あと3㎝背が低くなる方法!無理せず小さくなるためには

あと3㎝背が低くなる方法!無理せず小さくなるためには
背が低くなる方法を調べたことがある人は、切実に悩んだ末にどうしても背を低くしたいと思っているはずですよね。人間は成長する上で身長が伸びるというのことは自然なことです。むしろ、身長を低くするということは成長をストップさせることになるため表立って言われてはいません。

しかし、好きになった男性が自分より身長が低くて勇気が出ずデートに誘えないとか、好きな洋服を着たいけれども自分が背が高くて合うサイズがないなど、背が低くなる方法を調べている人の願いは切実です。そこで注目すべきが背が伸びるメカニズムです。

背が伸びるメカニズムを理解し、それを逆に利用することで、背が低くなる方法のヒントを得ることができます。そこで今回は、背が高いことがコンプレックスな人のための、背が低くなる方法をお伝えいたします。

効果的な方法のデメリット

栄養バランスのよい食事を摂ること、十分な睡眠時間を取ること、適度な運動で成長ホルモンの分泌を促し体作りをすること、ストレスをためないこと、正しい姿勢を保つこと、このようなことが身長が伸びるためには必要な要素です。シンプルに考えると、これらと逆のことが背が低くなる方法になりますよね。

しかし、偏りのある食生活をして、睡眠をろくに取らず、運動をせず、ストレスをため、姿勢を悪くすることは、決してよいことではありません。これらのことは、背を低くするには効果的ですが、健康に支障がでるため、無理に背を伸びさせないのはよくないということを念頭に置きましょう。

 

筋トレ

健康を保ちつつ背が低くなる方法としておすすめなのが、筋トレです。足の筋肉がしっかりとしているサッカー選手や、体中に筋肉がついているレスリング選手などを見ると、身長が低いという印象を受けたことってありますよね。

身長の伸びはすなわち、骨の成長です。骨の周りにある筋肉を鍛えて増やすことで、骨の成長をとどめることができるのです。とはいえ、すでに伸びた身長を縮めるのは難しいため、将来的にあまり身長を伸ばしたくないという人は、年齢が若い段階から筋トレをしておきましょう。

 

寝すぎない

人は睡眠中に成長しますから、睡眠時間を取ればとるほど身長は伸びやすくなります。特に22時~深夜2時までの4時間はゴールデンタイムと言って、成長ホルモンの分泌が活発になるので、夜更かししてこの時間に寝ていないと身長が伸びにくくなるのです。

とは言え、夜更かしや徹夜は健康上良くありません。ですから、背が低くなる方法としてできることは、必要以上に睡眠時間を取りすぎないということです。起きている間は重力の影響で身長は徐々に低くなります。

昼寝などを余計にせず、起きている時間を増やすことで身長を低くするのです。

 

座って寝る

睡眠時間や筋トレなどの背が低くなる方法で縮められる身長はごくわずかです。短期間で背を低くしたいという人は、横になって寝るのではなく、座って寝るという工夫をしましょう。

人の骨の間隔は、重力の影響で狭まり、結果的に身長が低くなることがあります。そのため、横になって寝ると重力の影響を受けづらく身長が伸びるのですが、座って寝るとあまり身長が伸びません。就寝中に身長が伸びないまま朝を迎えることで、その日の日中もさらに身長は徐々に低くなり、短期間で効果が出やすいのです。

 

緊張感を持つ

過度なストレスを感じるとホルモンバランスが崩れて成長のペースが鈍り、身長も伸びなくなることがあります。そのため「これ以上身長を伸ばしたくない」という人は、ストレスを感じる環境に身を置くとよいのですが、自らそんな環境には飛び込みたくありませんよね。

そこで、耐えられる範囲、また、自分自身の精神衛生上にもよい範囲の適度なストレスを感じる日常生活を心がけましょう。例えば、試験を受けるとか、人前でプレゼンをするなどの緊張感を持つことが背が低くなる方法になるのです。

 

胃を小さくする

人の体は良くできていて、骨は内臓を守るためにあるため、内臓が大きくなると必然的に骨格も広がっていきます。内臓の中で大きさを自分で調整できるのが胃です。胃は、暴飲暴食が続くと大きくなり、適度な食生活をしていると適正な大きさになります。

そこで、普段一度にたくさん食べてしまうという人におすすめの背が低くなる方法が、胃を小さくすることです。絶食や過度な食事制限をすると体を壊してしまいますから、腹八分目を意識して徐々に胃の大きさを小さくしましょう。

背が低くなる方法で、一気に3cm低くするというのは難しい話です。手術をしたり、骨格を崩したりするなど、健康上、おすすめできない方法でなら不可能ではないかもしれませんが、おすすめはできません。それよりも、まずはヒールではなくフラットシューズを履くなどの工夫で対応しましょう

 

それでも、やはり身長がこれ以上伸びてほしくない、という人は、今回お伝えしたような背が低くなる方法を無理のない範囲で実践することをおすすめします。身長が伸びるということは、成長ホルモンが分泌されていて、栄養バランスも良く、睡眠時間もとれているという理想的な状態です。

そんな自然の理に反して、無理やり背が低くなる方法を過度に行うと、かえって体を壊したり、精神的にもバランスを崩すことになりかねません。自然体であることを大前提に、日ごろの生活にちょっとした工夫をすることで、無理せず行うことが大切です。

まとめ

あと3㎝背を低くするためには

・無理に身を伸びさせないのはよくない
・筋トレをすると自然と背が伸びにくくなる
・昼寝などの余計な睡眠時間を取りすぎない
・短期間なら姿勢に注意しながら座って寝る
・試験やプレゼンなど緊張感のある場を作る
・食べすぎの人は食事制限で胃を小さくする


連記事