ニキビがあごに出来た時に、行って欲しい7つの生活習慣改善術☆

ニキビがあごに出来た時に、行って欲しい7つの生活習慣改善術☆
お顔に出来るニキビの中でも、あごに出来てしまうニキビって結構目立ちやすいし嫌ですよね?

おでこのニキビみたいに前髪で隠すなんてことも出来ませんし、お化粧で隠すのも一苦労な場所。そんなあごニキビですが、ホルモンバランスの乱れが主に原因でおきやすいことをみなさんはご存知でしょうか?女性の社会進出が多くなる中、重い責任ある業務を任されたりとストレスにさらされる機会も多くなっているかと思います。

このストレスをより感じやすくなることで、ホルモンバランスを乱し男性ホルモンの働きに似たホルモン分泌が盛んに出るようになると言われています。

男性ホルモンには皮脂分泌を過剰に作る働きがあり、この皮脂分泌がニキビを作る原因にもつながっていきますので、今日はどうすればあごにニキビを作らずにすむのか?その改善方法・生活習慣などについてお話したいと思います。



 

ニキビがあごに出来た時に、
行って欲しい7つの生活習慣改善術☆

 

その1: 食生活の改善・見直し

刺激物の多い香辛料などの過剰摂取や不規則な食事・好物ばかりの偏った食生活、油分の多い食事の取りすぎや添加物の多い食生活、糖質を多く含んだ食事の過剰摂取など。そんな食生活をみなさんはおくっていませんか?

刺激物の多い香辛料や油の多い食事の取り過ぎは、今あるニキビをより悪化させてしまい、添加物の多い食生活はお肌に大変良くない活性酸素を増加させる原因につながったりしてしまいます。

そして糖質の過剰な摂取は「糖化」と言う現象を引き起こし、お肌を黄ばませくすみなどの原因を作ったり、老化を早めたり精神障害の一つ「うつ病」を招きやすいと言われております。それでもストレスがたまって疲れた時など、どうしても
甘いものが食べたくなる時ってありますよね?そんな時は、なるべく果物などを摂取するようにすると良いそうです。

ただ果物には果糖という糖質がありますので、たくさんの取り過ぎには注意が必要です。心身のためにも程ほどが何でも大切ですが、あごのニキビをより悪化させない為にも、ビタミン類を豊富に含んだ野菜中心のバランスの取れた食生活を心がけ
ていくことが大切ですので、ぜひ不規則な食べ方をなさっている方がいれば是非改善してみて下さい。

 

その2: あごニキビに効果的な食べ物を知る

あごニキビに良いとされている食べ物の代表に、食物繊維やビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCなどがあげられております。食物繊維には、ニキビの原因になる便秘を予防する効果がありますので腸内の老廃物を排出させるといった働きが予防としては必要なことだとされています。

老廃物を排出しないと、病気の原因につながってしまったり、もちろんニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます。

なので、こうした食物繊維を摂取することはあごニキビ改善の他色々な健康を保つ為にも必要なこであり、良質な栄養を吸収しやすくする為にも欠かせない食品だと思います。

そしてこのビタミンB2には、皮脂の抵抗力を高める働きがある他、皮脂分泌を調節する働きもあり、ニキビの原因を防ぐには積極的に摂取したい食品の一つです。

そしてこのビタミンB6と言う成分には、ニキビの原因になる皮脂分泌・いわゆる脂質の分解力にも優れている食品ですので、ニキビの出来やすい月経周期の時やそうでない皮脂分泌の多いなって時にも、分泌を抑えてくれますのでニキビの原因にはとても効果的なビタミン類だと思います。

そしてみなさんもよくご存知のこのビタミンCには、補った栄養素の吸収を助ける働きがあると言われております。

ビタミンはとても繊細ですので、ちょっとしたストレスだけでも破壊されやすいものなので、こまめにビタミンを摂取するように日々心がけしていくと良いと思います。ただここで注意ですが、ビタミンは取り過ぎてもいけません。

取り過ぎは過剰症といって大きな心身の問題を引き起こします。程ほどで十分補えますので、過剰に摂取はしないようにして下さい。

 

その3: 睡眠不足を改善しましょう

睡眠不足は、お肌のホルモン分泌の働きを鈍くしてしまい、皮脂分泌を過剰に作り出す大きな原因につながります。こうした睡眠不足は当然あごニキビ・その他のニキビ肌荒れのトラブルなどを引き起こす要因になります。

お肌の再生能力も睡眠不足ですと劣ってお肌が働かなくなりますので、がさがさした古い角質のままのお肌だけがたまっていってしまいます。なのでしっかりと正しい睡眠を十分にとり、お肌の再生能力を高められるように自分自身が改善していかなければなりません。

ホルモンバランスの乱れは肌荒れなどのニキビを作る原因になる他、月経不順につながったり、極端な乾燥化やべたべたした皮脂状態が長く続く原因にもなりかねません。

油が毛穴に入ってしまえば、黒く汚れたり毛穴の目立ちの原因にもつながりますので、ホルモンバランスをなるべく崩さないようにお肌はもちろん、心身の健康の為にも必要最低限の睡眠は、充分取るように心がけていくようにして下さい。

 

その4: 喫煙とアルコールを控えるようにしよう

喫煙にはビタミンCを大量に破壊する働きがあると同時に、お肌のターンオーバーを大きく乱してしまう危険性があります。アルコールも同様です。

アルコールは、お肌に有害となる活性酸素を増やす働きがあり、こうした喫煙やアルコールの多量摂取は、お肌の角質をいつまでも古い角質状態のまま残こしてしまう肌トラブルを引き起こす原因につながります。もちろん問題を起こす原因ですので、ニキビの治りも当然おそくなりますし悪化だってさせると思います。

なるべくなら、喫煙は控え禁煙できるように取り組めると良いですね。煙草を吸うことで身体に良い影響が起こる・・・といったことはありませんので、日々の生活習慣を見直すことが大切です。

それからアルコールの取り過ぎは、女性が本来持っているフェロモンと言う異性を引き付けるホルモンが減退してしまう原因の一つであることをご存知でしょうか?この女性が持つフェロモンと言う物質は、遺伝子情報を含んだ魅惑のフェロモンで、生まれつき女性に備わっている物質です。

しかし、フェロモンは22歳を過ぎると減少していきます。しかし同時に増やすことも出来ますが、近年の女性たちはアルコールを多量に摂取することが多くなったりストレスの溜め込みでホルモンバランスを崩したりと、フェロモンが失われる原因を作ってしまっています。

こうした結果は、月経不順も招き肌荒れの原因にもイコールでつながります。中々簡単にはやめられないと思う方もいらっしゃると思いますが、控えるように少しづつでも良いのでご自分の為にも取り組んでみて下さい。

 

その5: 体の冷えに注意して改善しよう

女性に多く見られる症状の一つとして冷え性という病気があります。女性は男性と比べて皮下脂肪が大変多く筋肉量も少ないので、とても冷えやすくなっています。

しかし身体が冷えてしまうと、あらゆる所の血行が悪くなってしまいます。血行が悪いと、ホルモンバランスも当然乱れてしまいますので肌荒れの原因になるだけじゃなく、むくみや腹痛・月経痛の激しい痛みの原因になったり、膀胱炎や残尿管などの症状のにつながってしまうこともあります。

常に体が冷えないように、なるべくシャワーだけですますばかりじゃなく湯船などにゆっくりつかって体を温めるようにしてみて下さい。

それから、冷たいものを取り過ぎないように気を付けたりすることも大切です。もし冷たいものを食べてしまっても、その後温かい飲み物などを飲むように、極力冷やさないように努めましょう。夏でも同様に、女性は1年中体のどこかしらは冷えてしまいます。

とくにお腹や下半身部分や足などは特に冷えやすい部分ですので腹巻をしたり、毛糸のパンツを履いたり靴下を履いたりなどして、冷え性対策を心がけてみて下さい。

 

その6: あごニキビの主な原因をしっかり把握しよう

あごニキビの原因は、他のニキビと同様にホルモンバランスの乱れが原因です。その他には内臓疾患や保湿不足といった問題もあげられております。

ホルモンバランスの場合、人間関係などで起こるストレスが大きく影響を受けやすい傾向にあるみたいですが、人と人とのトラブルやいざこざが起きたとき、急激なストレス
を感じたことってありませんか?

その時に、ふと鏡を見たらあごの部分にニキビが!なんていうことってありませんか?人はストレスをためこんだりストレスを感じると生体機能にひずみが生じ、自律神経が乱れたり、ホルモンを正常に分泌する働きに支障を及びます。

これらが正常に働かなくなることによって、精神的・身体的な病気を引き起こす原因になったり、月経が止まってしまったり、便秘になったり、肌荒れなどの問題を起こしたりとトラブルの原因につながります。

なるべくストレスを溜め込まないように、思いっきり泣いたり思いっきり汗を流すなどストレスを解消できることを行うようにすると良いと思います。特に泣くことはストレスを軽減させる効果が高いと言われておりますので、休日に泣ける映画などを見て思いっきり泣いて発散すると、ス~ッと気持ちがすっきりするそうです。

それから、月経周期になると黄体ホルモンと言う皮脂分泌を作る男性ホルモンに似た働きのホルモンが分泌されます。この時期は肌荒れはもちろん、ニキビが出来やすい時期でもありますので、近くなったら普段以上にお肌のケアは大切になって来ます。

特に生理前はお肌が敏感になりやすいので、洗顔料やローションなど使うスキンケアの物はなるべく敏感肌向けのものに切り替えるのも良いそうです。

それから内臓の働きが悪くなると便秘になりやすいので老廃物を溜め込まないようにビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養バランスの整った食事を摂取するように取り組む努力をしてみて下さい。

上記でも指摘しましたが刺激物など香辛料やそれらを含んだ食べ物などは、ニキビをより悪化させてしまう原因になりますので、なるべくニキビが出来てしまった時など(あごニキビだけに限らず)極力控えるようにして下さい。

保湿不足もあごニキビの原因としてあげられておりますので、しっかりお肌を乾燥させないように十分な保湿をするようにしてみて下さい。お肌の水分が不足してしまうと、皮脂が活発に分泌活動を行い始め、ニキビがお肌に出来やすくなるそうです。

あごに限らず、頬もおでこもしっかりと忘れないように保湿をして下さい。

 

その7: あごニキビの洗顔

あごニキビはお顔の中でも、極端に目立ちやすい悩める場所ではありませんか?

一回出来てしまうと中々ケアを行っても治りにくいのが現状。そこで考えて欲しいのが洗顔の仕方なんです。つい出来てしまうと一生懸命汚れを取ろうとゴシゴシ洗いすぎてしまう方が結構いらっしゃると思いますが、ゴシゴシ洗いをみなさんはしていませんか?

皮脂を洗い流そうと、洗浄力の強い洗顔料で何度も洗ってしまうと、お肌のバリア機能として働いてくれる必要な油分も全て洗い流してしまうことになるんです。もちろん同時にお肌の潤いの元になっている水分量だって少なくなってしまいます。

そうなると、綺麗にするどころか逆効果を運び、外部刺激に弱いお肌へと導いてしまいますので、このような洗い方をなさっている方はすぐに改めなくてはなりません。そして、洗浄力の強い洗顔フォームも見直す必要が出てきます。

バリア機能が壊れてしまうと外部からのウィルスや埃など、目に見えない物質がお肌に刺激を与えダメージを受けやすくなります。その結果、ニキビの治りは当然遅くなり、菌がお肌に入り炎症をより引き起こして悪化させてしまう危険性もあります。

なので、なるべく洗浄力の強い洗顔は避け、ゴシゴシ洗うのではなく優しく洗うようにしてみて下さい。まず洗顔の場合、泡がへたっていては意味がありませんので、しっかりと行う際にはクリーム状の泡が出来るようになるまで、しっかりと泡を立てるようにしてみて下さい。

洗顔はお肌への負担を和らげることが何よりも大切ですので、常に意識して行ってみて下さい。

それから、オイルクレンジングを使用していると言う方が今は結構いらっしゃると思うのですが、オイルクレンジングの洗顔の場合、ニキビの出来やすい方には不向きなものかもしれません。

流しきれなかった場合に油分が毛穴に残ってしまうとニキビの原因につながる菌の繁殖を促す危険性も出てきます。ニキビを悪化させる要因にもなりかねないので、なるべくニキビの出来やすいお肌の方には、ジェルタイプのようなさっぱりとしたクレンジングを使用されることをおススメ致します。

敏感なお肌の方や乾燥がとにかく酷いというお肌の方には、クリームタイプのクレンジングなどが良いかもしれませんね。

今は色々な種類のものがたくさん売れれておりますので、ご自分の肌質にあったタイプの物で探してみると良いですよ。

洗顔で洗い流す際には、すすぎ残しを絶対にしないように細かい部分もしっかりと洗い流すように十分気を付けて洗ってみて下さい。

 

いかがだったでしょうか?

生活習慣を改善していくことで、あらゆるお肌のトラブルを起こしづらい状態へと導いてくれると思います。正しい生活環境は、お肌に必ず良い影響を及ぼします。

当然、不規則な悪い生活環境もお肌に影響を及ぼしますから、日ごろからの習慣を見直さなくてはなりません。外からのケアはもちろん、中からのケア(特に食生活)は本当に大切で、健やかななお肌を作る為にも良い栄養バランスをしっかりと補わなくてはなりません。

忙しくてつい適当な食事になりやすいって方も大勢いるかと思われますが、そのような食生活を続けていけばそれがやがてご自分の習慣になり、性格になり、規則正しい食事を取るということがより困難になってしまいます。食生活は何十年後のご自分の姿を作りあげる大切な要素だと思います。

しっかりと食生活を見直して、お肌の為にもご自分の健康の為にも、栄養バランスの良い食事を常に取れるように心がけてみて下さい。それから睡眠不足や冷え性といった症状なども侮ってはいけません。

ニキビの根本的な原因を引き起こすだけではなく、身体のさまざまな問題までも引き起こす原因につながりますので、少しづつ改善出来るようにぜひとも取り組んでみて下さい。この記事がみなさんのお役に立てることを願っております。

 

まとめ

ニキビがあごに出来た時に、行って欲しい7つの生活習慣改善術☆

その1: 食生活の改善・見直し
その2: あごニキビに効果的な食べ物を知る
その3: 睡眠不足を改善しましょう
その4: 喫煙とアルコールを控えるようにしよう
その5: 体の冷えに注意して改善しよう
その6: あごニキビの主な原因をしっかり把握しよう
その7: あごニキビの洗顔