ダイエットの大敵!避けるべき5つの太る食べ物

ダイエットの大敵!避けるべき5つの太る食べ物
ダイエット時に限らず、今のスタイルを維持するためにも太る食べ物はできれば避けたいものですよね。とはいえ、美味しいものを食べているの時の幸福感は、他には代えられません。できることなら、食べても太らない美味しい食べ物を選ん食べて、幸福感に浸りたいものです。

そのためには、太る食べ物とは何かをまずは知りたいところでしょう。太る原因になりやすい食べ物とは、少量なのにカロリーが高い、油脂を多く使った食べ物が挙げられます。また、炭水化物なども、ついたくさん食べてしまうことから、太りやすい食べ物とされています。さらに、そういった食べ物と塩分の関係も無視できません。そこで今回は、ダイエット中でなくても、食べる際に気にしてほしい太る食べ物についてお伝えします。

洋菓子は高カロリーの代表

太る食べ物の特徴としてまず挙げられるのは、少量なのにカロリーが高いことです。そして、この高カロリー食の代表格は、バターや砂糖菓子などカロリーの高い材料をたくさん使っている洋菓子です。例えばドーナツやロールケーキなどは、今はコンビニでも買えます。そのため、お店で見かけると、つい食べたくなってしまいますよね。

とはいえ、こういったカロリーの高い洋菓子は、食べた後血糖値が急に上がることで、カロリーが脂肪に変わりやすく、太る原因になります。また、甘い物は、量が少ないともっと食べたくなります。そのため、間食に洋菓子を食べるのはよくありません

洋菓子を楽しむコツは、食事の後に食べることです。食後は徐々に血糖値が上がることから脂肪に変わり難くく、お腹もいっぱいなので少量でも満足できます。太る食べ物だからと我慢しないで、賢く楽しみましょう。

 

手軽な菓子パンにも注意を

太る食べ物の特徴である少量なのにカロリーが高い身近な食べ物と言えば「菓子パン」。スーパーやコンビニで安く買えることから、お昼ご飯代わりに気軽に食べている方が多いのではないでしょうか。

しかし、甘い菓子パンはそれだけでカロリーが高い食べ物です。さらに、お腹が空いている時に甘い物を食べると血糖値が急に上昇し、それが引き金になって砂糖のカロリーが脂肪に変わることから、お昼ご飯代わりに食べていると太りやすくなります。そのうえ、腹持ちが良くないので、すぐにお腹が空いてしまい、間食してさらに太る原因になってしまいます。

このように菓子パンは、太る食べ物の1つですし、お昼ご飯の代わりにしてはいけません。甘いお菓子と考えて、食後などお腹が空いていない時に楽しみましょう

 

ダラダラ食べるスナック菓子

太る食べ物の特徴は、少量なのにカロリーが高いだけではありません。一度にたくさん食べられるものも、太る食べ物の特徴です。そして、その代表と言える食べ物が「スナック菓子」です。

食事の合間にちょっとだけ、と思って食べ始めると止まらなくなって、一袋食べきってしまった、という経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。しかし、油断してはいけません。例えば、ポテトチップスは砂糖を少量しか使っていないにもかかわらず、1袋で茶碗2杯分に近いカロリーがあります

さらに、塩分を取りすぎると代謝が下がり、カロリーが脂肪に変わりやすくなることから、太る原因の1つとされています。このように、太る食べ物は、カロリーの高い甘い物だけとは限りません。ついつい食べ過ぎてしまう食べ物にも注意しましょう。

 

ラーメンとチャーハンの組み合わせ

日本に住んでいて、ラーメンが好きではない、という方は少ないのではないでしょうか。しかし、ラーメンは脂質と炭水化物というカロリーの高い素材に、太る原因の1つである塩分を組み合わせた料理です。そして、同じように脂質と炭水化物の素材を使ったチャーハンを組み合わせれば、確実に太る食べ物となります。

ラーメンやチャーハンに限らず、油っこいを料理の多い中華料理には、太る食べ物の特徴がかなり当てはまります。そのため、ダイエットに関心を持っている方は、食べる量に気を使ってください。なお、中国茶の中には、飲むと糖の吸収を穏やかにする作用の飲み物があります。そのため、体重を気にしている方には、油っこい食事などの太る食べ物を食べた後に、こういったお茶を飲むのもおすすめします。

 

ご飯はほんとうに太るの?

太る食べ物としてすぐに思いつくのは炭水化物です。そして日本人なら、炭水化物と言えば、ご飯を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、ご飯そのものは、太る食べ物とは言えません。おかずなどといっしょにたくさんの量を食べてしまうと太る原因になりますが、適量を食べていれば決して太る食べ物ではないのです。

太らないための食事とは、炭水化物など、太ると言われている食材を避けるだけの食事ではありません。食事の量を減らせば、その分を間食してしまい、余計に太る原因になります。そうなる前に、朝昼晩の食事は、お腹の八分目をとどめ、バランスの取れた食事を心がけてください。そして、ご飯は、適量なら糖の吸収が穏やかで、腹持ちもすることからダイエットにも向いている食べ物です。特に朝はしっかり朝食を食べて、一日を元気に過ごしましょう。

 

以上、ダイエット中でなくても、食べる際に気にしてほしい太る食べ物についてお伝えしました。

特にダイエット中は、太る食べ物と言えばカロリーの高い食べ物に目が行きがちです。そして、特に甘い物はカロリーが高いことから、ダイエット中に控える方が多いのではないでしょうか。しかし、ダイエット中に最も気を付けたいのは、1日におけるバランスの取れた食事です。もし、カロリーの高い甘い物を食べたのなら、他の食事で炭水化物や脂質の多い食べ物を控えてカロリーを抑える工夫をしてみましょう

また、太る食べ物の代表と言えば、美味しいものといっしょについつい食べ過ぎてしまうご飯や、何かしながらダラダラと食べてしまうスナック菓子です。そういった食べ物は、1度に食べる量を決めて、それ以上食べない工夫をしてみましょう。このように、ぜひ、太る食べ物をしっかり理解して、ダイエットを成功させましょう。

まとめ

ダイエット中でなくても気をつけたい、太る食べ物とは

・高カロリーの洋菓子は食べる時間に注意を
・菓子パンをお昼ご飯に食べるのは太る原因
・ダラダラ食べるスナック菓子はダイエットの大敵
・ラーメンとチャーハンのセットは太る食べ物のセット
・ご飯は食べる量次第で、ほんとうはに太る食べ物ではない


連記事