背中ニキビを綺麗さっぱり消す為の・ 7つの生活改善術☆

背中ニキビを綺麗さっぱり消す為の・ 7つの生活改善術☆

背中のニキビって、自分では良く見えないから気になりますよね。ニキビができやすい人は、鏡で背中をチェックする習慣をつけましょう。でも、どうして背中になんかニキビができるのでしょう。

それは、背中って意外にも皮脂の分泌がとても多い場所だからなのです。特に首から下にかけての肩甲骨の間くらいの場所は、とても皮脂の分泌が活発です。背中にニキビができていたら、可愛いデザインのお洋服が着られないし、水着にもなれない。そんな嫌な背中のニキビを綺麗に消して、どんなデザインのお洋服でも自信を持って着られる背中になりましょう。



 

背中ニキビを綺麗さっぱり消す為の・
7つの生活改善術☆

 

その1: 皮脂をしっかりと洗って落とす

入浴の際、どんな風に背中を洗っていますか?スポンジタイプの物を持って洗う人、ボディーブラシで洗う人、タオル状の物で洗う人、いろいろな洗い方がありますが、どれを使っても、背中の肩甲骨と肩甲骨の間の部分は腕を動かす際に溝になってしまうので、洗いにくいのです。

そのため、皮脂の分泌が活発な場所であるにも関わらず、しっかりと皮脂を落としていない人が多いのです。ですから、意識して皮脂を洗い流すようにしましょう。その際、ニキビができていたら、ゴシゴシと刺激を与えるようなような洗い方はしてはいけません。顔のニキビ同様、泡でやさしく皮脂を洗い流してください。

 

その2: 汗をそのままにしない

背中全体にニキビが広がっている人の場合、汗が原因となっている可能性が高いです。汗をかくと同時に皮脂も活発に分泌されるため、汗をかいてそのままの状態にしておくことで、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

汗をかいてもサラサラでいられるタイプの下着を利用したり、朝起きたらシャワーで寝ている間にかいた汗を流すなどしましょう。また、女性の場合は、化学繊維を使った下着を着ることが多いですが、これは背中のニキビに悩んでいる人にはお勧めできません。汗対策を施した機能性下着を利用するなどして、背中のニキビを治しましょう。

 

その3: シャンプーやリンスのすすぎ方を変える

真っ直ぐに立って顔を上げた状態でシャンプーやリンスを流していませんか。もし背中のニキビに悩んでいたら、その洗い流し方を変えましょう。シャンプーの成分やリンスが、そのまま背中に残ってしまっているかもしれないからです。

また、下を向いて洗い流すという人でも、意外と首の後ろから背中にかけて、リンスが残ってしまっていることがあります。トリートメントも同様で、トリートメント中に首から背中にかけて流れてきていることがあります。

そのまま入浴を終えてしまうと、背中のニキビの原因となります。シャンプーやリンスを流した後には、必ず首から背中にかけて石鹸で洗うようにしましょう。

 

その4: ストレス解消

背中のニキビも、顔に出来るニキビと同様に、ストレスの影響を大きく受けています。ストレスによってホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌が抑えられ、その分男性ホルモンの分泌が活発になってしまいます。

そうすると、男性ホルモンの仕業で、皮脂の分泌は過剰になり、角質が硬く溜まりやすいお肌になってしまいます。これがニキビに結びついてしまうのです。上手にストレスを解消することで、ホルモンのバランスをいい状態に保ち、ニキビのできない綺麗な背中を目指しましょう。

 

その5: 便利グッズ活用

皮脂の分泌でお肌が乾燥しているように見えなくても、実はニキビの原因にはお肌の乾燥も大きく影響しています。出来ることなら保湿をしたほうがいいのですが、背中のニキビのケアをしようと思っても、顔のニキビのようにケアするのは難しいですよね。そこで、背中をローションパッティングするための、便利グッズなどを活用してニキビ対策の保湿ケアをしてみてはどうでしょうか。

この便利グッズは、長い持ち手の先にコットンを挟んで、そこにローションをつけて、背中をパタパタとパッティングできるというもので、ドラッグストアなどに置いてありますので、こういったものを上手に活用してみるのもいいかもしれません。

 

その6: 食生活改善

食生活が、顔にできるニキビと同様に、背中にできるニキビにも大きく影響しています。まずは、バランスのいい食生活を心がけましょう。そのうえで、お肌のためのビタミンであるビタミンBを豊富に含む、肉類、特にレバー、小松菜、玄米などを意識的に摂るようにしましょう。また、食物繊維を豊富に含む野菜や果物を食べることで、腸内環境を改善し、便秘をなくしましょう。そして、女性ホルモンを補うことで皮脂の分泌などを抑えるという点から、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを摂取するために、大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

 

その7: ニキビじゃないかもしれません

背中いっぱいにニキビが広がって赤く炎症を起こしている場合、それはもしかしたらニキビではなくて、マラセチア毛包炎かもしれません。マラセチアとはカビの一種で、人の皮膚に常に存在している常在菌なのですが、このマラセチアが何らかの影響で異常に増殖してしまった時に、このマラセチア毛包炎が起こります。

マラセチア毛包炎は一見したところは、ニキビがいっぱいに広がっているように見えますが、一つ一つが小さくしっかりとしている感じで、普通のニキビのように大きく化膿したりしていません。

自分では判断しにくいかもしれませんが、もしニキビだとしても、そこまで炎症を起こしているのであれば皮膚科を受診した方が治りが早いですから、気になった方は早めに皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

いかがでしたか。

背中のニキビはケアするのが大変なので、つい放置してしまいがちですが、生活の中での改善で、きれいさっぱり無くなってしまう可能性も高いのです。背中のニキビとさよならして、可愛いお洋服や水着を堂々と着られる背中を目指しましょう。

 

まとめ

背中ニキビを綺麗さっぱり消す為の・7つの生活改善術☆

その1: 皮脂をしっかりと洗って落とす
その2: 汗をそのままにしない
その3: シャンプーやリンスのすすぎ方を変える
その4: ストレス解消
その5: 便利グッズ活用
その6: 食生活改善
その7: ニキビじゃないかもしれません