赤面症の治し方!人前で自然に話すための会話術

赤面症の治し方!人前で自然に話すための会話術
赤面症に悩む方にとって効果的な赤面症の治し方を知りたいというのは切実な思いです。赤面症の治し方があるなら是非試してみたいと思いますよね。

赤面症の方は人前に出て緊張したり恥ずかしいと思う時、顔が紅潮してしまいます。こればかりは自分の意思ではどうにもできません。むしろ、意識すればするほど…逆効果でどんどん頭に血が昇ってしまい、言動までしどろもどろになってしまうものです。

緊張しやすい人にとって人前で自然に話すことはとても大変なことなのです。物おじせずにたくさんの人の前でも堂々と行動してみたい!そんな思いを抱き続けていることでしょう。

そこで今回はそんな赤面症の治し方!人前で自然に話すための会話術についてお伝えします。



 

赤面症の治し方!
人前で自然に話すための会話術

 

赤面症の原因を分析する


そもそも『赤面症』は対人恐怖症の一種といわれます。ヒトと相対するのが嫌で、或いは抵抗を感じて人前に立つと顔が赤くなってしまう。また、それを悩んでいるというものです。

つまり、そんな『気持ち』が大きく影響する問題ですから、赤面症の治し方を見つけるのはとても難しいかも知れません。

しかし、逆に言えば『気持ち』が前向きになればケロッと治ってしまうかもしれないということですよね。

人前が苦手だから赤面症になる…赤面症だから人と会いたくない、そのふたつは切り離せない問題ですが、それ以前にも赤面症には原因があるのです。

その原因をつきとめることが赤面症を治す、或いは克服することに役立つのです。

例えば過去の経験です。人前で起きたトラウマ、対人関係での緊張や不安、自信喪失など、対人恐怖症の根本的原因について考えてみましょう

まずは対人恐怖症になった一番大きな原因を見つけ出し、心の整理をして解決する努力が赤面症の治し方の第一歩となり、人との自然な会話への近道となります。

 

トレーニングを重ね自分に自信を持つ


赤面症の治し方では日頃のトレーニングがとても重要です。人前に出るのが苦手なのは自分に自信がないからということも少なくありませんが、トレーニングを積んで自分に自信が持てるようになれば、赤面症なんて案外簡単に克服出来てしまうかもしれません。

自分が上手く話せるという自信が生まれれば緊張も和らぎ人前でも必要以上にあがってしまうことはなくなります。例えば、滑舌を良くしてしっかり発声すること。ハキハキ明瞭に話せば話も上手に聞こえるものです。

具体的なトレーニング法としては『滑舌を良くする』ことの他に『表情筋を鍛える』『事前準備』などを常に意識することがあげられます。

言葉や話し方に万全な準備で自信を持つことが重要です。その結果、人前で話すことに対し不安が軽くなり緊張緩和につながります。これらが赤面症の克服にもなるのです。

少なくとも本番前には3回は実際に声に出してリハーサルしたり、話の要点をメモに書いてポケットに忍ばせたりして安心のためのお守りにしましょう。

『赤面症』と、いわゆる『あがり症』はよく同等のように扱われますが、いずれも人前に出る不安に悩む症状で、一般的に根が真面目な人が多いと言われています

人前で話さなければいけない機会が与えられると真面目に取り組むあまり、その結果、話す内容を一言一句間違えないように暗記し発表しようと努力してしまいます。つまり完璧を求める傾向があるのです。

失敗しないかどうかにばかり気を取られ不安になり、緊張が増幅してしまい人前に出て話すことが怖くなってしまい舞い上がってしまう訳です。

暗記などしなくても大丈夫!大事なのは伝えたいことを伝える、それが目的なのだと自分に言い聞かせることも大切です。

これだけトレーニングを重ね努力した自分を褒めてあげましょう。自信を持つのはそんなに簡単なことではないかも知れませんが前向きに日々取り組んできた自分を誇りに思って下さい

そんな自分という人間を受け入れる気持ちが赤面症の治し方の一番の近道になるはずです。大舞台だけでなく、初対面の人とでも、笑顔で自信をもって人前に立って下さい。

 

自己暗示をかける


赤面症は気持ちと深く関わっているのは言うまでもありません。そこでそんな赤面症の治し方として有効なのは『自己暗示法』です。

自己暗示というのは、キーワードを決めて、そのキーワードをイメージすれば気持ちがリラックスして緊張も和らぎ平常心を保つという方法です。

緊張や恥ずかしさから顔が赤くなりそうになったら、すぐにそのキーワードを唱えて心を落ち着かせます。その結果赤面するのを抑えるというわけです。

分かり易い方法では昔からよく使われているもので、緊張を和らげるために『手に人という文字を3回書いて飲む』という方法がありますが、これもそんな自己暗示です。

キーワード選びのコツは、気持ちがリラックスする言葉を選ぶことです。キーワードとは言っても、赤面症や緊張につながる直接的な言葉ではなく、むしろそこから離れた言葉にします

また、信頼できる人やペットの顔、懐かしい風景や居心地の良い場所など思い浮かべただけで心がリラックスできるものをイメージします。これを繰り返し訓練することが赤面症の症状を抑えるのに効果的な自己暗示の方法です。リラックスと自信こそが人前で自然に会話できる最大の武器なのです。

 

いかがですか。以上が赤面症の治し方!人前で自然に話すための会話術です。大舞台に立たされる場面も、或いは初対面の人と会話をしなければいけない場面も…その規模に違いはあれど赤面症に悩む方にとってはどちらも同じですよね。

どのようなシーンでも、人が自然に振る舞うのは簡単なようで実に難しいことなのです。特に自分に自信がないとかアピールが苦手な方にとっては苦痛以外のなにものでもありません。

それは意識すればするほど思いとは逆方向に行ってしまうものですから、まずは気持ちをその場からちょっとそらしてリラックスしてみて下さい。そして、伝えるということに集中してみることです。

どう思われるだろう、間違ったことを言っているのではないだろうかなど先読みはする必要はないのです。今自分にできることをすれば良い、そう考えてみると心も軽くなりますよ。それが赤面症の治し方のコツです。

まとめ

赤面症の治し方とは

・赤面症の原因を分析しましょう。
・トレーニングを重ね自信を持ちましょう。
・自己暗示の訓練をしましょう。