とっても恥ずかしい背中ニキビを、4週間で撃退する7つの方法

とっても恥ずかしい背中ニキビを、4週間で撃退する7つの方法
背中ニキビは本人でもなかなか確認できず、他人に指摘されて気付くという事もありますよね。

そう、自分では普段見えなくても、他の人からすると、背中ニキビは「結構気になる」ということ。背中とは汗をかきやすく、ニキビに対しての対処もしにくい個所ですので、一度背中ニキビができてしまうと、なかなか治りません。

夏には水着を着たい、日中の開いた洋服を着たいけれど、、、なんて悩んでいる方も多いかと思います。そこで今日は、その厄介な背中ニキビを4週間で撃退してしまう方法をご紹介します。



 

とっても恥ずかしい背中ニキビを
4週間で撃退する7つの方法

 

その1: 背中ニキビの原因は汗

背中ニキビができた時、なぜ背中に?と思いませんか。背中は、実は体の中で1番汗をかきやすく、また汗をかいた時に対処しにくい個所でもあります。

汗をかいたあとの背中はどうなっているでしょう。もちろん雑菌等が多い状態にあります。

本当はすぐにシャワーを浴びたり、着替えたりするのが1番の対処方ですが、「すぐに」できないのが現実ですよね。「帰ってからシャワーをあびよう、着替えよう」と思っているうちに、ニキビ菌が背中にニキビを作っています。

また背中は季節に関係なく、1年中汗をかきやすい個所です。しっかりと汗対策をすることが、背中ニキビの予防になると考えられます。

 

その2: 面倒でも汗対策はしっかりとする

では、汗をかいたらどの様に対処するのが良いのでしょうか。

上記の通り、「すぐに」シャワーを浴びる、着替える、タオルで拭くなどが一般的です。少々手間がかかるかもしれませんが、気になる程の汗をかく場合やニキビに悩まされている方は、大きめのタオルを持ち歩き、汗をすぐ拭きとれるようにしておきましょう。

また、汗に濡れた衣服をそのまま着ている事も良くありません。シャツなどの着替えを持ち歩いておくことも大切です。

荷物が少し増えますが、「すぐに」汗を対処できる方法として、用意できる物は用意しておきましょう。

 

その3: 質の良い睡眠をとるためにも寝汗対策を

ニキビに1番効果的なのは、十分な睡眠です。質の良い睡眠をとるためにも、背中ニキビを予防するためにも「寝汗」には気をつけたいですね。

人間は寝ている間が最も体温が上がり、体の免疫力を上げます。しかし、やはり体温が上がると汗をかいてしまいますね。汗がひどくて起きてしまうなんて経験も、少なからずあったりしませんか?

それでは質の良い睡眠もとれず、背中も汗をかいたままになってしまい、背中ニキビにとって都合が良くなってしまいます。

そうさせないためにも、寝具やパジャマは吸水性の良いものをお勧めします。吸水性が良いと言うと、やはり綿やシルクです。

寝具やパジャマを全て変える必要はありません。例えばシーツの上に綿のタオル等をひくだけでも、汗を吸収してくれます。寝ている間にも、汗対策は背中ニキビ対策へとつながります。

 

その4: お風呂場でのケアに気をつける

背中とは、とても洗いにくい個所ですよね。みなさんもご存知かもしれませんが、ナイロン製のタオルなどでゴシゴシ擦り洗いをする事はお肌に良くありません。

せっけんを良く泡立てて、泡でつつむように洗うのが1番お肌に負担をかけない洗い方です。ただ、背中では上手くできないですよね。

そんな時に役立つのが「手ぬぐい」です。泡立ちは悪く感じるかもしれませんが、背中を優しく洗いやすいアイテムです。泡を手ぬぐいにのせて、背中を洗う方法をお勧めします。

また、シャンプーなどをすすいだ汚い水が背中に残る事も良くありません。洗う順番は髪から体へ、上から下へを意識して洗いましょう。

 

その5: 背中でもスキンケアは大切

お風呂上がりや洗顔後などは、みなさんお顔のケアはされていると思います。背中はどうでしょうか?

手が届きにくい個所ですし、乾燥が気になりにくい個所でもあります。しかし、お風呂上がり後や汗を拭き取った後の背中のお肌は実は乾燥しているのです。

乾燥するとお肌は「皮脂を出さなくては!」となり、ニキビの原因に繋がる場合もありますので、適度な保湿ケアも大切です。

市販の物でも、手作りの物でも、自分に合ったケア用品をスプレーボトルなどに入れ、簡単に保湿ケアができるようにしましょう。これでしたら、手が届きにくい背中でもしっかりと保湿ケアができるはずです。

 

その6: 手でケアしにくい分、食べ物やサプリメントでケアを

上記の通り、スプレーボトルなどでのケアはできるようになったと思います。ただ顔などに比べてケアできる回数や頻度は少ないですよね。

やはりここは自然の物でのケアもしていきましょう。ニキビに効果的な栄養はビタミンです。ビタミンと言っても、C・B2等々種類がたくさんありますが、そこまで分けて摂取する必要はありません。

ビタミン群は、野菜や果物に含まれます。普段の生活に意識して取り入れる事が大切です。また、最近ではサプリメントも豊富になってきました。

食事や自然の物で摂取する事がなかなかできない時は、素直に頼るのも良いかもしれません。また、食事やサプリメントは、薬ではないので効果を実感できるまでには時間がかかります。

「ニキビができたから野菜食べなくちゃ!」ではなく、毎日の習慣として取り入れていきたいですね。

 

その7: 衣服の選択と洗濯に気をつける

背中とは、常に衣服と接触している箇所です。例えばお肌に合わない衣服をずっと着ていたらどうでしょう。背中のお肌には大きな負担がかかりますね。

また、洗濯の際に使う洗剤や柔軟剤が原因でニキビができるという事も考えられます。

チクチクして刺激になるような衣服を直接着ない、洗剤や柔軟剤をなるべく自然に近い物に変えてみる、それだけでもお肌へのストレスは減り、背中ニキビ対策へとつながります。

 

いかがでしたか?

背中ニキビは手が届きにくい分、意識をして治していく事が大切です。体質というのは意識し続ける事が出来れば必ず変わっていきますので、是非今日からこの7つの対策で今までのケアを見直してください。

今回は特に簡単にできる事を挙げてみましたので、気軽に取り組んでいただき、今あるニキビを4週間で治し、夏までにはニキビ跡をなくして、健康的で美しい背中を取り戻しましょう。

 

まとめ

とっても恥ずかしい背中ニキビを、4週間で撃退する7つの方法

その1: 背中ニキビの原因は汗
その2: 面倒でも汗対策はしっかりとする
その3: 質の良い睡眠をとるためにも寝汗対策を
その4: お風呂場でのケアに気をつける
その5: 背中でもスキンケアは大切
その6: 手でケアしにくい分、食べ物やサプリメントでケアを
その7: 衣服の選択と洗濯に気をつける