産後に抜け毛が増えて驚いた!これ以上、抜けない為の5つの対策

産後に抜け毛が増えて驚いた!これ以上、抜けない為の5つの対策
女性にとって、出産は人生の大きなイベントの一つです。妊娠中も腰痛やむくみなどいろいろな体の変化がありますが、産後うつや乳腺炎、目の疲れや肌荒れ、便秘や貧血など、産後も多くのマイナートラブルが起こりえます。

その中の一つが「抜け毛」。これは多くのママが経験する代表的なトラブルです。髪は女性の命。これ以上、抜け毛を増やさないための対処法を紹介します。



 

産後に抜け毛が増えて驚いた!
これ以上、抜けない為の5つの対策

 

その1: 専用のシャンプーやリンスを使う

そもそも産後の抜け毛の原因は、ホルモンバランスによるところが大きいです。妊娠後期には髪の毛を伸ばす女性ホルモンの一種「エストロゲン」が多く分泌され、髪が抜けにくい状態になっています。

ところが、産後にこのホルモンは急に量が減るため、今までの分の髪が一気に抜けることになります。それで産後は抜け毛が増えたように感じるのです。

個人差はありますが、人によっては排水口が詰まるほど多く抜けることもある髪の毛。気になる方は、育毛効果の高いタイプ、あるいは低刺激タイプのシャンプーやリンスを使って、頭皮を清潔に保ちながら健康な髪を生成しましょう。

最近は汚れを取りつつ髪にも優しい、ノンシリコン系のシャンプーやヘアエッセンスが人気です。洗浄力が強すぎるシャンプーや、肌に合わないリンスを使っている人は、使用を控えてください。

 

その2: 女性専用の育毛剤を使う

育毛剤なんてオジサンが使うものでしょ?なんて思ったら大間違い。最近は薄毛の悩みによって、育毛剤を使う女性は非常に多いです。

不規則な生活や乱れた栄養バランスなど、男性に負けずに働く現代女性は薄毛にもなりやすい傾向が。そのためアロマのようないい香りがする育毛剤が多く販売されています。ヘアエッセンスとも呼ばれて有名になっていますね。

このヘアエッセンスは毛根に栄養成分を吸収させて、太く力強い髪の生成を促進します。栄養を赤ちゃんにあげている授乳期のママは、髪までなかなか栄養が届かないので、特にオススメ。

パーマやカラーリングの薬剤は毛根から入って母乳に影響が出るというし、不安に感じる方もいるかもしれませんが、天然成分の育毛剤なら母乳に影響は出ません。

産後の対策の一環として、いつも以上に頭皮と髪の毛をいたわってあげることを心がけましょう。赤ちゃんのお世話が大変な中で丁寧なヘアケアは難しいかもしれませんが、パパや両親に協力してもらって、出来る範囲でおこなってください。

 

その3: 生活リズムを整える

抜け毛が気になり始めるのは、産後2ヶ月頃からと言われます。この頃は、夜泣きや、夜中の授乳などで寝不足のママもまだまだ多いはず。22:00~2:00の間は、副交感神経の働きがピークに達するゴールデンタイムです。

細胞から老廃物が出ていき栄養が入ってくる、もちろんお肌や髪の代謝もこの時行われます。赤ちゃん中心の生活で、この時間には睡眠をとれないと抜け毛もエスカレートします。昼寝の調整をしたり、授乳の時間を工夫したりするなど、生活リズムをととのえましょう。

出産前とは生活リズムが変わって大変ですが、睡眠は取るようにしたいものです。睡眠不足は肌荒れや白髪など、他のマイナートラブルのもとにもなるので気をつけたいですね。夜泣きが落ち着く頃には、それに合わせて不規則な生活を改善しましょう。

 

その4: 育児ストレスを解消する

なかなか大人の思い通りにならない赤ちゃん。睡眠不足など身体的なストレスも問題ですが、産後うつや育児不安などの精神的ストレスも、大きな抜け毛の原因になります。この両方のストレスを解消できれば、抜け毛はだいぶ改善されるでしょう。

ストレスを感じると、視床下部がそれを受けて、女性ホルモンの分泌を後回しにしてしまいます。その結果、髪を長生きさせるホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少し、髪の毛が発育不良になるのです。

育児不安は、パパや母親、同じ悩みを持つ同世代の子のママ仲間に話すことで、少し解消できるはず。基本的に悩み事は口に出すと気分が落ち着くので、周りの人に受け止めてもらうのが確実です。

赤ちゃんのお世話に関する本や、インターネットの育児サイトなどで情報を得るのもおもしろいですね。赤ちゃんが寝ている間に、顔や頭皮のツボ押し、マッサージ、ブラッシングなどをして、少しでもリラックスできる時間をつくることも大切です。

周りの人にちょっとだけお世話をお願いして、たまには自分の体のお手入れをしましょう。

 

その5: 適度に運動をする

髪の毛を作る毛母細胞の働きは、血液の循環によって大きな影響を受けます。つまり血行不良だと、健康な髪が生えてこない、生えても弱い毛ですぐに抜けたりするのです。血行をよくするためには、バランスのいい食事も大切ですが、運動も欠かせません。

ヘアケアだけでなく、出産で広がって緩んでしまった骨盤のゆがみを正常化する「骨盤体操」や、適度なストレッチで、産後の体のマイナートラブルを防ぎましょう。

1日10分~20分くらいでいいので、固まった体をほぐしてください。特に骨盤のゆがみは、放置するとそのまま固まって子宮を圧迫し、血流が悪くなります。

さらに女性ホルモンを作る卵巣が栄養不足になり、エストロゲンの生成も遅れてしまいます。血流が良くなると、同時にストレスも解消できるので試してみてください。

ただし、出産で増えた体重を減らそうとして急激に運動したり、無理なダイエットをしたりすると、ホルモンバランスの悪化や栄養失調につながり、新たな抜け毛の原因となる場合があるので要注意です。

 

いかがでしたか?

基本的に産後のトラブルは半年~一年ほどで落ち着きますが、子育てが大変な時期に悩み事を増やすのも考えもの。自然に回復するのを待つのもいいですが、早めの対処をすることで効果的に美しい髪が生えます。

「ハゲるかも……」と不安になっている方は、ぜひ試してみては?

 

まとめ

産後に抜け毛が増えて驚いた!これ以上、抜けない為の5つの対策

その1: 専用のシャンプーやリンスを使う
その2: 女性専用の育毛剤を使う
その3: 生活リズムを整える
その4: 育児ストレスを解消する
その5: 適度に運動をする