合もあります。いつも使っていた化粧品が肌にあわなくなることもありますので、ニキビ予防をするためにも低刺激のスキンケア商品を使うことが必要です。

ニキビの原因は毛穴に詰まる皮脂や古い角質が原因となります。化粧品が肌に合わないと、皮脂のバランスも悪くなり肌のバリア機能も減少してしまいます。自分の肌にあう化粧品を使いましょう。

 

正しい洗顔と保湿をしましょう


ニキビを予防改善する為には、正しい洗顔と保湿をすることが必要です。とくに妊娠中の肌には、スキンケア商品を色々使うことは刺激となってしまいます。そのために大切なのが基本となる洗顔と保湿です。

肌に負担をかけないように、たっぷりの泡を使って毛穴の中も綺麗に洗いましょう。そして洗顔後は肌から水分が蒸発しやすくなっていますので、手早く化粧水で保湿をしてください。化粧水だけでは乾燥してしまうときには、低刺激の乳液やクリームでさらに保湿をするといいですね。

 

メイクはなるべく控えましょう


妊娠中にニキビが出来やすくなったら、注意をしたいのがメイクです。特にファンデーションは毛穴を詰まらせる原因となりますので、注意が必要です。

ホルモンの変化により肌が過敏になっていることもある為に、なるべく肌に負担となるメイクは避けるようにしましょう。ファンデーションは、リキッドタイプよりパウダータイプの方が、肌に負担が少ないためにお薦めです。ナチュラルメイクで、肌に負担をかけないように工夫をしてくださいね。

 

ボディケアをしましょう


ニキビは顔だけでなく、妊娠中は体にもできることがよくあります。背中ニキビや胸など、肌の乾燥や皮脂のバランスの異常が原因となります。

体にできるニキビは、気がついた時には悪化していることもある為に、なるべくできないように予防を日頃からすることが必要です。そのためにはボディケアをして肌を保湿することが効果的です。

妊娠後期になるとお腹も大きく目立ってきますよね。妊娠線を防ぐためにマッサージクリームでケアをする方も増えていますので、ボディケアは忘れずに行ってくださいね。

 

サプリメント使用は注意しましょう


妊娠をしても、いつも綺麗でいたいと思うのは女性なら当たり前のことですよね。美容効果のあるサプリメントを飲んでいる女性が増えています。しかし妊娠中は、サプリメントの成分によっては、お腹の赤ちゃんに影響がある場合もあります。

ニキビの改善の為に、サプリメントを飲むときには必ず医師に相談をしましょう。市販のニキビの塗り薬も肌に刺激となる場合もありますので、心配な時はまず医師に相談をすることが必要です。

 

いかがでしたか。

妊娠中は母子ともに、健康管理には十分に注意をしないといけません。食べるものや生活習慣は、とても影響しているのです。ニキビが出来やすくなる妊娠中の時期は、体に負担のないように色々と注意をしましょう。

綺麗な妊婦さんでいる為にも、スキンケアはとても大切です。そして肌に大切な睡眠を十分にとることは、妊娠中のストレスを解消するためにも大切です。

夜更かしなどは避けて、規則正しい生活をすることが必要です。妊娠中は毎日健康的な生活を送ることが、美容の為にもお腹の赤ちゃんにも必要になるのです。

そして快適な妊娠期間を過ごす為にも、スキンケアは楽しみながら行うことが必要ですね。いつまでも綺麗なママでいられるように、今からしっかりとケアを始めましょう。

 

まとめ

妊娠したらニキビが増えた人が持つ、7つのヤバい生活習慣

・ 気になる便秘は改善しましょう
・ 偏食しないように注意しましょう
・ 化粧品を変えてみましょう
・ 正しい洗顔と保湿をしましょう
・ メイクはなるべく控えましょう
・ ボディケアをしましょう
・ サプリメント使用は注意しましょう