親知らずの正しい対処を学んで、口臭を防ぐ方法

親知らずの正しい対処を学んで、口臭を防ぐ方法

口臭のケアは意外と忘れがちなのですが、自分だけでなく周囲の人にもとても迷惑になってしまうものです。親知らずが口臭の原因として影響している場合があります。親知らずの口臭は歯磨きやガムを噛んだだけでは根本的なことは改善されません。

なかなか嫌な臭いが消えなくて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。臭いは根本の改善が必要になる為に、親知らずが口臭に影響している場合には、効果的な対策をとる事が必要になります。

親知らずが何故臭いの原因になるのか、口内には色々な臭いの要因があることが分かります。約半数以上が口臭の原因は口の中にあると言われていますが、親知らずの場合にはどのようなケアをすると良いか、その効果的な方法をお伝えします。



 

親知らずの正しい対処を学んで、
口臭を防ぐ方法

 

親知らずの虫歯を治療しましょう


親知らずが口臭の原因になってしまうのは、歯自体が臭いの原因ではなく、虫歯や歯茎などの状態により臭い菌が発生してしまうことです。特に親知らずの虫歯はなかなか発見出来ず、気がついたときにはかなり進行していることも良くあります。

毎日の歯磨きでも、一番奥にある親知らずまで届かずに、綺麗にブラッシングが出来ないことも良くあります。食べかすなども残りやすい位置の為に、親知らずが虫歯になり虫歯菌が発生させるガスが原因となり、口臭になってしまうのです。

さらに虫歯が悪化してしまうと、歯の神経も死んでしまい膿が溜まり、そこから強い臭いを発生させる場合もあるのです。定期的な歯科チェックが重要ですね。

 

親知らずの歯茎ケアをしましょう


親知らずの周りはしっかり歯を磨くことがとても大変です。なんとなく磨いてしまうと必ず磨き残しがあります。その為親知らずが口臭の原因となる理由は、歯茎のケアのしっかり出来ないため歯茎で親知らずが隠されている場合があるのです。

親知らずは歯が斜めに生えてしまうことが特徴ですが、ぐらいついた歯を覆う歯茎に歯垢がたまり、口臭の原因となってします。親知らずが生えている途中は歯茎も腫れやすく、他の歯とかみ合う時にさらに腫れが悪化する為に、悪臭のある膿が溜まりやすいことも特徴です。

親知らずはほかの歯よりもさらに注意して毎日ブラッシングをしないといけませんが、状態によっては抜いてしまうことがベストである場合もあります。

 

歯周病のチェックをしましょう


歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまうとても深刻な病気です。原因は細菌が歯茎に進入することですが、歯の周りに炎症を起こす歯肉炎などの症状が進行して起こる病気です。

虫歯以上に注意をしないといけない為に、歯茎ケアもとても重要なのです。親知らずは20歳ぐらいまでに生える最後の歯ですが、正常に生えている場合は抜歯をする必要はありません。

しかし斜めに生えている場合などは炎症を起こしやすく、歯周病の原因にもなりやすいのです。親知らずが口臭になる原因は、歯周病になり溶けた骨と歯茎の間で膿が溜まることです。親知らずの手前の歯が歯周病になることが多いことも特徴です。

 

専用歯ブラシでしっかり歯磨きをしましょう


通常の歯ブラシではなかなか届かない親知らずですが、専用の歯ブラシがありますので、効果的に奥までブラッシングをする事が出来ます。

タフトブラシと呼ばれる歯ブラシは先端が三角形になっている為に、斜めに生えている親知らずと隣の歯の間もしっかりと磨くことが出来ます。親知らずの周囲は歯垢もたまりやすい為に、このような専用歯ブラシを使ってブラッシングをする事が効果的です。

親知らずで口臭が悪化してしまう場合には、まず歯磨きを正しく始めることが必要ですね。奥歯までしっかり磨き、歯茎を引き締める事で、嫌な親知らずの口臭の原因を改善する事が出来ます。

 

洗口剤を使って口内殺菌をしましょう


親知らずは必ずしも抜歯する必要はありません。毎日正しいケアをしていれば、虫歯や歯周病なども予防する事が出来ます。しかし斜めに生えているような場合は、抜歯をしたほうがほかの歯の健康の為にもなりますので、気になる症状がある場合は歯科医でチェックをしてもらいましょう。

親知らずは毎日のケアがとても大切です。口臭がある場合は特に歯ブラシだけでは十分でない場合もありますので、市販の洗口剤を使って口内の雑菌をすることも効果的です。親知らずによる口臭が強い場合は、歯茎が腫れていることや傷みがある場合もあります。洗口剤で雑菌をすることで臭い菌を減らすことも可能です。

 

いかがでしたか。

親知らずの口臭は、根本的な原因を解明して対処することが一番効果的な方法です。一時的な口臭ケアをする方法はたくさんありますが、親知らずによる口臭は、臭いがとても強くなかなか持続する口臭ケアがありません。

その為、臭いの元になる原因を改善する事が必要になります。口臭は毎日の生活習慣も大きく影響していますので、臭い菌の発生を予防する為にも、抵抗力を高めるように生活習慣を整えて、食生活にも注意する事が必要です。

そして定期的な歯医者でのチェックを行い、親知らずの状態を常に把握しておくことも大切です。親知らずの異常は早期発見して対策をとる事が必要になりますので、まず自分でできる毎日の歯磨きを正しく行うことから始めてみましょう。

 

まとめ

親知らずの正しい対処を学んで、口臭を防ぐ方法

・ 親知らずの虫歯を治療しましょう
・ 親知らずの歯茎ケアをしましょう
・ 歯周病のチェックをしましょう
・ 専用歯ブラシでしっかり歯磨きをしましょう
・ 洗口剤を使って口内殺菌をしましょう