赤面症を克服したい!今からでも出来る5つの治し方

赤面症を克服したい!今からでも出来る5つの治し方
顔が赤くなっていないか気になって人前に出れない、そんな赤面症の治し方が知りたい、赤面症が無くなったら毎日が楽しいのに、と思っている方は意外と多いですよね。人前に出ると緊張して顔が赤くなるの症状が赤面症です。そして、赤面症は対人恐怖症という病気の一種で、自然に治るものではありません

しかし、克服して人前でも普通に話ができるようになった人は何人もいます。また、克服したい人をサポートしてくれる専門のカウンセラーもいます。重症な場合は、専門家の治療が必要な場合もありますが、赤面症を克服したいと考えている方なら誰でも簡単に始められる治し方もあります。そこで今回は、すぐにでも取り組める赤面症の治し方についてお伝えします。



 

赤面症を克服したい!
今からでも出来る5つの治し方

 

意識して少しずつチャレンジする


赤面症は、単に人前に出ると顔が赤くなるだけではありません。赤面症とは対人恐怖症の一種で、悩んでいる人にとっては深刻な症状です。そして、何もしなければ、どんどん悪化して日常生活に支障が出ることもあります

そんな赤面症の治し方は、できれば専門家に相談して、自分にあったやり方を指導してもらった方が良いでしょう。とはいえ、治るのならすぐにでも始めてみたい、という方に、ぜひトライしてほしい治し方は、少しづつ苦手はことにチャレンジしてみる方法です。

最初は、人の前に短い時間立つだけで十分です。立てるようになったら、簡単な挨拶を交わしてみましょう。挨拶ができるようになったら、短い時間で良いので話をしてみましょう。話ができるようになったら、違う人で同じことをやってみましょう。いきなり複数の人の前に出ると、かえって悪化することもあります。少しづつチャレンジしていくのが大事です。

 

赤くなるのは当然と考える


赤面症の人は、顔が赤くなることが許せません。顔が赤くなった自分が恥ずかしくて、それを他人に見せたくないのです。しかし、顔が赤くなるのは緊張した際の生理現象です。別に悪いことではありません

赤面症の治し方の1つは、顔が赤くなるのは当然だと考えることです。赤面症の人は、顔が赤いと他人から変に思われないかという不安に駆られています。そして不安が高じると、緊張のあまり、他の人の話が聞こえなくなってしまいます。顔が赤いから相手によく思われないのではありません。話を聞いてくれないから、よく思ってもらえないのかもしれません

顔が赤くても、相手の話を聞くことができます。相手が話をしている時は、意識して相手の話を聞いてみましょう。今話していることだけ考えれば、顔が赤いことがそれほど気にならなくなります。さらに、話をよく聞いてくれると、相手の印象もよくなるものです。赤面症の治し方は、自分の頑な考え方を柔らかくして見直すことでもあるのです。

 

赤くなる自分を受け入れる


人の顔が赤くなるのは、生理現象の一つで別に変なことではありません。緊張したり興奮したりすれば、誰でも顔が赤くなるものです。とはいえ赤面症の人は、顔が赤くなるのはとても恥ずかしいことだと感じてしまいます。

赤面症の治し方の二つ目は、顔が赤くなる自分を受け入れることです。しかし、自分1人では、なかなかうまくいかないもの。顔が赤くなっていても、そんな自分を受け入れてくれる仲間が必要です。自分が赤面症だと人に告げるのは勇気がいることですが、解ってもらえる仲間といっしょにいることこそ、効果的な赤面症の治し方になるのです。

 

自意識過剰をやめる


赤面症の人は、他人にどう思われるかをとても気にしています。自意識過剰と言っても過言ではありません。この自意識過剰が過度の緊張を引き起こし、顔が赤くなってしまうのです。

赤面症の治し方の四つ目は、自意識過剰な性格を直すことです。あなたのことを他の人がどう思っているかは、あなたには解りません。あなたのことを良く思ってくれているかもしれないし、何も思っていないかもしれません。とはいえ、そんなことに悩んでいても仕方がないことです。他人が自分をどう見ているか、全く気にしないのもいけませんが、そればかり気にするのは無駄なことです。大切なのは、あなたがどう思っているかなのです。

他人の目を気にする自意識過剰をやめて、自分が良いと思うことをやってみるのも、立派な赤面症の治し方です。

 

自信を持って行動を


赤面症の治し方の最後は、自分に自信を持つことです。自分に自身が無いのに、誰にでも良く思われたいと思っていては、何もできなくなります。しかし、いきなり自信を持つことはできません。少しずつ自信を付けて、良い自分を見てもらえるように努力してみましょう

また、自信が無いからと言って、自分を隠してばかりでは、他の人に信用してもらえません。よく思われたいのなら、まず自分をさらけ出すことも必要です。そして、自分を偽らないこと。嘘がばれないかと緊張することで、赤面症が悪化することあります。自分を信じ、自分を偽らず、自分をさらけ出すのもの赤面症の治し方の1つです。まずは、自分が自分自身を信じるのが第一歩。赤面症を克服できると信じて行動に移しましょう。

 

いかがでしたか。すぐにでも取り組める赤面症の治し方についてお伝えしました。

赤面症は、単に緊張して顔が赤くなるだけではありません。赤面症は対人恐怖症の一種で、ひどくなれば専門家のカウンセリングが必要な立派な病気です。治療するには、少しづつゆっくりと取り組む余裕が必要です。焦って無理して取り組むのは、絶対に止めましょう。すこしづつ自信を付けて、頑なだった性格を柔軟な性格に変えられれば、赤面症を直すことができます。

赤面症に悩んでいる人はあなたの他にも大勢います。しかし、赤面症を克服した人も同じように大勢いるのです。勇気を出して、赤面症を治すための最初の一歩を踏み出してみましょう。きっと良い結果に繋がるはずです。

まとめ

すぐにでも取り組める赤面症のを治し方とは

・最初は短時間でも意識して人前に出てみよう
・顔が赤くなる自分を受け入れてみよう
・緊張して赤くなるのは当然と考えてみよう
・自意識過剰をやめてみよう
・自信を持って行動してみよう