背中ニキビ原因を突き止めて、綺麗なお肌を取り戻す5つのステップ

背中ニキビ原因を突き止めて、綺麗なお肌を取り戻す5つのステップ

あなたは自分の「背中」に自信がありますか?他の人の背中を見て、「ギョッ!!」と驚いたことがある人も少なくないはず。でも自分の背中はどうでしょうか?背中は人から見られているパーツNo.1と言われています。背中が開いた服は着れない。海に行きたいけど、水着になるには抵抗がある。ザラザラ、ブツブツ・・・いつの間にかできている背中のニキビ。自分で見えない背中だからこそ、自信を持ちたい!今日はそんな願いを少しでも叶える、どんな服でも自信を持って着こなす!背中美人になる為の方法をお伝えします。



 

背中ニキビ原因を突き止めて、
綺麗なお肌を取り戻す5つのステップ

 

その1: 背中ニキビの原因

背中にニキビができる原因は1つではありません。

・アクネ菌の増殖
ニキビのできる原因であるされるアクネ菌。
人間の皮脂をエサにして生存しています。
背中は皮脂腺が多い場所ですので、皮脂が多く分泌されその影響でアクネ菌が増殖しやすいとされています。

・外部からの刺激
太陽からの紫外線を浴びるといったように、外部から何らかの刺激や乾燥が引き起こされると、背中ニキビができてしまいます。

・シャンプーやコンディショナー(リンス)の流し残し
石鹸成分の洗い残しについては、最後に頭髪を洗った際にシャンプー成分がしっかりと洗い流されずに、背中に残ってしまうことが原因となっているようです。

・食生活
ビタミン不足は、背中ニキビのみに留まらず、肌全体によくありません。
しっかりと摂取するように心掛けましょう。
ビタミンA…肌の酸化や老化を防止する。
ビタミンB…脂肪の代謝を促す。
ビタミンC…色素沈着(シミ、ソバカスと呼ばれるもの)等の皮膚病改善。

・寝汗
人は寝ている間に多くの汗をかきます。特に仰向けで寝ている人は1番背中に汗をかきますからこの汗が原因でニキビができる事もあるのです

・ストレス
人はストレスを感じると、緊張状態になり、血流が悪くなります。
すると男性ホルモンが多く分泌されてしまい、過剰な皮脂分泌と重なり、ニキビが出来てしまいます。

・ホルモンバランスの乱れ
などが挙げられます。

 

その2: 肌のメカニズムを知ろう!

ターンオーバーのサイクルは28日周期位が丁度良いといわれます。表皮細胞が日々誕生し、代謝活動をしながら押し上げられていき、やがてペチャンコの平べったい角質として完成(角化)、身体を守るバリアーとして働き、やがて垢となって剥がれ落ちていきます。 このようなターンオーバーの仕組みの下、肌はいつも健康で強くて美しい状態を保とうと努力しています。

 

その3: 自己判断はキケン?

さて、背中ニキビに気がついたあなた。どうしますか?多くの人は、「お風呂でゴシゴシ洗う。」と答える方が多いかもしれません。しかし、その自己判断が逆に跡を残すことになってしまうかも・・・病院でキチンと診てもらうことも大切です。

 

その4: チェックして、キレイな背中になろう

自分の背中は自分で見ることは難しいですが、時々チェックしましょう。合わせ鏡でも良いですね。
触ってみて、ザラザラしていないか?ポツポツ何か出来ていませんか?早めに対応することで跡を残さず、治すことが出来ます。

・食生活の見直し
・睡眠はしっかりとる
・ゴシゴシ洗い過ぎない
・吸水性のよいインナーやパジャマを着る
・保湿
・ストレスを溜めない

など、自分で出来ることもたくさん!お金をかけてエステに・・・なんて考えなくても良いかもしれません。

 

その5: 継続は力なり

万が一、ニキビが跡になってしまって残っているのであればすぐにキレイな背中になることは、なかなか難しいです。ただ、諦めずに出来ることを続けていきましょう。お肌に良い食事を摂り、身体の中からキレイを心掛ける。自分に合ったボディーソープ(石鹸)や保湿クリームを使う。キレイな背中の自分を想像して、継続は力なり!です。

 

あなたも背中美人を目指して、今日から5つのステップを意識して始めましょう。背中の開いた服だって、自信を持って着ることが出来ます!水着だって、ドレスだって、誰に見られたってへっちゃらです。毎日の積み重ねが、背中美人に繋がります。あなたの輝く笑顔が、周りをさらに明るくするでしょう♪

 

まとめ

背中ニキビ原因を突き止めて、綺麗なお肌を取り戻す5つのステップ

その1:背中ニキビの原因
その2:肌のメカニズムを知ろう!
その3:自己判断はキケン?
その4:チェックして、キレイな背中になろう
その5:継続は力なり